yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

2013年4月7日(月)放送まとめ『鶴瓶の家族に乾杯』長野県安曇野市(後編)櫻井翔・チェーンソー・はなぐるま・ブティック【番組あらすじ】

2013年4月7日(月曜日)の『鶴瓶の家族に乾杯』長野県安曇野市後編は、櫻井翔鶴瓶が別れての旅。チェーンソー初体験。一人旅。道祖神。ブティック・はなぐるまなど

【スポンサーリンク】

 

 

スタジオ出演者

司会は、笑福亭鶴瓶小野文惠アナウンサー。今回のゲストは、嵐の櫻井翔。ナレーターは久米明

 

 

長野県安曇野市の魅力 北アルプス・天蚕糸・道祖神

北アルプス

安曇野のシンボル、北アルプスの山々。常念岳槍ヶ岳など標高3,000m級の山の頂きは登山愛好家達の憧れの的。

 

天蚕糸

天蚕とは、日本在来野生種の蛾(ガ)。別名は”ヤママユ”とも言う。現在でも安曇野では8件の農家がその伝統を受け継いでいる。天蚕から採取する天蚕糸は美しい薄緑色をしていて「繊維のダイヤモンド」と言われている。天蚕糸100%の着物の価格は880万円もする。

 

道祖神

道祖神(どうそじん)は、旅の安全などを願っている神様の事。橋のたもとや道端などに立っている。古くから伝わる地域の守り神。安曇野には男女が寄り添うようにしている道祖神が多く見られる。

 

【スポンサーリンク】

 

櫻井翔の旅】長野県安曇野市穂高有明

嵐 櫻井翔コンプリートお宝フォトファイル Omnis (RECO BOOKS)

嵐 櫻井翔コンプリートお宝フォトファイル Omnis (RECO BOOKS)

 

 

一人旅スタート

2014年1月17日(金曜日)午後2時、櫻井翔がここから一人ひとり別れて旅がスタートする事になる。まったく人気がなく出会えるか不安になる。焚き火の匂いをたよりに進むがやはり誰もいない。

 

焚き火の匂いはあるお宅の煙突からの煙。しばらくそのお宅から家の人が出るのを出待ちしていたが、意を決して玄関からインタビューを試みた。

 

最初はよそよそしい雰囲気だったが、櫻井翔の顔を見るなり恥ずかしそうにする奥さんが現れる。煙は、薪ストーブから上っているものだった。

 

家の人は櫻井翔をスタッフだと勘違い。「ぶっつけ本番の旅じゃなくスタッフ(櫻井翔)が下見してるじゃん」というが、目の前の櫻井翔が紅白に出ている芸能人だとわかるとびっくりして再び恥ずかしそうにする。

 

国体準優勝、マスターズ1位のスキーヤー

この方は、20代の時は国体で準優勝、マスターズでは1位をとるアルペンスキーの選手だった。出来る所までまだまだスキーを続けたいという。

 

チェーンソー初体験

庭で薪ストーブの薪を割る櫻井翔。まずチェーンソーを使って丸太を短くする。生まれて初めのチェーンソーに「凄い楽しい」と興奮する櫻井だった。櫻井翔が切った薪は使うのがもったいないと甥御さんと姪御さんが今だに使っていないという。

 

セロリ農家のお宅を紹介してもらい、ハウスの作業を見せてもらった後、自宅におじゃました。

 

【スポンサーリンク】

 

鶴瓶の旅】安曇野市掘金

沢山の道祖神

安曇野市掘金にやってきた笑福亭鶴瓶道祖神を発見した鶴瓶、偶然通りかかった人に道祖神の事を尋ねた。この辺りには沢山の道祖神が立っている。

 

ブティックを発見

田んぼの真中でブティックを発見する鶴瓶。ブティックを経営する酒井三枝子さん。10年前に亡くなったご主人がブティックの設計をした。元々陶芸をやっていたが、お客さんの要望でブティックを始めたという。

 

牛越さんに再会

酒井さんは、家族に乾杯2011年6月放送の長野県松本市の回で登場した”牛越よう子さん”の知り合いだった。酒井さんの自宅で亡くなったご主人の佛壇に手を合わせる鶴瓶。設計した自宅内部や製作した陶器などを見せてもらった。

 

安曇野市明科に移動。牛越さんのパスタのお店「はなぐるま」を訪れた。

【お店情報】 安曇野 はなぐるま|すっごいボリュームのイタリアンディナー|安曇野市明科 | 長野県のiターン・観光情報【E-CURE】

 

 

次回の『鶴瓶の家族に乾杯

次回の『鶴瓶の家族に乾杯』ゲストは滝川クリステル秋田県大仙市を旅する。4月14日(月)よる8時放送。

 

前回の『鶴瓶の家族に乾杯

2014年3月31日(月)放送まとめ『鶴瓶の家族に乾杯』長野県安曇野市(前編)櫻井翔・神様のカルテ・三柱神社・鷹匠など【番組あらすじ】 - yonta64のテレビ番組ブログ