yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

√まとめ「モヤさま2(モヤモヤさまぁ~ず2) 蒲田・池上周辺」▽54年ぶりの大雪【2016年12月11日(日曜日)放送内容 テレ東】

モヤさま2「蒲田・池上周辺」ルート

2016年12月11日(日曜日)夕方6時30分よりテレ東にて放送の「モヤさま2(モヤモヤさまぁ~ず2)」は、蒲田・池上周辺をぶらぶら。

【スポンサーリンク】

モヤさま2番組データ

【放送日時】 2016年12月11日(日曜日)夕方6時30分(1時間30分)
【放送局】 テレビ塔居
【ロケ地】 蒲田・池上周辺
【ロケ日】 2016年11月24日(木曜日)【⇒ロケ日まとめ
【出演者 ※敬称略】 さまぁ~ず(大竹一樹 三村マサカズ) 福田典子(テレビ東京アナウンサー)
【今回登場した有名人 ※敬称略】 アントン・ウィッキー(カットによりエンディング付近に登場した)
【エンディングテーマ】 MOTHBALL 「Promise」

モヤモヤ「蒲田」

今回のロケ地、蒲田は東京23区の南の果て、大田区にあるエリア。

今ちょっとずつ人気が出てきている街で、映画『シンゴジラ』でゴジラが上陸を始めた川にもなっている。

昭和下町感バリバリの商店街も多く、かつては蒲田撮影所があったことから「映画の街」とも呼ばれていた。

昭和39年から続く「蒲田宝塚・テアトル蒲田」はレトロな雰囲気が残る数少ない映画館としてファンも多いと言う。

東京は54年ぶりの大雪「呑川 あやめばし」

呑川(映画『シンゴジラ』に登場した川だと三村が解説。)にかかる橋「あやめばし」からロケスタート。東京はなんと大雪だった。

さまぁ~ず(大竹一樹 三村マサカズ)が登場。今日の東京は朝から”54年ぶり(前回は1962年)の大雪”だった。

「それでも(ロケ)やるんだね。くぅ~~~!」と大竹。「なんでこの日(半世紀ぶりの大雪の日)に当たるかね」と笑う三村。

「こんにちわ~。今日寒いですけど蒲田をブラブラしていきます。」と福田アナも寒そうに登場した。

ダウジング「工房 楽天

ダウジングを販売しているお店を発見。普段は陶芸教室をやっている。

オーナーの、髙橋正晴さん(65歳)と、妻の洋子さん(67歳)が応対した。

ダウジングは、主に正晴さんが手作りで作っていて絶賛販売中。昭和40年代には水道局がダウジングを使って地中の水道管を探していたと言う。

http://www.ntv.co.jp/dash/tetsuwan_new/past/2002/1006.html(※DASH村ダウジングを利用した放送回)

「それよりも、綺麗だね~~~、そっちに目がいっちゃったよ!」とおやっさんが、美人アシスタント福田アナに食いつく。

おやっさんは、ダウジングによって血液型までわかると言う。さまぁ~ずも知らない福田アナの血液型を当てることに……。

「本当は(福田アナの)手をにぎってやるんだけど、怒られちゃうもんね……。」と正晴さん。さまぁ~ずに許可をもらうと「ほんと~~~!」と嬉しそうにテンションが上がった。

「奥さんが後ろにいるのにスケベだねぇ。」と三村が笑う。

ご主人が振り子タイプのダウジングを福田アナの手のひらで揺らして、導き出した血液型は「AB型」。

大竹はO型、三村はB型をそれぞれ予想。

なんと福田アナの血液型は、「AB型」でおやっさんが見事に正解した。

次に宮永くん(24・夜の三冠王)が、お店の奥様(耀子さん)のネックレスを持ち、お店を出て近所の美容室に客として隠れた。ネックレスを持った宮永くん自身をダウジングで探すことに……。

ダウジング能力がすごいという奥様と一緒に、みんなで一斉に探す。

すると奥様が見事に美容室で客のふりをした夜の三冠王を発見した。(途中、三村がヒントを出す場面もあったが…)

健康歩道「徳持神社」

「歩こう健康歩道」という標語を発見。モヤさまでも何度か登場したゴツゴツ石が並ぶ「健康歩道」シリーズ。

この寒い雪の降る中歩くのか?という疑問がよぎる一行。

禰宜(ねぎ)の大竹秀幸さん(42歳)が応対した。

足つぼの図がある場所には、ゴツゴツした石が八の字コース上に並べられている。11年前に設置された。

気温2°で水っぽい雪の降る中、三村が雨の中裸足になって健康歩道を「つめてぇ!」と言いながら歩いた。冷たすぎてゴツゴツした石の痛さを忘れたと三村が笑った。

マッサージ「咲顔の元気屋」

10年前(2007年7月20日放送「新高円寺」)にモヤさまが始まって3回目のロケで遭遇したマッサージ師の「マンガヤ 高倉」さん。

今年の3月から蒲田に移転してマッサージをしているという。

昭和40年頃までは、「ルパン三世」「タイガーマスク」「魔法使いサリー」などのアニメ作画監督としても活躍していたという異色の経歴の持ち主だった。

今回は、福田アナ、大竹、三村の似顔絵を描いてもらう。

みんな、美形と美少女に描き上がった。

さらに、10年ぶりのグイグイ系マッサージを受けた。おやっさんの指が口に入るが受け入れ体勢に入った三村は感想も言わず、まったくされるがままだった。

甘納豆「谷口商店」

店主の、谷口中さん(60歳)が応対した。甘納豆が蒲田の名物というのは、私が勝手に決めたと笑う明るいおやっさん。

昭和2年創業のお店の奥には、甘納豆を作る工場もある。甘納豆だけで勝負しているお店で、岡山や北海道など日本全国から取り寄せた豆を使って手作りしている。

  • 丹波黒大豆甘納豆(岡山産) … 500円
  • 北海道大粒大豆 … 500円

を試食させてもらった。久しぶりにこういうの食ったけどうまいなぁと三村。

谷口中さんは、廃校になった「都立 秋川高校」の卒業生で愛校心が強く寮で暮らした三年間は忘れられないと言う。同窓会も頻繁で今でもその寮歌を口ずさんでしまうと言う。お店で応援団風の寮歌を歌ってもらった。

今日の昼飯タイム「ら京」

お店の、山本香織さん(41歳)が応対した。絶対流通しないという珍しい魚が食べられると言う。活け締めのウツボなど毎朝館山港で流通しない魚ばかりを集めて仕入れているという。

  • 三村 ⇒ 子宝魚の煮付け 「深海魚の顔がしゃくれてますな~。(見た目より)旨いじゃない」
  • 大竹 ⇒ オジサンの塩焼き(大・小) 「オジサン(魚の名前)の味がするわけじゃない。身が柔らかい」
  • 福田 ⇒ 活け〆ウツボ竜田揚げ「身がふわふわで美味しい。竜田揚げだから匂いとか全く気にならない」
  • 三人共通 ⇒ おでん盛り合わせ 「煮込まれてるぅ~~~外さねぇよなぁおでん。」
  • 三人共通 ⇒ お店からのオススメ「ウツボの活け〆」(皮と身にコラーゲンが豊富)「(福田)ウツボの刺し身はコリコリでさっぱりしている」

アロエアロエルート」

アロエ専門店を発見。

オーナーの、山田明弘さん(68歳)が応対した。

アロエ一本で35年のおやっさんのお店はアロエクリームや粉末など40種類くらいのアロエ関連のグッズを取り揃える。

アロエは、便秘や美肌によいと言われている。お店で栽培しているキダチアロエを摘み取って食べたが、さすがに生は苦い。

アロエは”気”に関係あるかもしれない」と自ら方位磁石を気で回転させる。おやっさんがやると磁石が動いた。

真似して三人で気を送るが全く針は振れなかった。

【スポンサーリンク】

TVスタッフの卵「日本工学院専門学校

日本工学院専門学校の学生がロケをしていた。

教員の、上遠野順子さん(41歳)が応対した。なんとモヤさまのロケクルーの一人、カメラアシスタントの平田くんは、この学校の卒業生だった。

「毎日怒られてます」と大竹が上遠野先生に報告。上遠野先生は美人で「毎日何教わってたんだよ」と三村が平田くんに突っ込んだ。

約30の専門科があり、日本全国から業界を志望する学生が集ってくる。

立派なビルの内部にはスタジオがあり、地方局にそっくりな作り。

ここで、モヤさまのPRビデオを学生さん達に作ってもらうことになった。

ディレクター志望のマホガニーくん(20歳・三村が”オコエくん”と命名)。オコエくんの指示でPRを撮影するはずだったがテンパってしまい、結果的にさまぁ~ずに丸投げ状態。撮影は30秒が5分にまで膨れ上がってしまった。

楽器店「Joy Brass」

ドラムが得意な福田アナ(「8ビート 福田」と三村が命名)が喜びそうな楽器店を発見。プロの演奏者御用達で、店員さんは全員楽器が出来る。

店内には、トロンボーンやトランペットが展示されている。部長の、湯村洋さん(36歳)が応対した。

お店の、トロンボーンアドバイザー、佐々木一成さん(38歳)が三人にトロンボーンの吹き方を指導した。

三村が生まれて初めてのトロンボーンを吹くと意外に鳴らすことが出来た。福田アナも挑戦するが、途中で「うっふん」と息が切れてしまい。すかさず「うっふん」って言うなら俺に聞かせてと三村がラッパ部分を耳元に近づける。

なぜかその時だけトロンボーンが鳴ってしまい大きな音にびっくりする三村だった。

マネージャーの長くん(27歳)の弟(長 哲也さん)はプロの楽器奏者(パゴット)で「東京都交響楽団」に所属している。

実は、兄弟一緒に楽器を始めたが才能が開花したのが弟さんだった。試しにトランペットでドレミの歌を吹いた。

今回は、大竹の誕生日に合わせて店員さんがハッピーバースデーを演奏した。さすが楽器が出来る店員さんとても重厚なオーケストラのハッピーバースデーで、大竹が「すげぇいい。パレードしてるみたい」と喜んでいた。

DOC 東京アート・ラボ

かなり揺れるリフトを使って降りると、遊び心満載の絵が展示されていた。

路地裏地下には、おしゃれな海外アートが沢山。代表の、大島洋介さん(38歳)が応対した。

部屋にあるアートのうち30万円の値段がついた作品をそれぞれ当てた。

大竹の選んだ「ヒロヤマガタ・霧のゴールデンゲートブリッジ」だった。

スピードボール教室

指導員の、須崎優太(32歳)が応対した。スピードボールはエジプト発祥の世界選手権もあるスポーツ。須崎さんは、スピードボール選手だった。

三人も初体験した。なかなかタイミングが掴めない難しいスポーツだった。

カットシーン「アントン・ウィッキーさん」

カットになったアントン・ウィッキーさんのシーンは番組の最後、ナレーションベースで紹介された。

お店は、「アーユルヴェーダ・キッチン ディデアン」。2年半ぶりの再会となるウィッキーさん(76歳)。お店ではウィッキーさんが英会話教室もやっているという。

(以上、モヤさま2 蒲田・池上周辺 2016年12月11日放送分)

【スポンサーリンク】

モヤさま2反響ツイート

当ブログのモヤさま2関連記事

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

次回の「モヤさま」は鳥取・島根

次回のモヤさまは、鳥取・島根をブラブラ。

モヤさま2関連グッズ

モヤモヤさまぁ~ず2 2017年 カレンダー 壁掛け

モヤモヤさまぁ~ず2 2017年 カレンダー 壁掛け

モヤモヤさまぁ~ず2 2017年 カレンダー 壁掛け