yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

お義父さんと呼ばせて 第6話「お義父さん、家族って厄介なものですか?」▽感想まとめ【2016年2月23日火曜日よる10時放送】

お義父さんと呼ばせて 第6話

2016年2月23日火曜日よる10時から放送された「お義父さんと呼ばせて」第6話は、保の姉が登場。花澤家をかき乱すが紀一郎と親父(おじいちゃん)の間を更に縮める役割も果たす。しかも、紀一郎と保の仲も少し縮まるのであった。

【スポンサーリンク】

登場人物

【保(51歳の彼氏)】 遠藤憲一
【美欄(保の彼女)】 蓮佛美沙子
【花澤紀一郎(美欄の父)】 渡部篤郎
【静香】 和久井映見

第6話 内容要約

  • 保の姉、留美子()が突然保の部屋にやってきて、美欄と出会う。24歳と聞いて驚き
  • 姉は花澤家に挨拶することになった。紀一郎と対面するがお互い会うなり喧嘩
  • 花澤家のおじいちゃんはその間に姉の留美子と仲良くなった。その後紀一郎以外の家族とも仲良くなった
  • 大道寺家は実は名家。
  • 一方、紀一郎は社内でクビになるかもしれない危機を迎えていた
  • おじいちゃんが紀一郎を馬鹿にしたせいで家を追い出され、一気にシリアスムード
  • 留美子が改めて美欄を褒め、涙を溜め「保をよろしく」と挨拶した
  • その後行方が知れなくなったおじいちゃんを探す保と紀一郎
  • それがきっかけでほんの少し保と紀一郎の距離が縮まる

少し中だるみ感?

ここに来てちょっと中だるみ感を感じました。

おじいちゃんが家を出た時に保が紀一郎に「自分の父親が生きていばもっと大切にする」と少し説教じみた事を言い始めるところはちょっと萎えました。

その後、おじいちゃんが実は息子を気にかけていたんだということを保が話したシーンでは説得力があり話は盛り返してうるっときました。

でも、最後の火事のシーンは紀一郎と保を繋げるためのいかにもドラマっぽい展開。しかも火事はボヤで単に保が自分の家に住めないという理由付けだけの設定だったのでもう少し何か別のやり方が…と少し頭に浮かびました。

しかし全体的にはとても良かった。新キャラ秋野暢子がやってきて、慣れ合いの雰囲気に風を通しとてもリフレッシュ。まさに台風キャラでした。おじいちゃんがうまく間を取り持ってお互いが親しくなるのがとても気持ちよかったです。

大道寺家が名家で、保もただの51歳じゃないなということもわかり今後の展開が楽しみです。

【スポンサーリンク】

お義父さんと呼ばせて放送後の反響ツイート

【スポンサーリンク】

お義父さんと呼ばせて関連グッズ

Yell(通常盤)

Yell(通常盤)

Yell(通常盤)