yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

要約「未来世紀ジパング 祭典目前!この夏注目のブラジルで貢献するニッポン」▽リオ・オリンピック【2016年7月11日(月)放送内容 テレ東】

未来世紀ジパング「リオオリンピック」

2016年7月11日(月曜日)夜10時に放送された「未来世紀ジパング」は、リオオリンピックでの日本の活躍について。

ブラジル・リオデジャネイロでいよいよ今年オリンピックが開催される。ブラジルで貢献する日本の技術や仕組みを特集。

【スポンサーリンク】

未来世紀ジパング番組データ

【放送日時】 2016/07/11(月曜日)よる10時(60分番組)
【放送局】 テレビ東京 系列
【番組副題】 祭典目前!沸騰のリオ 舞台裏で活躍!ニッポン勢
【ナレーター】 蟹江一平
【進行】 SHELLY
【沸騰ナビゲーター】 米倉誠一郎一橋大学イノベーション研究センター教授)
【スタジオゲスト】 坂下千里子 エメリン(モデル サンパウロ州出身の日系3世) パックン
【アシスタント】 秋元玲奈テレビ東京アナウンサー)

 

三井物産LRT次世代型路面電車

リオデジャネイロはオリンピック開催でお祭り騒ぎ。

LRT次世代型路面電車を新しく開通させた、エドゥアルドパエス市長。開通の式典に登場した。「これでリオの街もより便利に移動できる」と演説。

実はこの路面電車は、三井物産が参画して路面電車は完成した。

ブラジル三井物産支店長の、旭俊哉さんが解説。ブラジルはインフラが遅れているので貢献できたという。

開通して1ヶ月は無料運転のため連日満員の大盛況。この路面電車LRTは、オリンピックスタジアムや空港を結ぶ重要な足となる。

三井物産は、これをきっかけにして世界に日本の鉄道を売り込みたいという。

パナソニック「新型LEDモニター」

パナソニックブラジルの、金山睦さんが解説。パナソニックはオリンピック期間中にパナソニックのパビリオンを作るという。

また35会場すべてのモニターにパナソニックの新型LEDモニターを72台設置、最大135㎡のもの。パナソニックではロンドンオリンピックでもモニターを設置した実績がある。

防犯用のカメラや映像機器も担当する。トップスポンサー。

味の素ナショナルトレーニングセンター

東京赤羽ではアーチェリー日本代表が練習をしていた。日本のアーチェリーは前回ロンドンオリンピックでも金メダルを獲得している。

今回も金メダルを狙えるとても有望な競技として注目されている。

  • 林 勇気選手(女子) … 個人団体ともにメダルを目標に頑張る
  • 古川高晴選手(男子) … 前回銀メダル。連続出場

しかし、財政事情はあまりよくなく、飛行機移動(28時間)はエコノミークラスだという。(胡麻笑美子トレーナー)

スポンサーが付くようなメジャーな出場選手でなければビジネスクラスでの移動は難しい。血流が滞ると危ないのでできるだけストレッチをしながら旅をすると林勇気選手。

エアーウィーブが協力

エアーウィーブの冨田力矢さんが自社の開発したクッションを持参。エコノミーシートに引くクッションの開発をした。

おしりが楽だと、林選手。このエアーウィーブは、浅田真央選手が遠征先でも使用していたことで一躍有名になったクッションメーカー。

選手たちの意見を参考にしたクッションを開発する。エアーウィーブもトラベル用の背もたれ付きクッションを一般向けに販売したいという。

ブラジルの経済は「冬」

スタジオゲストのエメリンは、ブラジルの経済はとても寒い冬のような状態だという。

働きたくても働く場所がないという。労働者はデモをしてオリンピックの開催を反対している。石油や鉄鉱石を輸出していたが大きく下落し煽りを受けた。

ブラジル名物鶏肉「前川製作所

ブラジル名物のフランゴは、鳥の丸焼き料理。

ブラジルは世界第2位の鶏肉大国で年間1300万生産している。街の鶏工場では不況の今も増産が続く。

鶏肉は、日本にも輸出していて、鶏肉を加工する機械「トリダス・イールダス(もも肉・胸肉の脱骨ロボット)」などは(日本・前川製作所)が提供していて協力体制も進む。

この機械1台で従業員6人分の作業が可能。

ブラジルは労働規制が厳しく、給料を下げてはいけない、朝や昼の食事は会社持ち、送迎も会社持ちで労働者を雇うことが難しい。

そこで、労働者を雇うよりはハイテクロボットを取り入れるほうが楽だという余地がある。

現在ブラジルに進出しようとしている企業は、「島津製作所」「住友化学」「旭硝子」など540社にも及ぶ。

オリンピック以降の景気の回復を見込んで今からまさに「種をまく」作業が水面下で進行している。

なにせGDPは世界9位、人口は日本の倍の9億人大きな産業も育っている。

治安が悪い「日本の貢献」

リオで起きた殺人事件は1205件、1日3件の殺人が起きている。

ブラジリアでは、元警察官の、丸山公一さんが柔道を指導していた。丸山公一さんはJICAから専門家として派遣された。

日本式の警察システムを導入するために現地の警察官に同行する。

ブラジリアでは、1997年から日本をモデルに「交番」を設置している。交番が出来てからは治安が良くなりラジオ体操などもできるようになった。

また、交番には「整理整頓」「清掃」などの日本語も額に飾られている。

現在サンパウロ州に134の交番が設置され犯罪が3分の1までに減った。昔は軍隊のようだった警官は今では日本式で着包みを着てイベントを行い地域に密着した活動をしている。

ただし交番はサンパウロ州だけで、リオ市内にはない。

リオ・オリンピック開催まであと24日!

一番の注目が「間に合うか?」という問題。現在綱渡り状態で突貫工事が行われている。大統領と副大統領が汚職事件を起こしているので、開会式に誰が出るのか?という問題。

そして最も問題とされるのが「都知事は誰?」という問題。

リオオリンピックが終わったあと、東京オリンピックで旗をもらう。その東京都知事は一体誰7日?これも注目されると番組は締めくくった。

【スポンサーリンク】

未来世紀ジパング反響ツイート

【スポンサーリンク】

次回の「未来世紀ジパング」…

次回は、17年越しの悲願、上海ディズニーランドの裏側。「本物」VS「偽物」!?

未来世紀ジパング関連グッズ

リオ五輪日本代表応援ブック (コスミックムック)

リオ五輪日本代表応援ブック (コスミックムック)

リオ五輪日本代表応援ブック (コスミックムック)