yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

2015年2月6日(金)放送内容まとめα『爆報THEフライデー』名前の出せない事件簿第2弾▽人気女優A 「菊容子(きくようこ)事件」

2015年2月6日金曜日に放送された、爆報THEフライデーは…女優「菊容子」にせまる。

【スポンサーリンク】

名前の出せない事件簿:人気女優A(菊容子)とは?

菊容子(きくちようこ/本名:菊池洋子)。

1950年9月26日生まれ、TBSドラマ『好き! すき!! 魔女先生』(1971年放送・昭和47年)のヒロインを演じた。

菊容子 - Wikipedia

今夜紐解くのは…当時、芸能界に大きな衝撃を与えた事件。その犯人・俳優Bは、当時23歳で結婚を誓った婚約者。Bは役者として鳴かず飛ばずだった。

女優Aはどんどん忙しくなり、二人の貧富の格差が広がってゆく。

【スポンサーリンク】

収入格差カップルの前途多難

二人には、決定的な収入の格差があった。1970年代、Aは、立派な都内一等地の豪華マンションに住んでいた。

当時、こうした大物女優との恋愛はタブー。二人の恋は秘密だった。声をかけたのはAからで、いつか俳優Fが成功するように支えていたという。

やがて婚約しようとするが、格差カップルの前途は多難だった。父親は不甲斐ないBとの結婚は許さなかった。

そのうち人気女優Aの仕事はますます忙しくなり、反対にBは暇になるばかり。

暇を持て余してAの撮影現場を訪れると、無名役者のBはテレビ局を追い出されてしまう。

仕事では会えなくなってしまい、「別に男がいるんじゃないか?」と思いつめたBはだんだん精神を侵されAの周りの男性全てに嫉妬してゆく。

毎日深夜にAに電話し、撮影現場に忍び込んで様子を確認する様になった。現実とドラマとの区別もつかなくなった頃、悲劇の日がやってきた。

【スポンサーリンク】

自宅に忍び込んだ犯人「指輪が欲しい」

ついに自宅に忍び込んだ犯人は、Aが電話口で「指輪が欲しい」「明日9時にモーニングコールで起こして」などのやりとりを聞いてしまい、逆上し女優Aに襲いかかり電話のコードで首を絞め、Aを亡き者にした。

その後犯人Bは翌日、箱根で橋の欄干にわざと激突。

しかし命を落とすこと無く足に負傷しただけだったという。

俳優Bが追いかけていたのは、全て幻だった…。

事件後の裁判では、女優Aの命を奪うきっかけとなった電話の相手が実は、Aの実の父親で、指輪が欲しいと言っていたのは、母親の形見だった。それを知り愕然とする犯人B。

1975年4月30日通夜には多くの参列者が参加した。Bとの結婚で譲られるはずだった結婚指輪は、いまでは女優Aの棺の中にある。

爆報THEフライデー ツイッターでの反応

https://twitter.com/noeart777/status/563655807510650883

事件の詳細は「新潮45 2008年1月号(2007/12/18発売)」にも掲載

この事件は、新潮45 2008年1月号「総力特集〈昭和&平成 芸能界13の「愛憎劇場」〉」に詳しい。

新潮45 2008年 01月号 [雑誌]

新潮45 2008年 01月号 [雑誌]

 

Amazon関連商品

好き!すき!!魔女先生VOL1 [DVD]

好き!すき!!魔女先生VOL1 [DVD]

好き!すき!!魔女先生VOL1 [DVD]