yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

要約「主治医が見つかる診療所 肝臓の新常識と酒豪タレント肝臓ドックSP」▽肝炎ドン小西、東貴博、椿鬼奴【2016年5月30日(月)放送内容 テレ東】

主治医が見つかる診療所「肝臓」

2016年5月30日(月曜日)よる8時から放送された「主治医が見つかる診療所」は、肝臓。肝臓の新常識&肝臓ドックスペシャル。

お酒を飲まなくても発症する肝臓病(NASH・ナッシュ)についてや、主治医お薦めの肝臓を元気にする絶品料理が紹介された。

【スポンサーリンク】

主治医が見つかる診療所出演者

【放送日時】 2016年5月30日(月曜日)よる8時(約1時間)
【放送局】 テレビ東京
【放送副題】 沈黙の臓器、肝臓の最新情報&酒豪芸能人肝臓ドックSP
【所長】 草野仁
【副所長】 東野幸治
【アシスタント】 森本智子テレビ東京アナウンサー)
【番組スタジオゲスト(酒豪トリオ)】 ドン小西(65歳・2013年2月心臓を手術している) 椿鬼奴(44歳・グランジ佐藤大」さんと結婚して1年) 東貴博(46歳・2015年3月長女「詩歌(うた)ちゃん」が生まれ自宅を新築し絶好調)
【スタジオゲスト医師】 是永匡紹(これながまさあき)医師(消化器・肝臓内科・国立国際医療研究センター病院 国府台病院第一肝疾患室医長) 上山博康(脳神経外科

酒豪トリオの「ガンマGTP

今回は、ゲストの三人にそれぞれ血液検査を実施した。

その中でもお酒に関する異常がよく関係する値「γGTP」が発表された。

γ-GTPの数値は肝臓の壊れ度数。肝臓が壊れるとγ-GTPが漏れ出てくるので多いと危険。

  • (第1位)ドン小西 … 47(基準値50以下)
  • (第2位)椿鬼奴 … 22(基準値50以下)
  • (第3位)東貴博 … 20(基準値50以下)

γGTPが基準値でも危ないNASH?

千葉県にお住まいの大木マスエさん(69歳)。

2010年(63歳の時)に肝臓病を発症。

現在も治療のため病院に通っている。発覚したのは、市の健康診断だった。

当時受けた血液検査ではγGTPは46と基準値内だった。しかもお酒も飲まない。

判明した病気は「ナッシュ(NASH)」。

NASH(ナッシュ)とは、非アルコール性脂肪性肝炎。女性に多いと言われている。

肝炎とは、肝臓の炎症により細胞が破壊され、肝臓の機能が低下してしまう病気。

自覚症状は全く無い(まれにだるさや食欲不振がある)ので、初期の段階では見逃されやすい。

肝炎を放置するとどうなる?

肝炎を放置すると、「肝硬変」から「肝臓がん」に変化する。

  • NASH(ナッシュ) … 放置すると
  • ↓ 5年から10年で5~20%が
  • 肝硬変 … 放置すると
  • ↓ 5年で0~15%が
  • 肝臓がん … 最終的には癌に変化

【スポンサーリンク】

肝炎の原因は「脂肪肝

太っていると脂肪肝になる。それがもっとも大きな原因だった。

脂肪肝とは肝臓に脂肪が多く溜まった状態。

  • 肥満が原因のケース
  • 過度の飲酒でアルコール副産物が肝臓にたまる+アルコールを解毒するため脂肪は処理されず溜まってしまう

大木さんは、出産後に徐々に太り始め20代に比べると発症前には20kgも増えていた。現在食事制限と運動をして治療をしている。

最新機器「フィブロスキャン」

最新の肝臓検査機「フィブロスキャン」を今回使用した。最新の検査機器で日本にはまだ100台程度しかないという。

お腹の上から肝臓に特殊な超音波を当てることで「肝臓に溜まった脂肪量や肝臓の硬さ」を計測できる。

番組ゲストの三人が検査した。

  • 椿鬼奴 … 188(250以上で脂肪肝)⇒脂肪肝ではない
  • 東貴博 … 217 ⇒ 脂肪肝ではない。コールドプレスジュースを毎日飲んでいる。毎日6km程度ランニング。ただし夕食はお酒がとても多い
  • ドン小西 … 手術以来糖質制限中だが酒量は物凄く多い。288で脂肪肝になっている

焼酎は体にいいは間違い「糖質」が含まれていないだけでアルコールには変わりない。

筋肉は第2の肝臓と呼ばれる

筋肉は肝臓の代わりをしてくれるという。

糖質の分解物の、グリコーゲンを蓄積して体温を作ってくれたりする。

したがって筋肉が落ちると筋肉が頑張って分解していた処理を、再び肝臓がやらなくてはならなくなり肝臓が弱ってしまうという。

適度な運動をして筋肉をつけることは、肝臓の負担を減らすことができる。

脂肪肝を予防するには?

上山博康医師は昔A型肝炎を発症して皮膚が真っ黄色になったことがあった。

その時必死に考えた食材は「納豆」だった。

  • 納豆 … 高タンパク低脂肪、絶対おすすめ
  • イカ・タコ … 肝臓の細胞を再生するタウリンが多い
  • 枝豆 … イノシトールが含まれている。イノシトールは肝臓の脂肪合成を抑えてくれるため、脂肪肝の進行を予防する働きがある

「枝豆のしらたき麺」「枝豆とハトムギの薬膳スープ」「枝豆のマリネ(パプリカ入り)」が紹介された。

主治医が見つかる診療所反響ツイート

【スポンサーリンク】

次回の主治医が見つかる診療所は…

次回は、6月6日(月曜日)夜8時から。肺と呼吸を強くして健康になる!簡単に呼吸筋を鍛える方法ほか。

前回の主治医が見つかる診療所は…

yonta64.hatenablog.com

主治医が見つかる診療所関連グッズ

主治医が見つかる診療所 長生き健康法スペシャル (TJMOOK)