yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

【テレビ要約】11月13日(水)「ためしてガッテン 尿酸値に潜む痛風予備軍が心筋梗塞に」

2013年11月13日(水)20:00〜放送

 

  • ためしてガッテン 尿酸値に潜む死の予言。人間以外では、ニワトリは痛風にかかってしまう。
  • 痛風の患者数は96万人。予備軍は1100万人。男性は痛風になりやすい
  • 49歳の時に痛風に襲われたが、病院で治療をしてしばらくは大丈夫だった。その後、心筋梗塞に襲われた。痛風で心筋梗塞?愛甲さんの場合は、心筋梗塞になる原因がない。愛甲さんの尿酸値の記録をみると。治療後に下がったが、また徐々に上がっている。尿酸値が7.6で痛風になった。尿酸値が基準値を超えていても9割は発症せず痛くもかゆくもない。そこで尿酸値が高くても症状が出ていない人は心筋梗塞の要注意人物

【広告】

  • 尿酸値が高くても痛くない人がいる。尿酸値が基準超えをしている人を集めてインタビュー。尿酸値7.8の人、足の親指の関節を見ると尿酸が貯まっている。尿酸値8.3の人も尿酸が貯まっている。尿酸の結晶が貯まっている人が全員であった。関節に白いものが付着している。(尿酸の結晶)人間の冷えやすいところに出来る。この尿酸の結晶が剥がれ落ちると炎症を起こして激痛が起こる。尿酸の粉末が登場。町中でもよく見るものに尿酸はある。ハトのふんが白いのは白い部分が尿酸だから。尿酸とは、老廃物である。
  • 人間は尿酸をなぜため込むのか。人間では肝臓で大量に作られる。血管を通って腎臓で濾過されて尿となる。捨てられるはずの尿酸の一部は血管に戻されている。尿酸トランスポーターというものが腎臓内にある。この尿酸トランスポーターはなぜ尿酸を血管に戻してしまうのか?尿酸があるとりんごが黒ずまない。尿酸には、抗酸化作用(老化を防ぐ・癌を防ぐなど)。尿酸は活性酸素を消去する役割もしてくれている。では、尿酸がたくさんあった方が良いのか?
  • ラットの血管の断面写真。人工的に尿酸値を高くしたラットでは血管が封鎖されている。血管の壁部分の細胞が尿酸を取り込んだ結果、血管が封鎖されてしまい動脈硬化が起きる。尿酸値が高くなりすぎない場合は、良い働きをする
  • 高尿酸血症になっている人が多く居る。痛風患者が専門の(両国東口クリニック 理事長)大山博司 先生登場。尿酸値が高いと心臓病のリスクが2倍以上。尿酸値が高いのは生活習慣病のマーカーとなる。

【スポンサードリンク】

  • 尿酸値が高い人を検査してみると動脈硬化が血管の中で起きているのが、判った。たばこも吸わない、コレステロール値は正常。であるのに、動脈硬化が起きかけている。尿酸値は女性でも男性でも7が正常値。女性は尿酸値が低い
  • 痛風と言えばセットになってよく聞く言葉「プリン体」。プリン体がどんな食品に含まれて居るか。プリンには、0mg。ビールには、4〜8mg(100gあたり)、あん肝酒蒸し399mg(100g)納豆113mg、白米25mg、しかし、プリン体の数値を気にするよりももっと大事な事がある
  • 痛風をかつて起こした患者さん。医師に勧められているのがダイエット。ヘルシーメニューや野菜などで食事も気をつけている。だがなぜか尿酸値は高値安定で、基準値オーバーのままだ。努力しているのになぜ尿酸値が下がらないのか?カメラを自宅に設置してモニタリングをする。食生活には問題が無いように見えるが、奥様が見ていないときに何を食べているのかをチェックしている。知らないところで尿酸値を上げてしまっていた
  • (スタジオに戻る)尿酸値を急激に上げる食べ物とは一体?ロールケーキだった。100gあたりプリン体6mg。先生再登場。ロールケーキ内の砂糖(ブドウ糖と果糖)のうち果糖は尿酸値を作ってしまい値が上がってしまう。果糖を燃やす過程で尿酸が作られてしまう(果糖が尿酸を直接作り出す)。果糖を多く含むソフトドリンクは危険。果物も果糖を含むがお菓子に含まれるより量が少ないのであまり問題ない。果糖を分解するときに尿酸を作る。アルコールも分解する過程で尿酸を作っている。まとめると果糖控えめ、肥満だと尿酸を排泄する能力が落ちるのでダイエットにも注目してやる必要が有る。プリン体を食べ物より摂取しなくても、体自身がが尿酸を作り出している。食品からプリン体をとるのは全体の4分の1、新陳代謝やエネルギーの燃えかす(果糖分解過程)で出来る尿酸は4分の3もある。
  • 日本製の新薬が発表された。新薬の名前は、フェブキソスタット。尿酸を体の中で押さえる薬。40年ぶりの新薬、日本で開発され世界中で使われている。副作用が少ない、腎臓が少し悪くても服用可能、効果が強くて安定。生活習慣をコントロールして尿酸値を改善。ガッテン!ガッテン!(ボタン)
  • (次週)まさか!物忘れの原因が心臓だったなんて。11月20日(水)夜8:00(ゲスト:和田アキ子 ほか)