yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン・あさイチ・NHKスペシャルなど――。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【反響要約】マツコの知らない世界「エスニック料理を初体験!?マツコさん VS ”エスニックレトルト”の世界!案内人は伊能すみ子さん」【2018年8月7日(火曜日)TBS】

マツコの知らない世界「エスニックレトルトの世界!」

 2018年8月7日(火曜日)放送の『マツコの知らない世界』は、マツコさん初体験の”エスニックレトルトの世界”!

 毎日エスニック料理が欠かせないという、伊能すみ子さんが登場。ココナッツミルクが苦手というマツコさんですが、中には「これは美味しい!」と好評価のエスニックレトルトも??

広告

『マツコの知らない世界』番組データ

【放送日時】 2018年8月7日(火曜日)20:57~22:00
【放送局】 TBS
【番組タイトル】 マツコの知らない世界「マツコ初体験!?エスニックレトルト&アロハシャツの世界」
【出演者】 マツコ・デラックス

広告

毎日エスニック料理を食べ続ける女性「伊能すみ子」さん

  • 名前… 伊能すみ子(46歳)東京都
  • 幼少期 … 東南アジアから籐(トウ)を輸入する家に生まれる
  • 31歳  … シンガポールチキンライスに衝撃を受ける
  • 38歳  … 仕事を辞めエスニック料理の食べ歩きを始める
  • 現在  … 毎日自宅でエスニック料理を作って食べる生活を送る

 スタジオに登場したのは「毎日エスニック料理を食べ続ける女性」伊能すみ子さん(46歳)です。

 マツコさんもエスニック料理が大好きで新宿2丁目のタイ料理屋さんにはしょっちゅう通っていたそうです。住環境に応じて料理の好みも変わるというマツコさん、今の主食は「(スタジオで出る)お弁当」だそうです。

最近のエスニックブームに言いたいこと!「パクチー乗せすぎ問題」

 伊能すみ子さんがまず最近のエスニックブームに一言…「何でもかんでもパクチーを載せさえすればエスニック料理だと思って居る節がある…」とのこと。

 「タイの人はあんなに山盛りのパクチーを載せない、パクチーはいろどりの為のオマケにちょこんと乗せる程度で、日本の大量パクチーのせのせ料理には現地の人も笑ってしまう!」んだそうです。

エスニックレトルトを進化させた業界のツートップとは?

 エスニックレトルトの世界を進化させた業界のツートップはなんと言っても「無印良品」「ヤマモリ」だと伊能さん。

  • 無印良品「素材を活かしたカレー・グリーン」(350円) … タケノコやふくろたけなど本格的な具材を使用…年間90万食を売り上げる
  • ヤマモリ「タイカレー・マッサマン」(356円) … 原料から製造まで全て現地生産、本場の味が楽しめる

 まずは、無印良品「グリーン」を頂いたマツコさん。「うーーーん」とうなり少しむせます。「なんか、いっこだけ自分に合わない材料が入ってる!」と笑うマツコさん。グリーンにはレモングラスやこぶみかんの葉などをふんだんに使用しています。

 「辛さよりもココナッツが苦手かな私~、食べるとしたら年に2回くらいかな…」とマツコさん。

 次に、ヤマモリ「タイカレー・マッサマン」を試食。ヤマモリというメーカーは、タイ料理のレトルトを得意にしていて現在25種類のレトルト食品を展開しています。

 「おおーっ!来ましたねーエスニック臭が!本能で受け付けにくい草のニオイ…」でも一口食べてみると「これは…美味しい!」と好評価。

 ヤマモリは、現地タイで製造しているのが特徴で具材なども全て現地調達しています。

ヤマモリ タイカレーマッサマン 180g×3個

ヤマモリ タイカレーマッサマン 180g×3個

 

広告

エスニック料理に囲まれ手暮らす伊能すみ子さんとは?

 伊能さんが暮らすマンションを訪れたスタッフ。自宅には世界で売られているエスニックレトルトが所狭しとストックされていました。

 この日は、マレーシアで買ってきたエスニックレトルト「マレーシアの定番料理・ナレシマと煮干しのサンバルソース」をレンジでチンして食べました。「これがレンジで食べられるなんてしんじられない!」と驚きながら味わいます。

 伊能さんはこうした日本未発売のレトルト商品を買うためだけに、現地へ行きなんと一泊もしないで帰ってくるそうです。

流行ること間違いなし!本格的すぎるエスニックレトルト

 新宿2丁目のタイ料理屋さんでは「ナシゴレン(タイの焼きめし)」や「パッタイ(タイの焼きそば)」を大量に食べていたマツコさん。

1.「フーティユボーコー」

 伊能さんがオススメするのは「ベトナムの屋台の味・フーティユボーコー」(406円)です。

 特徴は「フォーに似た米麺(こめめん)」と「ベトナム風のシチュー」。アイ・ジー・エム XinChao!ベトナム製のレトルトパックです。(※成城石井などで販売)

 スタジオで、伊能さんが作りマツコさんにごちそうしました。

 「あっさりして美味しい!」と好評、八角が入っていてエスニック感はあまりないとマツコさん。

Xin chào!ベトナム フーティユボーコー 12食セット

Xin chào!ベトナム フーティユボーコー 12食セット

 

2.「チェッターヒン」

 次のオススメレトルトは、「チェッターヒン」(648円)。鶏肉(チェッター)、おかず(ヒン)、ミャンマー風煮込み料理。ミャンマーの家庭料理で、鶏肉を粉唐辛子やトマト、タマネギで煮込んだ辛くて深いうま味が特徴。

 メーカーがミャンマー在住の料理研究家「保芦ヒロスケ」さんと2年半かけ共同開発したレトルトです。

 「開けた瞬間は凄いニオイだけど、食べてみるととても美味しいですよ。これ美味しい!カレーみたい!」と好評価でした。成城石井等で販売していてすでに1万食売っているそうです。

チャンバーズ・オブ・スパイス ミャンマーチキンカレーチェッターヒン 250g

チャンバーズ・オブ・スパイス ミャンマーチキンカレーチェッターヒン 250g

 

3.「プリック」

 プリックは唐辛子のこと。タイ南部の激辛鶏肉のスープ料理。メーカー「ヤマモリ」さんで一番辛い料理だそうです。「私はココナッツミルクが苦手って解ったわ、これはココナッツミルクが入ってないからいける!」と好評。

ヤマモリ タイカレープリック 160g

ヤマモリ タイカレープリック 160g

 

4.「ルンダン」

 マレーシアやインドの料理。世界で一番美味しい食べ物「ルンダン」(648円)

 ネットの「CNN Travel」というサイトで「読者が選ぶ世界の美味しい食べ物ベスト50」の中で1位に選ばれたエスニック料理。(※ちなみに2位はナシゴレン、3位は寿司)

 マツコさんの苦手なココナッツミルクが入っていたため、「これココナッツだ!これはすごいわ!ごめんなさいこれは無理!かなり上級向けね!」とやはりココナッツミルクがどうしても受け付けられないマツコさんでした…。

36チャンバーズ・オブ・スパイス ルンダン 180g

36チャンバーズ・オブ・スパイス ルンダン 180g

 

エスニックマニアの悩み「エスニック料理と男女差」

 エスニック料理には男女の温度差があると伊能さん――。

「男は味にこだわったって結局分かってない男はケチャップの味にしとけばいいんですよ。女性の方が動物的に色んなものを受け入れられるようになっていると思いますよ」とマツコさん。

 「タイ料理で物足りないのは、あのすくえるんだかすくえないんだかわからないカレーのシャバシャバ感…もっとモリモリ食べれるタイ料理があったら男にも受けるわよ」とのことでした――。

 

(※2018年8月7日(火曜日放送)「マツコの知らない世界「マツコ初体験!?エスニックレトルト&アロハシャツの世界」」より)

 

広告

『マツコの知らない世界』放送終了後の反響ツイートは?

広告

https://twitter.com/_oshimaidebu/status/1027083430729637888

『マツコの知らない世界』当ブログの関連記事紹介

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

『マツコの知らない世界』関連グッズの紹介

ヤマモリ タイカレーマッサマン 180g×3個