yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

「あのニュースで得する人損する人。お金編」悪徳葬儀で100万円の見積もり!?,国自治体マル秘制度で450万円もらった主婦!!【2013年12月19日放送】

2013/12/19(木曜日)の「あのニュースで得する人損する人」は、楽して学ぶ!お金と健康。得と損の分かれ道スペシャル!この記事は、前編【お金編】です。

【スポンサードリンク】

 

※番組後半の【健康編】は、「あのニュースで得する人損する人」↓健康編へどうぞ。

あのニュースで得する人損する人、健康編。頻尿で命に危険?見分ける方法と、長寿村の秘密はりんごにあった!?【2013年12月19日放送】 - yonta64のテレビ番組ブログ

 

司会は、羽鳥慎一後藤輝基。ゲストは、相川七瀬、中尾彬、太田光代、今井華、大沢あかね、奈美悦子、ピース(又吉直樹綾部祐二)、吉村崇。

 

終活。そのブームの影で請求額が膨れ上がる、葬儀トラブル急増 悪徳葬儀社に絶対に言ってはいけない一言とは?

ナレーターは、森富美(日テレアナウンサー)。

 

今や都内でお墓を買おうとするとその平均額は、約300万円。(2013年お墓案内センター調べ)

 

都心の青山霊園では、約900万円もの値段がする。お墓が高くて買えないという中、増えてきたのが、最新式室内型のお墓。

【スポンサードリンク】

マンションタイプの納骨堂。その料金は、約100万円。(※墓石と永代使用料の合計)

 

終活のブームの中で行われているイベントが、生前遺影撮影会。まるでグラビアアイドルの撮影会のように専属カメラマンが撮影する。

 

生前にお棺の中に入る「入棺体験」、実際に海に行き散骨をする「散骨体験」も行われている。

 

しかし、葬儀自体の事を具体的に考えている人は少ないという。漠然と考えている人が多い。

 

そうした終活ブームとは裏腹に、葬儀トラブルは増加傾向に

国民生活センターの発表によると、この5年間で葬儀トラブルは、1.8倍に増加している。

 

昨今の格安ブームの中、インターネットでは、安さを全面に押し出す格安葬儀が沢山ある。

 

ところがいざ最終的な額を請求されると、見積もり25万円のはずが、いつの間にやら100万円に!

 

葬儀社「オフィスシオン代表取締役1級葬祭ディレクター、寺尾俊一さんは、ある言葉が葬儀トラブルに発展するので絶対に言ってはいけないキーワードと話す。

 

 

スタジオに戻る。羽鳥慎一が、新しい傾向の葬儀トラブルが増えていると話す。

 

中尾彬は終活をすでに初めていて、去年(2012年)中尾彬自身のお墓を作っている。

 

中尾彬の名前は墓石には一切書かずに、「無」という言葉だけをお墓に書いた。

 

葬儀社「オフィスシオン」葬祭ディレクターの寺尾俊一氏は語る。

 

お葬式は一生に何度も経験しない。いざお葬式になると、慌ててしまい悪徳な葬儀社の言いなりになり結果見積の何倍にもなってしまう。

 

悪徳葬儀社のトラブルの実態とは、どのようなものなのか?

葬儀一式格安25万円という格安葬儀プラン。親族だけで静かに葬儀をしたいが本当にできるのか?

 

業者は、出来ますという。しかし慌ただしくお葬式は、進み終了する。それが悪徳葬儀社の付け入る部分。

 

悲劇は、葬儀社から届いた請求書。25万円のはずが、100万円になっている。当然抗議をするが、「奥さん常識でしょ!」と居直られる。(ここで、再現フィルムで悪徳葬儀社を演じているのはドランクドラゴン鈴木拓

 

悪徳葬儀社の手口を大公開!

悪徳葬儀社の罠にハマった「得と損の分かれ道」はどこにあるのか?

 

葬儀は、なくなってから数日以内に「お通夜」その翌日が「告別式」と決まっています。

 

そのため、葬儀は急いで執り行う必要があり、葬儀を行う忙しさ自体が、葬儀トラブルを引き起こす原因となっている。

 

核家族化が進み、菩提寺など昔からお葬式などをあげられる付き合いが普段からない人がインターネット上で全く知らない業者に頼むことが普通になっている。

 

悪徳葬儀社は、依頼を受けた後、「遺影」「会葬者の人数」「席次」を決めておいてくださいと伝える。

 

会葬者への連絡は、非常に時間と手間がかかる。連絡先がわからない場合には、さらに手間がかかるので、「終活」の際、

 

「エンディングノート」に交友関係やその連絡先を記録する人が増えているという。

コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート B5 LES-E101

コクヨ エンディングノート もしもの時に役立つノート B5 LES-E101

 

 

そして遺影探し。翌朝、悪徳葬儀社がやってくる。そして数多くの罠が仕掛けられた、お葬式が始まるのだ。

 

会葬者への礼状や返礼品はお決まりでしょうか?と罠を仕掛ける。実は、礼状や返礼品は別料金。追加料金になりますよとは、一切触れない悪徳葬儀社。

 

くじら(白黒のストライブの幕)は、四間から五間貼ります。ちなみに、御坊様の経机と木証はどうされますか?

 

他にも内容が把握できないまま打ち合わせが進む。

 

悪徳葬儀社は、専門用語を入れて矢継ぎ早にまくし立てる。最終的に頼らせて主導権を握る。

 

最後には、「何も分からないのでお任せします」と言ってしまう。

 

この「お任せします」という言葉が一番言ってははイケない言葉。

 

司会者も表に飾られた花も全て別料金。その他にもお金を使わせる手口は沢山ある。

 

例えば、棺のグレードアップ。棺はそもそも仕入れ値段が全くわからない。「故人が入る最後のたった一つのお家」と話すと遺族もグレードアップしたくなる。

 

そうすると、20万円位簡単にアップしてしまう。悪徳葬儀社の常套手段。

 

僧侶の方に渡す、心づけ。50万から70万円と言われびっくりする。菩提寺がない場合に葬儀社に僧侶を頼んだ時、

 

 

そのお布施の中に葬儀社への料金も上乗せされ含まれていることがある。さらに、葬儀社の社員がお寺の衣装に着替えて出てくる場合もある。

 

請求書が着いてから抗議をしても遅く、その時には「葬儀一式25万円」に含まれない金額が多く含まれている。

 

悪徳葬儀社を見分け、被害を防ぐポイントは?

  • 依頼しても詳しい見積もりを出してくれない悪徳葬儀社
  • 金額についての説明があやふや
  • 専門用語を多用し焦らせて決断を迫ってくる
  • 世間一般はこうですよ」「個人様が悲しみますよ」と言う言葉で脅してくる
  • 事前に例えば「50万円以上にならないか」と予算の総額で尋ねることが重要
  • お布施の金額を明示しているお寺も多いので、事前に確認する
初めて喪主になる人のための親を心から見送る葬儀ガイド

初めて喪主になる人のための親を心から見送る葬儀ガイド

 

 

 

知らぬは、大損!豪華特産品、一軒家、大金をもらえるマル秘制度

来年春、消費税が上がり一層家計が圧迫されると予想されている日本。

 

しかし、国や自治体が行っている制度には、超豪華な色んなモノがもらえる得する制度がある。

「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」

「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」

 

 

 

実質たった2000円で、豪華な特産品がぞくぞく届く得する制度。「ふるさと納税

スタッフが実質2000円で豪華な特産品が届くというご自宅を尋ねる。尾花沢牛が自宅に届く。

 

さらに、豊後牛、中津からあげが届く。さらに、ぶどう豚など高級食材が合計15000円で届く。

 

これらは、「ふるさと納税」によって届いた特典だった。

 

ふるさと納税」とは、2008年に始まった制度で、地方自治体への寄付金のこと。

 

この「ふるさと納税」を使って応援したい自治体に寄付をすると、お礼の品としてその自治体の特産品がもらえる。

 

しかし、たった2000円で、こんな豪華な食材を送っていては、地方自治体は財政破綻するのでは?

 

その仕組は、ふるさと納税によって寄付した金額の2000円超える部分は、確定申告をすれば控除されて戻ってくる。

 

ある自治体のお肉の場合は、一枚に付き1万円、合計3万円を地方自治体へ寄付。後に2000円を超える部分の28000円が戻って来るので、実質2000円の負担でお肉が買えるという仕組み。

 

(つまり、2000円でお肉をゲットするには、最初に3万円を使って自治体を選び寄付する必要がある。したがって還付金が戻るまで待たなければいけないというデメリットはある。かつ年収や家族構成で負担額は変わってくるので注意)

 

インターネットで、「ふるさと納税」を検索すると様々なふるさと納税のサイトが出てくる。(テレビでは、「http://www.furusato-tax.jp/ふるさとチョイスと言うサイトが映っていた)

 

ふるさとチョイスでは、ふるさと納税でもらえる食品のジャンル別にカテゴリー分けされていて、好きな食品を選ぶだけで、様々なふるさと納税の食材が実質負担価格付きで出てくる。

 

例えば、長崎県平戸市殻付き牡蠣(生食用)が3500円。(←寄付金2万円以上)や、淡路ビーフが寄付金1万円以上で、5000円。

 

北海道紋別市のオホーツク海の流氷も送られてくる。

 

ただし、寄付金の上限がある。夫がサラリーマン、妻が専業、15歳以下の子どもが2人いる家庭の場合で、給料収入が300万円の場合は、1万2000円までの寄付が出来、確定申告で1万円帰ってくるので、実質負担は2000円になる。

 

どの自治体にふるさと納税をするのが良いか?

 

「ふるさとチョイス」のサイト運営者須永珠代さん登場。注目の地域は鳥取県。寄付1万円に対して3000〜5000円の特産品を送る自治体が多いが、

 

鳥取県は、7000円相当の特産品を送る。鳥取県総務部行財政改革局財源確保推進課の課長と課長補佐が登場。

鳥取県のふるさと納税/財源確保推進課/とりネット/鳥取県公式サイト

 

鳥取県庁のふるさと納税の実績10月現在は、5千600万円。12月には1億行きそう。

 

鳥取県中村商店へ。ふるさと納税用のカニが沢山並んでいる。実質2000円でもらえるのは、松葉ガニ1万4千円。

 

この他に7000円の肉なども実質2000円。

 

実は、米子市もふるさと納税をしている。米子市は、現在1億円を超えている。米子市ではふるさと納税で、図書館を建てた。

 

中尾彬は、沖縄県の観光大使をしている関係で、沖縄県にふるさと納税をしている。そうすると、石垣牛ハンバーグなどがおくられてくる。

 

ふるさと納税の中身を全く知らなかったのでびっくりしているゲスト。県外の人のみが寄付できるなど細かい規定があるで自治体のサイトなどを参照のこと。

 

得する制度で、450万円もらった主婦を発見!福島県矢祭町

制度で得している専業主婦、宗田真澄さん。矢祭町は出産祝い金がもらえる。第一子は、10万円、第三子が100万円、第四子は、150万円、第五子以上は、200万円がでる。

 

この金額は破格な祝い金。相川七瀬は、現在3児の母、もし四人目を矢祭町で産めば150万円の祝い金がもらえるというと、引っ越しますと、相川七瀬

 

得する制度、あこがれのセカンドライフ一軒家と車がタダに!?

長崎県・五島市福江島。一軒家の家賃はタダ。家財道具は全て提供。車もタダで提供。2年前に早期退職してこの町にやってきた。

 

なぜ、年間300万円もらえるのか?1人世帯の方の安否確認をするのが仕事。あさ、黄色い旗を掲げることで安否確認ができる。

 

国の地域おこし協力隊の制度で移住している。週五日計30時間働くことで年間の給与300万円が支給されている。

 

地域おこし協力隊は、2009年に総務省が始めた制度。過疎化が進む地域に定着・定住してもらうために制度が作られた。

 

他の地域では、年間200万円が出ている。五島市の場合は、離島手当などが出ているので他の地域よりも高い。

 

現在、地域おこし協力隊は、全国207の自治体で活躍中。

 

岡山県美作市では、棚田で1000人タップダンスを地域おこし協力隊の発案で開催するなどまちおこしに一役買っている。

 

ただし、地域おこし協力隊の働く期間は、1年から最長で3年。内容や給与は年齢や期間に制限があり、面接もある。

 

(2013/12/19(木曜日) 19:00〜20:54 日本テレビ)

後編:健康編につづく