yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

主治医が見つかる診療所 内容まとめ『芸能人人間ドックスペシャル 第14弾』▽宍戸開に巨大ポリープ【2016年2月8日放送要約】

主治医が見つかる診療所

2016年2月8日(月曜日)放送の主治医が見つかる診療所は、芸能人人間ドックスペシャル第14弾。何かと不安のある芸能人たちの肉体を最新の医療検査技術により徹底検診。今回挑戦したのは、芸能人二世タレント。宍戸開、

【スポンサーリンク】

主治医が見つかる診療所出演者一覧

【番組副題】 「芸能人人間ドックスペシャル第14弾」
【司会】 森本智子テレビ東京アナウンサー) 草野仁(所長) 東野幸治(副所長)
【二世タレントのみなさん】 宍戸開(健康に自信ありの49歳・父は宍戸錠82歳) 梅宮アンナ(健康に自信ありの43歳・父は梅宮辰夫77歳) 三船美佳(33歳・父は故 三船敏郎) 蟹江一平(自信あり39歳・父は故 蟹江敬三

【一般のゲスト】 鈴木拓(健康には自信ありの40歳)

【番組主治医】 上山博康(札幌禎心会病院脳疾患研究所所長) 秋津壽男(秋津医院院長) 岡部正(岡部クリニック) 森一博(獨協医科大学・消化器内科) 中山久徳(祖師ヶ谷大蔵クリニック・内科リウマチ科) 姫野友美(心療内科・ひめのともみクリニック) 南雲吉則(形成外科・ナグモクリニック)

今回問題が見つかった人の人数

今回問題が見つかったのは、ゲスト5名中、5名全員だった!

番組収録の前に検査結果を総合的に判断し、番組主治医が深刻度のランク付けをしている。

深刻度第5位「三船美佳 33歳」

深刻度第5位は、三船美佳だった。しかし放置すると血管がぼろぼろになる危険性がある。

原因は普段の食生活。現在大阪で生活しており殆どが外食。焼肉やラーメンなどの炭水化物がメイン。大好物は父の影響で肉。肉を食べるとお父さんを思い出すという。

見つかった病気は「血管疲労」

三船美佳に見つかった病気は、血管の疲労度。すでに中年の血管になっているという。

現在33歳の血管年齢はなんと53歳、体重は58kgと増加し塩が大好き。これらが原因で今後動脈硬化の危険があるという。

三船敏郎も血管の病気、心筋梗塞だった。塩分を減らしてこれから生活改善に努めると良いと言われた。

深刻度第4位「蟹江一平39歳」

胃がんになりやすい胃を持つのは蟹江一平(39歳)だった。蟹江一平は車中泊が大好き。週に3,4日は車の中で眠るという。現場に前乗りして絶対に遅刻しないので便利だという。奥様と二人暮らしだが、奥様も公認しているという。

狂った甘党で、シュークリームが大好物。その代わり、酒や煙草はたしなまない。

食事は外食が基本。五目焼きそばばかり食べている。

病名は、「萎縮性胃炎」と「ピロリ菌」だった。

父、蟹江敬三の死因は胃がん。

胃にポリープを発見!

蟹江一平の胃カメラで、胃にポリープ(胃ポリープ)を発見した。ポコッとした山のような膨らみがはっきりと撮影されている。「ええ~~!」と驚く蟹江一平。

直径2cmを超えたポリープは将来ガンになるという。

胃に発見されたポリープ、現在は3ミリでがん化する可能性はほぼないという。

ただし、ピロリ菌が見つかったので可能性を減らすためにも退治したほうが良いという。

また胃の粘膜には「萎縮性胃炎」という慢性的な炎症があり、粘膜が薄くなってしまっている。これも将来胃がんになるリスクが高い。

萎縮性胃炎とピロリ菌、両方を持つ人は胃がんの発症率は約10倍となるという。

父親にもピロリ菌が居たと推察される。

まずはピロリ菌を退治することが重要。車中泊はストレスがあり良くないと先生。

深刻度第3位「鈴木拓 40歳」

第3位は、鈴木拓(40歳)。

奥さんと家族は神奈川県に住み単身赴任。食事は、外食が中心。(ラーメン、チャーハン、焼き肉、ビール、焼酎)。特にラーメンに母の思い入れがあり大好き。

ボクシングジム通いが趣味。ストレス発散をしている。

「巨大ポリープ」「頸動脈ポリープ」が見つかった。

直径約1cmの巨大ポリープが大腸の肛門付近に発見された。

実は、これはいぼ痔とは違いポリープ。一部を取ってがんの検査をすると良性だった。

ただし、早めに入院して外科手術で取る必要があるという診断だった。ドランクドラゴン鈴木は相方と一緒に手術で取りたいと話した。

また、血管年齢が73歳だという。左側の頸動脈に長さ4ミリのプラークがあり、このプラークが脳に飛ぶと脳梗塞を起こす。

【スポンサーリンク】

深刻度第2位「梅宮アンナ(43歳)」

深刻度第2位は、若年性認知しょうになる危険がある。

梅宮アンナの食生活は、ほとんどが外食。自炊は全くしない。

食べるのは、焼き肉、和牛フィレ肉、フォアグラ。昔から野菜嫌い。

運動はトレイルランニングなどをしている。

MRIで脳の断面を見てみると、脳の4箇所に白い斑点を発見。これは脳梗塞を起こしている場所。直径3ミリの小さなもので自覚症状はない。こうした小さな脳梗塞が増えると若年性認知しょうになるかもしれない。

脳梗塞の原因は「脱水」が引き金になることがある。

喉が渇く前に水分を取ることが大切。

深刻度1位「宍戸開 49歳」

深刻度第1位は宍戸開だった。

サーフィンが趣味で35年のベテラン。食生活は奥様の手料理で糖質制限をしている。外食でもタンメンなど野菜も摂る。酒は月に1,2回。

ただしどうしても、タバコだけはやめられないという。一日10本を28年間。

宍戸開に見つかったのは「危険度の高いプラーク」だった。

「尿酸値(痛風の原因)」「LDL悪玉コレステロール(動脈硬化)」「酸化悪玉コレステロール心筋梗塞の原因)」

父親も2006年に心臓の血管を治療している。

また、頸動脈にプラークがあり飛ぶと脳梗塞を起こす。

ストイックな生活をしていてもタバコ吸うことで「酸化悪玉コレステロール」が増え動脈硬化を引き起こしてしまう。

番組史上最多・最大の大腸ポリープ

宍戸開は生まれて初めて大腸検査を行った。12ミリのポリープがあり他にも合計7個のポリープを発見。7つともその場で焼ききったが、大きなものは要注意。

原因はタバコを上げたいと南雲吉則先生。番組内で辞めたいと宣言した。

今回ゲストが利用した人間ドッグ

今回番組で利用した人間ドッグは「八王子クリニック新町」(東京都八王子市)。

  • ハイクラスコース … 40万円(全身1泊2日)
  • プレミアムコース … 35万円(全身日帰り)
  • マルチスライスCT … 15万円(脳・心臓・肺)
  • 3大ガンドック … 9万2000円(胃・大腸・肺)

【スポンサーリンク】

次回の「主治医が見つかる診療所」は…

次回は2月22日(月曜日)夜8時放送。放っておくと危険な手足のしびれについて。

主治医が見つかる診療所放送後の反響ツイート

主治医が見つかる診療所関連グッズ

主治医が見つかる診療所完全医療ガイド 永久保存版

主治医が見つかる診療所完全医療ガイド 永久保存版

主治医が見つかる診療所完全医療ガイド 永久保存版