yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

開運!なんでも鑑定団

反響要約 開運なんでも鑑定団「酒井抱一の仏画、驚きの三千五百万円の鑑定結果が…」▽ビートルズ「Yellow Submarine」自転車ほか【2017年4月18日(火曜日)放送内容 テレ東】

18日放送の「開運なんでも鑑定団」は、酒井抱一の仏画の本物が登場。また、FMラジオのプレゼント品、ビートルズ「Yellow Submarine」記念自転車が披露された。スタジオゲストは、君原健二さん(メキシコ五輪銀メダリスト)。

反響要約 開運!なんでも鑑定団▽平坂芳文・高島野十郎▽ゲスト:マーティ・フリードマン【2017年4月4日(火曜日) テレ東】

2017年4月4日(火曜日)放送された「開運なんでも鑑定団」は、孤高の彫刻家「平坂芳文」の本物や「高島野十郎」の油絵(結果は偽物)などが依頼された。ゲストはマーティ・フリードマン。

要約「開運!なんでも鑑定団 レオナールフジタ(藤田嗣治)の象牙家具!?」▽篠塚和典「松尾芭蕉の掛軸」、貿易銀ほか【2016年8月16日(火)放送内容 テレ東】

2016年8月16日(火曜日)夜9時から放送された「開運!なんでも鑑定団」は、レオナール・フジタ手作りの家具? ゲストは、元プロ野球選手の篠塚和典が「松尾芭蕉の掛軸」を鑑定依頼。他に、貿易銀や仮面ライダージープなどの出品もあった。出張なんでも鑑定団…

要約「開運!なんでも鑑定団 鑑定士大絶賛!?家族が処分したがる秘宝」▽ゲスト・武田鉄矢【2016年6月21日(火)放送内容 テレ東】

2016/06/21(火曜日)よる9時から放送された「なんでも鑑定団」は、楠部彌弌の壺。 ゲストに武田鉄矢が登場し、「塼仏(せんぶつ)」を鑑定依頼した。その他「楠部彌弌の壺」も依頼され本物と鑑定、700万円の価格がついた。

開運なんでも鑑定団は、古村比呂がスタジオ鑑定依頼人。蓮如の作。古瀬戸。ティファニーのランプなど【2015年11月10日(火)放送】

2015年11月10日(火曜日)放送の「開運!なんでも鑑定団」は、女優・古村比呂がスタジオに登場。アントニークラーペの版画。他に蓮如の作掛け軸。出張鑑定は岐阜県加茂郡富加町。ラストの琉球ガラス村が依頼した「ティファニーのランプ」は偽物だった

2015年7月7日(火)『開運!なんでも鑑定団』は、海洋堂社長の宮脇修一さん「グレムリン」パペットを鑑定300万円の値が付く▽声優神谷明さん登場ほか

2015年7月7日(火曜日)の『開運!なんでも鑑定団』は、ケンシロウ声優の神谷明登場▽海洋堂社長の宮脇修一さんが映画「グレムリン」のプロップ人形を鑑定ほかーー

2014年8月5日(火)放送まとめα『開運!なんでも鑑定団 ディズニー不朽の名作のお宝に衝撃値』ピノキオセル画、1,000万円・秋山真之の書状2通、160万円など【番組あらすじ】

2014/08/05(火曜日)放送の『開運!なんでも鑑定団』は…日本海海戦大勝利の立役者、連合艦隊作戦参謀、秋山真之(あきやまさねゆき)が遺した書簡に軍事機密?ディズニー映画創世記の大珍品!。ピノキオが1千万円!出張鑑定の舞台は「湯の街・別府」妻に内緒…

2014年6月3日(火)放送まとめ『開運!なんでも鑑定団』ゲストに大橋巨泉。富岡鉄斎・近藤勇・ポリフォン・レオナールフジタ(藤田嗣治)「カフェにて」など【番組あらすじ】

2014/06/03(火曜日)20:54〜放送の『開運!なんでも鑑定団』は…ゲストは2度めの癌を克服、大橋巨泉。「富岡鉄斎の掛軸(大橋巨泉所有⇒偽物)」「近藤勇の書2点(本物)」。出張!鑑定団は「第9回西洋アンティーク鑑定大会」・ポリフォン”Polyphon"ディスクオ…

【テレビ要約】2013年12月17日(火)の「開運!何でも鑑定団」は、ジブリの鈴木敏夫がゲスト。捨てようとした磁器が驚きの鑑定結果に!

2013/12/17(火曜日)の「開運!なんでも鑑定団」は、スタジオジブリの鈴木敏夫が、ゲスト。鈴木敏夫の脇差し刀の鑑定やいかに?

【テレビ要約】2013年12月10日(火)の開運!なんでも鑑定団【古民家の蔵で新発見!?】をジャカジャン♪とまとめ

滋賀県近江八幡市から依頼人登場 西の湖周辺。西村さん(80歳)。自宅は、葦振きの屋根。鑑定品目は、古信楽の壷。親が菜種入れに使っていたかもしれない。放置されていたもの。 映画監督の黒澤明は、古い信楽の壷は面白いと語っていた。13世紀の末生まれた…

【テレビ要約】2013年12月3日(火)の開運!なんでも鑑定団【19世紀カシミアショール、1千万!の酒呑童子絵巻など】

開運!なんでも鑑定団オープニング、酒呑童子絵巻・インド幻の逸品など 19世紀のインドで作られた幻の逸品とは?一代で年商30億円の会社を築いた遣り手社長が知人に頼まれて買い取ったお宝その金額はなんと!710万円出して購入。果たして鑑定結果は?