yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま)は、溝の口。駅前からロケスタート・金運つくね・ネコヨガ「猫式」・静電気・ぱなえさんほか【2015年11月22日(日)放送】

きょうのルートまとめ
2015年11月22日(日曜日)放送の「モヤモヤさまぁ~ず2(もやさま2)」は、溝の口。駅前からロケスタート⇒金運つくね⇒文先生の韓国語教室⇒溝口神社⇒ネコヨガ⇒ぱなえさんほか。

【スポンサーリンク】

モヤモヤ 溝の口

(ナレーション:ショウ君 HOYAシステム・音声合成

溝の口は神奈川県の北の方に位置する街で、渋谷まで東急田園都市線で1本で行ける以外に立地条件の良い街。

JR南武線沿線には工場や研究所が多く通勤の便が良かったために栄えた。

江戸時代頃、近くを流れる多摩川を行き来する人々の宿場町としても栄えていた。

狩野アナの恒例おハガキコーナー

三村さん大竹さんはよく業界用語を使われますね。その影響か娘が最近「くま」のことを「まーくーしゃん」というようなりました。モヤさまを楽しみつつ、子供が正しい日本語を使えるようにするために、どう教育すればよいでしょうか。是非アドバイスお願いします。(P.N. てんしゃじーしゃんさん)

「あえて使いたい時だけ使うから。そんなに頻繁に使わないしいいんじゃないかな」と三村、大竹。

溝の口駅 駅前 ロケスタート

(所在地:神奈川県川崎市高津区溝口2丁目1−1)

さまぁ~ず(大竹一樹 三村マサカズ)が駅前に居る。天候は晴れ。

「駅前から中継です」みたいになったと笑う大竹。毎度おなじみの駅前からロケスタートシリーズになっている。

狩野恵里テレビ東京アナウンサー)もフレームイン。大竹と三村は名前は知っているが、来たことはないという。

狩野恵里アナウンサーに、溝の口の由来を聞こうとするがいつものように的を得ない回答。

平日にもかかわらず人がかなり多い。

金運つくね「鶏屋 たまい」

tabelog.com

(所在地:神奈川県川崎市 高津区溝口1丁目12−17)

金運つくねを食べて金運アップという看板を発見した三人。女将の、石井清子さん(67歳)が応対した。黄色い卵は風水では金運アップと繋がるというのでこのキャッチコピーを考えた。

「鶏屋たまい」は昭和42年からやっている居酒屋さん。女将さんは風水好きで「金運つくね」は発売から15年のロングセラー商品。

金運つくねを三人で食べた、ハンバーグのように大きなつくね。(1本162円)

女将さんのキャラクターがとても明るかった。

聞ける!書ける!話せる!「文先生の韓国語教室」

www.takatsu-ku.jp

(所在地:川崎市 高津区 溝口 2-10-5 手塚ビル401号)

聞ける!かける!話せる!楽しい韓国語という看板を発見。

ムンビョンチョル先生が案内した。ムン先生はもともと貿易関係の仕事をしていて日本語が好きすぎて脱サラし日本へやってきた。

娘さんたちも日本の大学に入るためにもう勉強をしている最中だという。

ムン先生は日本の演歌で日本語を覚えた。「3年目の浮気」の韓国語バージョンをみんなで歌った。

川崎の新願所「溝口神社」

【公式サイト】溝口神社

(所在地:神奈川県川崎市高津区溝口2丁目25−1)

溝口神社(読み:みぞのくち神社)だが「の」「ノ」いずれも入っていない。江戸時代頃から地域の守り神として親しまれてきた神社。伊勢神宮の分霊を祀っている。

狩野アナが「鯉(恋)みくじ」を引いてみた。竿で鯉(恋)を釣るという面白いおみくじ。結果は「小吉」。血液型B型の相手が良い(狩野アナもB型)と出た。

狩野アナの恋愛に全く興味がない大竹だった。

また、おしゃもじの絵馬に願いを書いて奉納した。

ペイント「NENGO」

www.nengo.jp

(所在地:神奈川県川崎市高津区下作延七丁目1番3号)

カラフルなタイルがおいてあるお店を発見。こちらは、家の改装や改築を行う会社で豊富な種類の顔料(PORTER'S PAINTS)を使い混ぜて手作りの色を作り出している。店長、山口円さん(34歳)、スタッフ、竹藤ひかりさん(27歳)、TINTERの鈴木はな江さん(28歳)、が応対した。

「色にうるさい大竹」がハワイをテーマに色づくりを体験した。作った色は三人が壁に塗る。「ホリスターの水色がすごくいい!」ととても気に入った大竹だった。

ネコヨガ「猫式」

ameblo.jp

(所在地:神奈川県川崎市高津区溝口1-20-10 東方ビル3階)

【スポンサーリンク】

猫が少し苦手な三村は少し消極的だった。猫ヨガインストラクターの、池迫美香さんが案内した。

猫がいるのでリラックスができる。こちらは3年前からやっている里親募集型(仲良くなれば里親になれる)の猫カフェ。ネコヨガはこちらの猫カフェを不定期に間借りして開催している。「にゃんの手足ストレッチ」など猫ちゃんが周りにいるなかヨガを行った。しかしなぜか大竹には全く絡まない猫たち。少し寂しそうな大竹だった。

木のおもちゃ トナカイ

tonakaitoy.ocnk.net

(所在地:神奈川県川崎市高津区下作延2-35-1)

木のつみきを東京スカイツリーのように高く積み上げるおもちゃ(ドミノ積み木)が展示販売されている。音声の土方くん(26歳)がさっそく倒してしまった。

林信克さんが案内した。大竹と三村、狩野アナが協力して天井まで届くタワーを作った。

飯タイム「麺工房 嶋家」

tabelog.com

(所在地:神奈川県川崎市中原区上新城2-9-1)

今日のお昼は麺類かとおもいきや、とてもメニューが豊富で「サーロインステーキ」「ネパール風スープうどん」まである。

店員の、小松ゆう子さん(65歳)、ラルチャンゴマさん(52歳)が案内した。20年位前からやっているお蕎麦屋さん。

  • 三村 ⇒ サーロインセット(微妙な感想の三村、大竹がうまいとフォロー)
  • 大竹 ⇒ しまやセット(カツ丼がうまいと大竹)
  • 狩野 ⇒ ネパール風スープうどん(給食の懐かしいカレースープの味ですごく美味しい人気があるのがわかると、大竹・三村。考案したのはネパールのラルチャンゴマさん)
  • みんな ⇒ ネギ豚

町工場「グリーンテクノ」

【スポンサーリンク】

1969年創業。こちらは、静電気を利用した塗装などの機械を製造する会社。

下町ロケットを毎週見ているという、社長の田中寛さん(67歳)、従業員の、林愛実さん(26歳)が案内した。静電気を体に通電させ銀紙を飛ばす実験を三村と大竹が体験。

また、三人が手をつなぎ大竹の手に載せた銀紙を浮かす実験もやってみた。

電流嫌いの大竹が静電気の実験をしてバチッ!となり、放心状態になった。スローモーションで見ると本当に大竹の指から放電しているのが観察できた。

【公式サイト】高電圧電源・帯電装置 | 静電気のことなら株式会社グリーンテクノ

(所在地:川崎市高津区子母口438)

ラーメンパン「ミュール・ミュラン」

ラーメンパンが気になるので入ってみる三人。

店主の、岩崎琢磨さん(55歳)が案内した。おやっさんがチャーシューを作るのが好きでパンに応用できないかな?と開発したのが「あっ!!と驚く ラーメンパン」。

平成元年にオープンしたパン屋さん。

ぱなえ。さん

店員の、ぱなえさんはシンガーソングライターもしていてお店にCDを置かせてもらっていた。「おうたぽろぽろ」というCD。ぱなえさんは、大学1年から4年間、朝6時から9時まで月土でアルバイトをしている。他に音楽の先生のアルバイトもしていて将来歌手になるのが夢だという。

お父さんに向けて作ったお気に入りの曲「ぱぱ」をさまぁ~ずの前で披露した。「ぱなえ!良かったよぉじんわりきちゃったよぉ」と三村。

大竹は「NHKで流れそうですね」と好評だった。

フレンチカット「美容室NOVA」

髪の毛の毛量が多い人が少なくできるという「フレンチカット」という看板を発見。

店主の、野平憲吾さん(37歳)が応対した。

「フレンチカットグラン」とは、世界三カ国で特許をとっている技術。通常のすきバサミをより工夫したハサミを使い毛量が多い人も軽くできるという。

モヤさまスタッフのAD榎本氏が実験台にフレンチカットグランを体験した。番組のお金で散髪代が浮くのですごく喜ぶ榎本氏だった。

餃子飛び出し注意「餃子しくよろ亭」

餃子飛び出し注意の看板が気になった三人。おやっさんは元FMラジオ・ディレクター。「しくよろ」は業界用語。

店主の、小口真司さん(55歳)が応対した。

お店は、2011年にオープン。あまりにも餃子から汁が飛び出すのでお店のいたるところに「飛び出し注意」のマークを貼っているという。

早速餃子を注文して食べると「ルーシー」がじゅわりと飛び出してとても美味しいと三村。水餃子も「すぐろ(黒酢)」で食べるととてもうまい。逆さま言葉が止まらない三人+店主だった。

ロケラスト「珈琲の詩」

今日のロケラストは、喫茶店「珈琲の詩」。

溝の口周辺の思い出話をした。ネコヨガと電気ショックはとても印象的だと語る大竹だった。ここでAD榎本氏の完成形を見るがビフォーアフターがわかりにくいと笑う三人だった。

次回のモヤモヤさまぁ~ずは…

次回のモヤさまは、西荻窪周辺をぶらぶら。

前回のモヤモヤさまぁ~ずは…

yonta64.hatenablog.com

モヤさま関連グッズ

モヤモヤさまぁ~ず2 DVD-BOX(VOL.22、VOL.23)