yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶 ガッテン・あさイチ・NHKスペシャルなど 放送直後の反響ツイートも紹介しています。(非公式です)

ブラタモリ 比叡山~比叡山はなぜ母なる山になった?~延暦寺開祖 最澄とホルンフェルスの関係は…【2019年9月21日(土曜日)放送 NHK総合テレビ】


ブラタモリ #143「比叡山~比叡山はなぜ”母なる山”になった?~」

2019年9月21日(土曜日)放送の『ブラタモリ』は滋賀県の比叡山へ。日本仏教のルーツここにあり!

ブラタモリ#143「比叡山」放送データ

【放送日時】 2019年9月21日(土曜日)19:30~20:15
【放送局】 NHK総合テレビ
【番組タイトル】 ブラタモリ「比叡山 ~比叡山はなぜ”母なる山”になった?~」
【ロケ地】 滋賀県・比叡山
【出演者】 タモリ 林田理沙(アナウンサー)

滋賀県大津市よりロケスタート!

滋賀県の琵琶湖最南端、大津市よりロケスタート!

タモリさんも林田アナも今回が初めての大津市上陸です。「いつもは大津通り過ぎて京都に行っちゃうんだけどこんな良いところだと思わなかった。しかし湖がデカイよね!もはや湖とは思えないよ。」とタモリさん。

テーマは「比叡山はなぜ母なる山になった?」

京都と滋賀の県境にまたがる山「比叡山」が今日の舞台。

実は比叡山は錚々たる仏教のスーパー開祖を何人も排出した「仏教の母なる山」だったのです。

奈良時代の終わりに開かれた天台宗総本山「比叡山 延暦寺」は1200年前より現在まで厳しい修行が続けられています。平成6年には世界文化遺産となりました。

  • 浄土宗 … 法然
  • 浄土真宗 … 親鸞
  • 栄西 … 臨済宗
  • 道元 … 曹洞宗
  • 日蓮 … 日蓮宗

今回のメイン案内人は、大津市歴史博物館学芸員の高橋大樹さんです。

※比叡山後編はこちら――

yonta64.hatenablog.com

広辞苑では「山」とはすなわち「比叡山」を指していた?

広辞苑では「特に比叡山、またはそこにある延暦寺(えんりゃくじ)の称」と書かれていて、古来より山といえば比叡山のことだと言われているそうです。

「山といえば富士山…じゃなくて?」とタモリさん。

ケーブルカーで山頂「延暦寺駅」へ

母なる比叡山を目指すためタモリさん一行は、ケーブルカー「比叡山坂本ケーブル(昭和8年・最大傾斜18度)」に乗車しました。「ケーブル坂本駅」から654m頂上の「ケーブル延暦寺駅」まで10数分。

比叡山延暦寺の境内は1700ヘクタール。新宿区と同じくらいの広さがあります。

山全体が延暦寺という一つのお寺で、境内には修行道場など100を超える様々な建物を含んでいます。

タモリさんは、東塔エリア、西塔エリア、横川(よかわ)エリアの3つのエリアのうちメインの法要や儀式が行われる延暦寺の中心地、「東塔」エリアへ向かいました。

仏教オールスターが大集合?大講堂へ

林田アナにお賽銭を借りて(「借金がかさむねぇ~」とタモさん)大講堂入り口でお参り。

内部では法然上人(1133~1212・浄土宗)、親鸞(1173~1263・浄土真宗)、日蓮(1222~1282・日蓮宗)、道元(1200~1253・曹洞宗)、栄西(1141~1215・臨済宗)など錚々たるスーパーお坊さんの像が並び出迎えてくれています。全て比叡山延暦寺で長い間修行し勉強したお坊さん達です。

像は各宗派のお寺が個別に作ったもので、立っていたり色のついている像など造りは様々です。全宗派それぞれが大元は比叡山にあると認めている証拠です。

比叡山延暦寺の開祖「最澄(さいちょう)」とは?

最澄(さいちょう・767~822)は法然や親鸞の先生に当たる人です。天台宗を立ち上げ、唐から仏教を伝えました。その働きにより朝廷より伝教大師という称号も得ました。

タモリさんは、大講堂をでて「開運の金(1回50円)」をつきました。

比叡山延暦寺の総本堂「根本中堂」へ

(案内:比叡山延暦寺 総務部主事 磯村良定さん)

現在10年がかりの大改修を行う「根本中堂」。こちらは比叡山延暦寺の総本堂(江戸時代初期・国宝)です。

内部にある3つの明かりは、最澄自身が明かりを灯して以来1200年間今まで一度も耐えたことがない明かり「不滅の法灯」です。

お坊さんが絶えず油を継ぎ足しメンテナンスしています。この灯りから油を断ってはいけないよ=「油断してはいけないよ」という言葉も生まれたとか(※諸説あり)

最澄の教えは根本中堂の設計に現れていた

また、中堂内部の仏様がいらっしゃる場所は参拝場所より3メートル低くなっていていて丁度参拝する人の目線に仏様の目線が合うように設計されています。

つまり、最澄は全ての人間は平等に誰もが仏様になれるという思想を表したものだと言われています。

タモリさん一行は特別に国宝の最澄直筆の書を見せてもらいました。そこには達筆な字で「己を忘れて他につくす」と書かれていました。

比叡山にはお堂を作る平地がたくさんあった?

(案内:京都大学大学院教授自然地理 水野一晴先生)

比叡山はお坊さんが修行するのに欠かせないお堂をたくさん作る事のできる平地がたくさんありました。なんと最大で3000ものお堂があったということです。

比叡山の平地はホルンフェルス製?

巌しい山頂にも関わらず平地になっていたのは「ホルンフェルス」のおかげ。

ホルンフェルスとはマグマで熱せられて別の性質に変わった岩のことです。およそ9000万年前、現在の比叡山の頂上近くまでマグマが上昇、その熱によってもともとその場所にあった砂岩などの性質が変化しものすごく固い岩ができたのです。

比叡山や京都・大文字山の山頂付近にはこうしたホルンフェルスがたくさんあるそうです。侵食されにくいため周りが削られてもホルンフェルスの平地は残ったのです。

残った平地は京都と滋賀両方向から押し上げられて隆起し高い場所の平地となったのだそうです。最澄はこのホルンフェルスの平地を見出し多くの坊や寺を建設したのです。

 

2019年9月21日(土曜日)放送『ブラタモリ「比叡山 ~比叡山はなぜ”母なる山”になった?~」』より

 

『ブラタモリ』放送終了後の反響ツイートは?

次回の『ブラタモリ』は比叡山の後編!

次回のブラタモリは、比叡山の後編。9月28日(土曜日)夜7時30分放送。

yonta64.hatenablog.com

前回の『ブラタモリ』は京都御所!

yonta64.hatenablog.com

『ブラタモリ』関連グッズの紹介!

ブラタモリ 7 京都(嵐山・伏見) 志摩 伊勢(伊勢神宮・お伊勢参り)

ブラタモリ 7 京都(嵐山・伏見) 志摩 伊勢(伊勢神宮・お伊勢参り)

ブラタモリ 7 京都(嵐山・伏見) 志摩 伊勢(伊勢神宮・お伊勢参り)