yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶 ガッテン・あさイチ・NHKスペシャルなど 放送直後の反響ツイートも紹介しています。(非公式です)

クローズアップ現代+(クロ現)うつ病の最新治療「TMS(経頭蓋磁気刺激)」を紹介!保険適用で一般に広がるかも?【2019年7月17日(水曜日)放送 NHK総合テレビ】


クローズアップ現代+「うつ病に期待の最新治療法TMSとは?」

2019年7月17日放送の『クローズアップ現代+』では、2019年6月から保険適用となった新たなうつ病の治療法”TMS(経頭蓋磁気刺激)”を紹介。

安全性や効果にはかなりの信憑性があり、アメリカに続きこれから国内でも一般的になるかもしれない治療法だそうです。

広告

クロ現(うつ病+TMS)放送データ

【放送日時】 2019年7月17日(水曜日)22:00~22:30
【放送局】 NHK総合テレビ
【番組タイトル】 クローズアップ現代+「社会復帰に新展開!うつ病最新治療」
【司会者】 武田真一(アナウンサー) 高山哲哉
【スタジオゲスト専門家】 宮田裕章(慶應義塾大学教授)
【スタジオゲスト】 高木美保(かつて7年間、パニック障害に伴う思いうつ病を発症した経験あり)

広告

うつ病の最新治療「TMS」とは?

東京慈恵会医科大学准教授の亀頭伸輔先生は、うつ病TMS治療の第一人者。

うつ病では脳の「背外側前頭前野(はいがいそくぜんとうぜんや)」と呼ばれる場所が不活性化し、それが脳深くにある扁桃体を敏感にさせて思考や意欲が落ちるといいます。

そこで、TMSを使って磁気による脳刺激を行うことで「背外側前頭前野」を再度活性化させ、扁桃体の興奮を落ち着かせてうつ病を起きにくくしようと言うのです。

アメリカではすでに多くのTMS治療が行われていて、抗うつ薬では効果がない患者の約3割~4割に改善効果があるといいます。

笑顔が戻った鈴木さん(41歳)の場合~

長年うつ病に苦しむ鈴木さん(41歳)はIT企業のシステムエンジニア社員でした。入社間もない2006年頃はバイクで北海道旅行に出かけるなどアクティブな男性でしたが、10年前に月100時間を超える残業の連続でうつ病を発症してしまいました。

外出する意欲はなくなり、食事の味もわからない状態に…。求職して抗うつ剤による治療をしましたが回復の見込みがなく4年前に退職しました。

鈴木さんがTMS治療を受けたのは慶應義塾大学病院

鈴木さんが主治医の勧めでTMS治療を受けたのは、東京の慶應義塾大学病院です。

2019年5月下旬治療が開始。担当は野田賀大先生(慶應義塾大学医学部特任講師)、鈴木さんの頭に特殊な器具を当ててその部分から脳の目標めがけて電磁パルスを発射します。

照射中は磁気刺激で顔がピクピク動きますが(市販の電磁肩こり器具のように)健康には問題がないといいます。

  • 1回10分から40分の治療を集5回、6週間の合計30回行います

治療が始まって3週間(15回目)が過ぎた頃、表情が明るくなり自分でも少し気持ちが上向いて食事が美味しいと感じるなどの効果が現れてきたと鈴木さん。

治療が60回に近づいた頃には趣味のバイクショップ巡りを再開するなどうつ病を発症する前の自分に戻りつつあるという実感が湧いてくる…と語る鈴木さんでした。

まだ課題が残る「TMS」治療…

厚生労働省の調査によれば、うつ病から復職し再び病気休暇を取得した(再発した)人は5年後には約半分だと言われています。せっかく復帰しても5年経てばふたたびうつ病になってしまうというのです。

こうした薬が効かない患者さんにとってTMS治療は新たな選択肢として期待が持てる一方でTMSにはまだ課題があるというのです。

アメリカはTMS治療先進国。すでに多くの治療実例が挙げられていますが、デビッド・ダナー先生(うつ病・不安障害治療センター病院医師)によれば、TMS治療後数年で再発する…という例が少なくないといいます。

TMS治療後は、継続して通院し経過を観察することが大切とのことでした。(必要に応じて再度TMS治療を受けるなどすれば再び改善可能です)

TMSの保険診療が適用される条件とは?

TMSが保険適用になるのは2019年現在以下のように定められています。

  • 難治性のうつ病のみで軽症のうつ病や他の病気に伴ううつ症状は適用外
  • 保険診療が出来る病院は国が決めた装置と方法によるもの以外は適用外

となっているそうです。今回の保険適用は誰もが受けられるようになるまでの第一歩。治療の安全確保がなにより優先されているとのことでした。

うつ病患者の置かれた”うつになりやすい生活環境の問題”…

うつ病の発症は患者の置かれた環境にも左右されます。

全国に3000箇所以上ある「就労移行支援事業所」は、うつ病や障碍を持つ人が一般企業に就職できる橋渡しをするところです。

去年からは就労移行支援だけではなく、仕事についたあとのケア「就労定着支援」も行っているとのこと。

うつ病を持ち就労移行支援事業所に仕事を紹介してもらったあとも、仕事でうまく行かなかったことなど上司に直接言いにくい悩みなどを月に一回、職場の上司やケアワーカーと一緒に話し合うという場を設けているそうです。

悩みを当事者に吐き出すことで再び求職したりうつ病が悪化することを防げると期待されているとのこと。

 

2019年7月18日(水曜日)放送『クローズアップ現代+「社会復帰に新展開!うつ病最新治療」』より

 

「クローズアップ現代」放送終了後の反響ツイートは?

「クローズアップ現代」当ブログの関連記事紹介

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

「クローズアップ現代」関連グッズの紹介

うつ病のTMS療法

磁気刺激療法で薬が効かないうつ病が治った

磁気刺激療法で薬が効かないうつ病が治った