yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【テレビ要約】2013年12月6日(金)、あさイチ「プレミアムトーク アマロス解消〜あまちゃん総集編」をまとめ【ゲスト:木野花】

プレミアムトーク あまちゃんスペシャル、あまちゃん三代語ります

小泉さん、能年さん、宮本信子さんが出ている番組はあさイチしかない。北の海女軍団からあの方が来ている。あなたにとって今年のじぇじぇじぇ~は?

【スポンサードリンク】

どう思います?スマホ子守

二児の父、中澤輝アナウンサー。子供に動画を見せたりしてスマホに子守をさせる。子どもが(0歳〜6歳)が1周間にスマートフォンに接する割合。57%が子守に使っている。

 

東京世田谷区の荒木靖香さん。娘は2人。極力おもちゃなどで遊ぶようにしているが料理の間などはスマホの動画などを見せると興味をしめすので頼ってしまう。1歳半からスマホに接しているので、自分で操作することもできる。電車の中でもスマホをみせてあやすこともある。最近気になるのは、目が近くなったり健康に影響があるかもしれないという気持ちがある。

 

電話での取材。スマホで動画サイト見せている間に勝手に電車の事故映像などを見ていた。影響が心配。(アルゼンチンの電車事故の瞬間という動画が資料映像として紹介http://www.youtube.com/watch?v=QEopceZZ8xE)日本小児科医学会の理事会はポスターを作ってスマホ子守に注意を呼びかけるポスターを配った。日本小児科医学会の松平隆光会長は、スマホによって触れ合う時間が少なくなっていると心配する。

 

大越家では、スマホ子守に自主ルールを作っている。生後8ヶ月からスマホを触って遊ばせている。

  1. 動画サイトはNG
  2. アプリは知育のみ
  3. 使用時間は15分

見せたくない動画関連して出てくるサイトは見せない。知育用のアプリは評判を調べてから。お菓子を食べたりと一緒で親が納得して使っている。取り入れるところは、取り入れて遊ぶなら良いかもしれない。

 

プレミアムトークあまちゃんスペシャル女三代語ります

能年玲奈小泉今日子宮本信子のあさイチ出演時のトークを再構成。今日のゲストは、木野花さん。メガネ会計ババァというニックネームはどうでしたか?本人は「そうだけど?」といった感じ。台本で知った。「今でしょ!、倍返し、おもてなし」などの流行語のライバルについては少し意識しました。(<木野花

【スポンサードリンク】

能年玲奈さんは、どんな女優さんでしたか?あのままの天然自然な子でしたよ、天然記念物的なあまりいない感じの子だった。能年玲奈が東京に出てゆく時は本当に寂しかった。

 

能年玲奈さんのトーク集。アキちゃんとかあまちゃんと言われます。家ではダラっとしていて生ごみみたいな感じになっている。(笑い)誰にも見せられない状態。水口さんとのハグのシーン。能年玲奈のお気に入りシーンは、水口さんを締めているシーン。

 

松田さんがゾンビのものまねをするのが面白かった。能年玲奈のタイプは、尾美としのりがすごく好きだった。渡辺えり子登場。能年玲奈が白目をむいて歌う。撮影最終日8月1日。スタジオに撮影終了のうにのくす玉が用意。最後のあいさつをする能年玲奈。楽しかったという感想。

 

スタジオに戻る。適当に喋ることはなく、意外なことを言うところあってこの子って本物だなと思った。あどけないところから成長した感じがする。笑いが自然ですごく良い演技をする。本番を忘れて演技できる。(<木野花

 

小泉今日子さんの話。脚本が宮藤官九郎と聞いて私に向いていると思った。自分もスケバンみたいなところがある。小泉今日子にとってじぇじぇじぇ~なシーンは、木野花さんがプレゼントが無い状態(持ってくるのを忘れた)でプレゼントを渡そうとしたり、面白かった。40代には40代にしかできないようないろいろなことがあるので今を楽しんでいる。

 

宮本信子さんの話。最初はこれは無理じゃないかと思った。撮影入る前に海女さんのところに行って、生活様子や空気などの実感がとても大切だった。今は仕事が一番面白い。あまちゃんはヒットを受けてひとり歩きしている。それが嬉しい。

 

木野花さん、今の宮本信子の演技にジーンと来た。

9時のニュース 糸井羊司

プレミアムトーク木野花

ファックスの紹介。木野花さんは美術の先生だった。あまちゃんがこんなにブームになるとは思わなかった。出てるのにファンになった。東京編など出ていないシーンを見ていた。

 

宮藤官九郎さんの話。じぇじぇじぇ~の最初は、現地で聞いたじぇという言葉を使った。80年代は自分がアイドルに懸命だった時代。学生時代は構成作家になりたかった。脚本家に大切なのは、妄想力。

 

木野花さん、現場はけっこうアドリブがなくセリフは細かいところまであった。岩手県久慈市の観光キャンペーンポスターの紹介。「ドラマの続きは岩手県久慈市で!勝手に観光キャンペーン」。かつての芝居仲間、柏木さんからの手紙。

 

あまちゃん総集編、暦の上ではディセンバーこれで見納め!じぇじぇじぇ!あまちゃん祭り。NHK総合12月30日(月)8:00〜18:00

 

特選!エンタのコーナー、プレゼントしたくなる本

特選!販売員、中谷文彦。書籍ナビゲーター、中江有里。プレゼントしたくなる本は絵本や写真集。本のプレゼントは難しいが今回は、プレゼントに最適な本を紹介。

 

プレゼントにはどんな本が人気か。

◎「雪だるまの雪子ちゃん江國香織…童話のようなお話で、版画家の山本容子さんのかわいい作品とともに楽しむことができる。

雪だるまの雪子ちゃん (新潮文庫)

雪だるまの雪子ちゃん (新潮文庫)

 

 ◎5日間の休みで行けちゃう!絶景・秘境への旅…見ているだけでも満載の写真で旅をした気分になれるのが人気の秘密。

5日間の休みで行けちゃう!  絶景・秘境への旅

5日間の休みで行けちゃう! 絶景・秘境への旅

 

 ◎「そらみみ植物館」西畠清順…世界中の様々な植物を面白い切り口で紹介「イラッと来る植物やムラムラくる植物」など。

そらみみ植物園

そらみみ植物園

 

◎「人生はニャンとかなる!」「人生はワンチャンス!」…含蓄のある言葉を可愛らしい猫や犬の写真とともに紹介。若い方もお年を召した方も関係なく男女ともに買って行かれる本。

人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法

人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法

 
人生はワンチャンス!   ―「仕事」も「遊び」も楽しくなる65の方法

人生はワンチャンス! ―「仕事」も「遊び」も楽しくなる65の方法

 

中江有里がお気に入りの「人生はニャンとかなる!」と「人生はワンチャンス!」のページを紹介。リンカーンの「謝るときは心から」「耳に痛い意見にヒントがある」「一度サボると癖になる」「無視されても話しかける(ヘレン・ケラー)」

 

本は、ベージを切り取って渡すことができる本になっている。井ノ原快彦(イノッチ)が有働由美子さんに、「赤い糸に期待しない」というページを切り取って渡す。「偶然ですよ」と笑うイノッチ(井ノ原快彦)一冊で何度も楽しめる本。

 

◎パラパラ本(パラパラブックス)…パラパラ漫画という概念を超えている素敵な本と、中江有里

クリスマスの足音(もうひとつの研究所パラパラブックス)

クリスマスの足音(もうひとつの研究所パラパラブックス)

 
猫のあいさつ(猫のパラパラブックス)

猫のあいさつ(猫のパラパラブックス)

 

 実際にパラパラしてみる。クリスマスツリーには、本物の鈴が入っていたり、虫食いの穴が実際に開いたりするギミックが楽しいパラパラブックス。

 

いのちの話ふしぎな話悪人の話…有名な作家のあまり知られていない短篇集。読みやすく幅広い層に人気。解説や図解を見やすく入れてある。本を読む環境づくりに最適。

 ◎「Advanced Style ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ」…中江有里さんのおすすめ本。年上の女性におすすめの本。写真がカッコイイ。おしゃれのヒントにもなる。60代から100歳くらいまでのファッションの写真集。色合いが綺麗。自分のためのおしゃれのヒント。

Advanced Style--ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ

Advanced Style--ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ

 

 プレゼントの季節には参考にしていただきたいという本の紹介でした。

 

あさイチ!グリーンスタイルのコーナー

担当は、駒村多恵。北欧のクリスマスの楽しみ方の初回。イエンス・イエンセンさんデンマーク大使館広報担当。北欧では、12月全体がクリスマスになっている。家族と一緒に過ごす大切な期間がクリスマス。デンマーク流のクリスマスの準備。東京品川のイエンス・イエンセンさんの自宅。ニッセはデンマークの妖精。このニッセを部屋中に飾り付けをする。12月2週めはツリーの飾りを作る。手作りの木製のツリーに仮に飾り付けをする。12月3週目にはお菓子を作る。チョコレートやクッキー(オーツボール)イノッチ手作りのオーツボールをたべる木野花さん。

 

視聴者ファックスのコーナー

(終了:2013-12-06(金)NHK総合)