読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

ルートまとめ「モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま) 横浜」▽狩野アナが卒業へ【2016年7月24日(日)放送内容 テレ東】

モヤさま2「横浜」

2016年7月24日(日曜日)夕方6時30分から放送された「モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま2)」では、狩野アナの番組卒業が告知されました。

【スポンサーリンク】

モヤさま2 番組データ

【放送日時】 2016/07/24(日曜日)18時30分(1時間30分)
【ロケ日】 2016/07/07(木曜日)頃 ⇒ロケ日のツイート
【放送局】 テレビ東京系列
【番組副題】 横浜
【モヤモヤメンバー】 狩野恵里 三村マサカズ 大竹一樹

モヤモヤ横浜

日本の政令指定都市で一番の人口を誇る「横浜」。

かつては、ただ横に長い「浜」がただ続いていた土地であったことから「横浜」という地名がついたと言われている。

昭和50年代以降は、異国情緒漂う街づくりを目指し「横浜赤レンガ倉庫」「横浜元町ショッピングストリート」などすぐに絵になる街並みが多く、テレビ的にも大助かりの街に成長した。

汽車道ランドマークタワー前からロケスタート

天気は快晴。横浜の港「ランドマークタワー」がよく見える「汽車道(きしゃみち)」という場所からロケスタート。

さまぁ~ず(大竹一樹 三村マサカズ)登場。

少しドレッシーな青い服装で登場した狩野恵里アナウンサー。表情も少し緊張した目をしている(ような気がする)。

今回のさまぁ~ずの控室は、「ランドマークタワー」の64階ホテルの一室だった。

チョコ専門店「バニラビーンズ」

店員の、渡辺泉希さん(24歳・可愛い)が応対した。2年半前にオープンしたチョコレート専門店で併設する工房ではカカオ豆を焙煎してチョコレートを製造販売している。

板チョコだけでも20種類ある。カカオ豆の産地別で板チョコを販売中。12種類のカカオ豆から出来た板チョコの食べ比べを体験した。

横浜スタジアム

狩野アナのスポーツ担当の先輩に頼んで球場の内部を案内してもらう。

ベースボールショップ「+B」

野球用語やシンボルをオシャレにデザインした商品を扱うライフスタイルショップを発見。球場の近くに行くといつもショップに立ち寄るため今回もショップを尋ねることに。

お店で横浜ベイスターズのユニフォームに着替えて球場内へ。

ラミレス監督&筒香嘉智選手

ベンチを見学している三人に、アレックス・ラミレス監督(41歳)と、筒香嘉智選手(24歳・入団7年目)が登場。

インタビューに応じてくれた。筒香嘉智選手の構えを見せてくれた。筒香嘉智選手はこの日の試合で見事ホームランを打っている。

中区区役所別館「発明振興会」

区役所にやってきた。炎天下で狩野アナは汗だく。

中では部屋を借りて「発明振興会」のベテランメンバーがアイデア品を持ち寄っていた。50年以上の歴史があり、発明品はネットで販売したり市販されているものもあるという。

会長の、金城寿雄さん(81歳)が案内した。副会長の、小峰一男さん(61歳)の「磁石付きけん玉」や会員の、遠藤亨さん(74歳)の「エアー散歩器具」や、会長のゴルフボールカーリングを紹介した。

会長さんは、一旦説明が始まるとずっとマイペースの進行を続ける。三村大竹狩野アナがカーリングに挑戦、みごと勝利した。

「ベテランと発明」ってのは最強の組み合わせ、相性が良いね!と大竹、三村が笑った。

平日の横浜中華街

平日なのに中華街は凄い人通り。様々なお店からのアピールもすごかった。

景徳鎮(けいとくちん)

ここには、大江アナ(2011年10月9日放送「横浜」)イチオシの「麻婆豆腐」がある。久しぶりに景徳鎮の麻婆豆腐を食べてみることになった。

店員の、ショウジ恵美子さん(49歳)が案内した。

  • 三村、大竹、狩野アナ ⇒ 四川麻婆豆腐 + 冷麺

5年ぶりの麻婆豆腐。激辛だったがやっぱりうまい!と大竹。激辛だけど独特の旨味がある。相当辛いので特に三村の額の汗がすごい。

韓国伝統菓子「龍のひげ飴・王タレ」

エ・デヒさん(50歳)が店頭で実演販売するのは「龍のひげ飴」。韓国では長寿や幸運を象徴するお菓子。

熟成して固くなったハチミツを素手で1万本以上に伸ばす。繊維状になった飴は食べるとふわっと溶けてなくなる。

韓国でも同じ実演販売を行っている。できたてを食べさせて貰った「うまい」と三村。大竹が体験させてもらうが手先が器用すぎて龍のひげ飴がすぐに出来てしまった。大竹の製造過程はカットとなる。

「ゆびおしくん」

店員のグラナダ糸子さん(53歳)が突然「手のマッサージ」といって近づいてきた。「1分だけ」というので、応じる三村。グラナダ糸子さんは、20年前から実演販売をしている。「ゆびおしくん」という指にはめて指圧するグッズを販売中。

グラナダさんは、柳原可奈子の店員のネタによく似たかん高い声で「ありがとうございま~~~す」と言う。マッサージがとてもうまいので三村も大竹も大絶賛だった。

カンフーキッチン「工夫厨房」

こちらでは、料理を食べながらカンフーが見れるお店。店員の、中根真理也さん(31歳)が応対した。ブルース・リーが最初に習った「詠春拳(えいしゅんけん)」を実演する。

店主の、銭彦さん(60歳)が応対した。去年の1月に開店した台湾レストラン。夜はバーもやっていておやっさんは、音楽もできる多趣味な人だった。

米国風「センターグリル」

今日のお昼は、「センターグリル」で米国風ランチ。

昭和21年オープンのお店。戦後すぐから日本に駐留していた外国人を相手に営業していた。ナポリタンはとても人気。

代表の、石橋秀樹さん(72歳)が応対した。

メニューは50種類もある。

  • 三村 ⇒ スパゲッティーナポリタン(粉チーズの相性がピッタリすげえウメェ)
  • 大竹 ⇒ カツカレー
  • 狩野 ⇒ 特製浜ランチ(オムライスとチキンカレーセット)

石鹸のデコパージュ「デアクライネラーデン」

代表の古田とみ江さん(66歳)が案内した。

デコパージュとは、切って貼って飾るという意味。数多くのペーパーナプキンが並ぶ。30年前にオープンした手芸店。

新人ADの「片岩くん(23歳)」がちょうど白いTシャツに白い靴といういでたちだったので三村、大竹に呼ばれた。

片岩くんは今回が初登場。ADの靴をデコパージュした。右足は大竹が、ジバンシィ柄。左足は三村と狩野アナがスイカのデコパージュした。

また、シャツの方は先生がデコパージュ。

オービィ横浜

チーフの、山本直樹さん(32歳)が応対した。ここでは、セガとイギリスBBCがコラボした体験&体験施設。2013年にオープン。

マウントケニアの気温を体験するコーナーでは、横尾カメラマンと一緒に酷寒のマイナス10度を体験した。ファスナー横尾カメラマンは、短パンを履いていたため耐えられない様子だった。

マリンアンドウォークヨコハマ

海沿いの倉庫街に生まれた、オープンモール。おしゃれなお店が倉庫街と海岸を繋ぐ。

パイ専門店「Pie Holic」

パイ専門店で、店員の、中田ゆりえさん(24歳)が案内した。中田さんお薦めのブイヤベースのホットパイを注文した。今年の3月にオープンしたばかりのお店。

  • 三村 ⇒ モヒートコーヒー
  • 大竹 ⇒ ホワイトリフレッシュ+ブイヤベースのポットパイ
  • 狩野 ⇒ レモネード

狩野アナがこの秋で卒業。

狩野アナが「急なお話なんですけど…この秋で卒業することになりました。」と、ここでこらえていた気持ちが涙となって一気に吹き出てきた。

「最後は何も考えられなくなってすいません。」と泣きながら報告。

「はじめは緊張ばかりでなかなか難しいなと思ってたんですが、次第にすごく居心地が良い現場になって甘えていたらいけないと思って他のいろんな分野の現場も体験したい」という事で卒業を決めたという。

「今、夏じゃない。(秋の卒業までまだまだあるけど)今から発表してこの先長くないか?」と心配する三村。

毎週感傷的になるの?と大竹が言うと、いえそんなことは無いですと笑う狩野アナだった。

モヤさまに就任して3年半。一歩踏み出すために狩野アナは卒業の道を選んだ。

【スポンサーリンク】

今回のモヤさま反響ツイート

【スポンサーリンク】

次回のモヤさまは…

次回のモヤさまは、市ヶ谷周辺。

前回のモヤさまは…

yonta64.hatenablog.com

モヤさま関連グッズ

半熟アナ

半熟アナ

半熟アナ