yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

反響要約 NHK ブラタモリ #66 奄美大島 ▽島津家圧政で「黒糖地獄」となった奄美大島の歴史とは?【2017年3月4日(土曜日)放送内容】

ブラタモリ奄美大島

2017年3月4日(土曜日)放送のブラタモリは、奄美大島。島の特産物「サトウキビ」はかつて島津家の圧政によって誕生した!?大島紬が放つ独特の美しい黒。製造工程をの秘密など。

【スポンサーリンク】

ブラタモリ番組データ

【放送日時】 2017年3月4日(土曜日)よる7時30分(45分)
【放送局】 NHK総合
【番組副題】 #66 奄美大島
【出演】 タモリ 近江友里恵(アナウンサー)
【テーマ曲】 「女神」井上陽水
【ナレーション】 草彅剛

奄美大島龍郷町からロケスタート

奄美大島は、龍郷町(たつごうちょう)という地域からロケスタート。

鹿児島県奄美大島は南西諸島についで沖縄本島に最も近い場所にある。鹿児島から380Km、沖縄まで300Kmと沖縄のほうが近い。

亜熱帯の森など辺りの植物は南国っぽい。マングローブや美しいサンゴ礁も沢山。

今回のテーマは「自然をいかした奄美の”宝”とは!?」

今日案内をしてくれたのは、瀬戸内町立図書館・郷土館学芸員の、町健次郎さん。

そして、農研機構 農業環境変動研究センター(土壌学・土の専門家)の、前島勇治さん。

このあたりの土壌は鉄分が多く酸化して赤い土になっている。(赤土は鉄分多い土の証拠)

島の宝その1「大島紬

金井一人さんはテーチ木(自生している木材)を煎じて絹を染め「大島紬」を作っていた。日本を代表する最高級の絹織物。(価格は一反300万円もする)

大島紬の絹糸は渋い黒、テーチ木で赤く染めた後、タンニン酸の多い泥の中で再び染める。これを何度も何度も繰り返すことで(約1週間)絹糸はやがて美しい黒い色となる。

発見したのは江戸時代。鉄分とタンニン酸が化学反応を起こして黒くなる。

しかし泥田は使っているとだんだん黒く染まらなくなってくるため、ソテツの葉を泥田に浮かべ泥田の鉄分を蘇らせるという。

ちなみに「ソテツ」は漢字で「蘇鉄」と書き、意味は「鉄が蘇る」だった。

タモリ自ら泥田に入り大島紬の染体験、さらに大島紬を着用してみる。軽くてとても綺麗な大島紬タモリも感心する。

【スポンサーリンク】

平地がほとんどない地形

ここで、龍郷町教育委員会事務局主事学芸員の、川元美咲さんが案内。

「浦の橋立(うらのはしだて)」に到着した一行。

浦の橋立は、天の橋立に雰囲気が似ていることから付いた。浦の橋立は川を堰き止め新田を作るための人口の堤防。

平地がほとんどないため、川の河口に出来た三角州にも水田を作った。堤防はその水田を海水から守るために建設される。

しかし堤防は海の道引きで時々決壊したため、水圧を逃がすため岩山に穴を掘りそこに溢れた海水を通すなどの工夫が行われ水田を守ったという。

島の宝その2「サトウキビ」

当時は島津家久の支配下に有り、年貢として米を取り立てられていた。

しかし、奄美大島の土の質がお米に向いていなかったため、代わりに薩摩藩は「サトウキビ」を作らせた。

タモリもサトウキビを実際に食べる。枝の皮を剥きシガンで見ると甘い汁を出る。

サトウキビは土壌が悪くても陽当りが良ければ良いサトウキビが出来る。

薩摩藩はどこでも出来るサトウキビに目をつけ作らせたものだった。

現在でも黒糖づくりは盛んで、サンゴ礁を焼いて砕いたもの(石灰)を使って黒砂糖を作っている。

その一つの工場を見学する一行。

近江友里恵アナは「水飴大好きなんですよ」と言いながら出来たばかりの黒糖の水飴を舐めた。

くせがなくて黒糖だけポリポリつまめるとタモリ、近江アナに大好評だった。

波照間黒砂糖ブロック 300g×2袋

波照間黒砂糖ブロック 300g×2袋

 

島津家の圧政

島津家久は、米の代わりに年貢として黒糖を強制された。

1747年には年貢はすべて黒糖となり、江戸時代には島全員が黒糖関連の仕事に従事するようになる。

その取り立ては厳しく、島民が指についた黒糖を舐めただけでもムチで叩かれたと言う。

やがて奄美中の平地はすべてさとうきび畑となった。

年貢を納めるため島民は通常作らないような急な斜面にもさとうきびを植えた。

その段々畑は昭和20年(1945年)にはまだ残っていて終戦直後米軍の撮影した写真が残っている。

奄美戦時下 米軍航空写真集―よみがえるシマの記憶―

奄美戦時下 米軍航空写真集―よみがえるシマの記憶―

 

黒糖地獄で毒がある蘇鉄を食べる

島津家久の圧政により島民は「黒糖地獄」と呼んでいた。

奄美大島物語 増補版

奄美大島物語 増補版

 

サトウキビのために自分たちの食料を作る畑さえもらえなかった島民は、強い潮風が吹き付けるため段々畑が作れなかった山に蘇鉄を6万本のソテツを植え、その実を食べることで飢えをしのいだ。

蘇鉄の実には毒があり、そのままでは食べることは出来ない。

そこで、蘇鉄の実や幹を細かく砕き、発酵させた後水晒と天日干しを繰り返して毒抜きをしていた。

そしてできたデンプンをお粥にして食べていた。このデンプンは戦後の食糧難にも活躍したという。

【スポンサーリンク】

ブラタモリ反響ツイート

次回のブラタモリは「奄美の森」

次回のブラタモリは「奄美の森」。タモリ一行が奄美の珍しい生き物や植物を探訪。

25日(土曜日)夜7時30分放送予定。

yonta64.hatenablog.com

当ブログのブラタモリ関連記事

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

ブラタモリ関連グッズ

ブラタモリ (1) 長崎 金沢 鎌倉

ブラタモリ (1) 長崎 金沢 鎌倉

ブラタモリ (1) 長崎 金沢 鎌倉