読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

要約「指原(さし)ペディア 「原宿」を検索せよ」▽ぺこ&りゅうちぇる、増田セバスチャンほか【2016年6月15日(水)放送内容 NHK】

指原(さし)ペディア

指原(さし)ペディア「原宿」

2016/06/15(水曜日)に放送された「指原(さし)ペディア」は、原宿。

東京で外国人観光客が最も滞在するエリアは、第1位「浅草」、第2位「原宿」だった。今や世界の「原宿」になっている。その魅力とはなんなのか指原莉乃HKT48)が検索で解き明かす。ぺこ&りゅうちぇるほか

【スポンサーリンク】

指原(さし)ペディア番組データ

【放送日時】 2016-06-15(水曜日)よる20時16分から(30分)
【放送局】 NHK総合
【番組副題】 「原宿」を検索せよ!
【司会】 指原莉乃(23歳・HKT48
【ゲスト】 ぺこ(20歳) りゅうちぇる(20歳) 勝俣州和 増田セバスチャン
【声】 船越英一郎

ぺこ&りゅうちぇるが登場!

今時の原宿を知る世代の代表として「ぺこ&りゅうちぇる」が指原莉乃の部屋に登場した。

ぺこ&りゅうちぇるは、原宿の十代が憧れる大人気のカップル。

原宿のショップ店員から読者モデル(読モ)を経て若者のファッションリーダーになった、若きカリスマ。

twitter.comSNSのフォロワー数は150万人以上!

ぺこは大阪出身で学生時代から新幹線で原宿に通っていた。また、りゅうちぇるは、沖縄(チェルチェルランド)出身、同じく原宿は憧れの地。

原宿街歩きスタート

ぺこにプロデュースしてもらい、「ペコガール」に衣装チェンジした金髪の指原莉乃

ここで、勝俣州和(51歳)も合流した。

勝俣州和は「劇男 一世風靡(げきだんいっせいふうび)」の元メンバー。原宿には毎週パフォーマンスをしに来ていた。プライベートでは今回20年ぶりの原宿。

原宿「竹下通り」とは?

原宿にある「竹下通り」とは、原宿駅から東に伸びる原宿エリアの中心地。

全長380メートルの通りには100以上のお店が密集している。

最新トレンド「eggnam」

eggnamというお店には、ネイルプリントシールを作れる機械「ネイルプリ」が設置されていた。

これで、ネイルをプリントしてオリジナルネイルが作れる。

1回400円でプリクラのように手軽にシールができる。指原莉乃が試してみた。

最新トレンド「オシャホ」?

オシャホとはおしゃれなスマホケースのこと。

その日のファッションの色に合わせたスマホケースをチョイス。

さっしーは、スマホは裸で持ちケースを付けない派。ぺこがさっしーのためにオシャホをチョイス。ケースは500円。

1977年「歩行者天国」がスタート

竹下通りが若者の街に変化したのは、1977年に歩行者天国が始まったことがきっかけ。

1980年代前半には、「竹の子族」、「ローラー族」、平成には「ホコ天バンド」が出現した。

80年代の原宿はタレントショップだらけ

1980年代。原宿はタレントショップだらけだった。

松田聖子」「とんねるず」「コロッケ」「チェッカーズ」「タモリ」「ビートたけし」ほかたくさんの芸能人がお店を出店していた。

現在はこれらのお店はすべて消え、いろんなお店に変わっている。

最新トレンド「巨大わたあめ」

カラフルな巨大わたあめを発見。今女子たちの間では、この綺麗なわたあめと一緒に写真を撮ることもトレンド。お店の前はちょっとした撮影スポットになっている。

【スポンサーリンク】

マリオンクレープ(MARION CREPES)

原宿に昔からある、クレープ屋さん。

1977年にオープン。40年の歴史があり、昔は18種類だったのが今ではツナピザなど「お食事系」のクレープもある。

いちごのクレープをさっしーが食べた。

日本1号店のショップ達

GUZMAN Y GOMEZ

焼いたマシュマロの中に冷たいアイスが入ったスイーツ。オーストラリアで生まれたお店が日本に進出。

台湾発のふわふわかき氷は、特注のマシンで作っていて独特の触感。

これらを手掛けるのが、レストランプロデュースをする「中村貞裕」さん。

「原宿にはSNSの発信力が高い人が集まってくる。そこで写真写りの良い商品を用意し、ミーハーを極めた人たちがSNSで商品を拡散してくれさらに商品が話題になる」という仕組みづくりをしていると語った。

世界で人気の「原宿」

あのレディー・ガガもお忍びで原宿に買い物に来るなど、ジャスティン・ビーバーブラッド・ピット、アンジョリーナ・ジョリーなども家族連れでやってきたりしている。

ここで、増田セバスチャン(45歳)が登場。

増田セバスチャンは、原宿を拠点に活動するアートディレクター、アーティスト。

きゃりーぱみゅぱみゅのライブ演出や衣装を担当する、パリやロンドンでも「かわいい」を発信している。

言葉を超えたヴィジュアルの力は強い、強すぎて千葉では浮いてしまうので原宿にショップをオープンし、売上が無いときはNHK大道具として働きながら続けていた。

原宿にも大規模店の波

現在は、世界が注目し始めた原宿には大手の大規模なお店が進出中。

一方で、増田セバスチャンのような若者を受け入れてきた個性的で小さなショップが次々と閉店していた。

観光地化ばかりするのは寂しいけど、それ以上にどんどんでしゃばって自分を派手に着飾って主張したいとりゅうちぇる。

指原(さし)ペディア+反響ツイート

【スポンサーリンク】

指原(さし)ペディア関連グッズ

指原莉乃写真集 スキャンダル中毒 (講談社 MOOK)

指原莉乃写真集 スキャンダル中毒 (講談社 MOOK)

指原莉乃写真集 スキャンダル中毒 (講談社 MOOK)