読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

√まとめ「モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま) 金沢」▽狩野アナ最後の地方ロケ【2016年8月28日(日)放送内容 テレ東】

モヤモヤさまぁ〜ず2 石川県

モヤさま2「石川県金沢市

2016年8月28日(日曜日)よる6時30分テレ東にて放送の「モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま2)」は、金沢。兼六園をぶらぶらしたり、遺影を撮影したり金沢を満喫したさまぁ~ずと狩野アナ。(※ロケ日は8月2日)

今回で狩野アナの地方ロケは最後になる。久々の橋本真也スタイルの水着で「拝みシャンプー(拝シャン)」も披露、三村・大竹の背中を流す。

【スポンサーリンク】

モヤさま2番組データ

【放送日時】 2016年8月28日(日曜日)よる6時30分から(1時間30分)
【放送タイトル】 モヤモヤさまぁ~ず2
【放送局】 テレビ東京
【ロケ地】 石川県金沢市
【ロケ日】 2016年8月2日ごろ ⇒ ロケ日のツイート

モヤモヤ金沢

狩野アナがこの秋に卒業する。最後の地方ロケとして選ばれた場所は「金沢」だった。

金沢は北陸三県(福井、富山、石川)で一番人口の多い街。

16世紀に前田利家(まえだとしいえ)が開いた城下町で、当時は江戸、大阪、京都に次ぐ大都市として栄えていた。

2015年には北陸新幹線が開通して東京から2時間半の距離となる。日本海の新鮮な海の幸(近江町市場)や、時代劇の舞台のような街中の武家屋敷跡(長町武家屋敷跡)、素人にはさっぱりわからない現代アート金沢21世紀美術館)など見どころはたくさんある。

おなじみ兼六園からロケスタート

さまぁ~ず(大竹一樹 三村マサカズ)が登場。背景が井の頭公園のようだが、新幹線で移動した記憶があるので少なくとも”井の頭公園”ではない場所だということは確実だと三村が笑った。

狩野恵里テレビ東京アナウンサー)アナも「こんにちは~」と元気に登場。

ここは金沢の有名な観光地「兼六園」。

兼六園日本三名園のひとつで、加賀藩の藩主により作られた、江戸時代から続く庭園。モヤさまが北陸に来るのは初めてで天気は晴れとなった。

公園に来た記念に、偶然フランスから来ていた観光客のカップルにお願いして、三人(さまぁ~ず+狩野アナ)の写真を撮ってもらう。

ミニ美術館「株式会社光画社」

写真館を発見。代表取締役社長の、近岡正太さん(43歳)が応対した。

創業80年以上の老舗写真館。玄関の一角で、おじいさんの代から使ってきた古いカメラを展示している。

最近は「終活」ブームに乗って、生前にお葬式用の写真を撮影に来るお客さんが増え写真館の役割も変化しつつあるという。

来年で50歳を迎える三村と大竹が、”遺影”を撮った

撮影時にリラックスするために、ご主人の近岡さんが小ボケを何発も かましながら撮影した。

撮影した中から選ばれた三村のベストショット。遺影のはずが、Tシャツには「HAVE A NICEDAY」(良い一日を!)と書かれていて笑いをさそう。

一方、大竹の遺影ベストショットは「参列者への誘い笑い」顔。お葬式に来た人が思わず誘われて笑っちゃうような表情でとても良い、と三村。

【スポンサーリンク】

ひがし茶屋街休憩館

古い町並みが残る観光客に人気のエリア。伝統的な建物の保存地域になっている。

ひがし茶屋街休憩館には、西川正一さん(77歳)がシュロの木の葉っぱを使ってバッタの形を編んでいた。

7,8年前から作っている。西川さんは、なんとYoutubeで作り方を覚えたという。

こちらの休憩館では、観光客向けの無料案内サービスを行っている。

お隣のお宅の植木に、シュロのバッタ(虫の)細工を置く三人。どこに置いたか当て合いをした。

お隣のお母さんがとてもスラリとした体型の「オシャレパンツルック」で登場。大竹と三村が「すごいスラっとしたオシャレパンツルック」ですねと声をかけた。

押し寿司「金澤寿し」

押し寿司体験ができるお店。中ではたくさんの「緑のおばちゃん」たちが待っていた。ユニフォームがみんな緑色。

金澤ではおめでたいことがあると作る定番の料理「押し寿司」をつくっている。

お店の、又野恵美子さん(71歳)と、纓田千恵子さん(69歳)が押し寿司のやり方を教えてくれた。

又野さんが押し寿司の歴史を延々と喋るため、しびれを切らしてしまう。とにかく緑のおばちゃんたちは代わりばんこにずっとしゃべり続けている

三人で、好きな具材を置いてオリジナルの押し寿司を作った。また最後の仕上げに今回特別の「金箔」を貼った。

ヨーロッパ大好き「飾水引の豊広」

廣澤豊子さん(77歳)が案内した。「共白髪」(共に白髪の生えるまで末永く幸せにという願いが込められた水引)などがお店には展示されていた。

水引はここでは作っていないが、他に女将さんが自ら作るキーボルダーや「加賀水引細工」などを販売している。

女将さんは、旅行が大好きでスイスやクロアチアなど20カ国以上を訪問している。旅行アルバムを見せてもらう三人。ご主人の、廣澤郁夫さん(82歳)も出迎えた。

アルバムには、「情熱のスペイン・悠久のポルトガル」「フランスまるごと大周遊9日間」などお手製のタイトルが入っていてとても味がある。

近江町市場

近江町市場へ移動。この市場は約290年前に魚市場として開かれた。約170軒のお店が並ぶ金沢市民の台所。

ohmicho-ichiba.com

岩ガキ「島田水産」

近江町市場内のお店。

たくさんの岩ガキがずらり。丁度旬のためとても大きい。専務の、山岸弘さん(44歳)が応対した。岩ガキは大きい方が美味い。10年かけてこの大きさに成長する。

三村がこの日一番大きい岩ガキを食べた。「うーん海のミルク~~~。味が濃い!後味が美味しい!」ととても美味しそうに頬張る。しかし三村、ここは持病の痛風を心配しながら食べている。

さらに、”プリン体”を避け無くてはならない三村だが、「極上の”バフンウニ”」まで試食した。「何かになっちゃう!!」と三村が笑う。(何か?とは痛風のこと)

今日のメシ「澤ノ屋 丼」

狩野アナが大好きな丼もののお店。店主の、沢野新太朗さん(30歳)、お店の沢野光彩さん(26歳)が応対した。

丼の専門店、地元住民しか開拓できないルートで魚介類を仕入れているので安くて質の高いネタが自慢だという。

とくに、北陸名物の「のどぐろ」の丼は大人気。テニスの錦織圭選手が「日本に帰ったらのどぐろが食べたい」と言った事で価格が高騰した事もある。

  • 三村 ⇒  特選海鮮丼 「すげぇ事になったな。(色んな魚がありすぎて)どっから食っていいかわかんねぇよ。うめぇ…やべっ!あまい!」
  • 大竹 ⇒ 毛ガニ丼 「毛ガニ美味いね!全然臭みもないし」
  • 狩野 ⇒ のどぐろ炙り丼 「すごい脂ですよ!おいしい!大正解です!」

店主の沢野さんが、金沢の売りを聞かれ「特に無いっすね…」と引き気味の回答。家では魚に飽きて肉ばっかですと謙虚な人柄の店主だった。

トイレの神様「松崎神堂店」

店主の、松崎啓二さん(67歳)が応対した。トイレの神様とは「加賀百万石」の風習だという。

トイレの神様」の歌よりも先に始めたという。元々は、家を新築するときにトイレの下に「おはぎと人形」を埋める風習があった。

現在は、マンションなどで埋められないため、トイレの神様という神棚を作り埋める代わりになればと販売している。

まさか「トイレの神様」なんて歌がヒットするとは思わなかったとおやっさん。その他にも「宝くじの神棚」もある。

宝くじを当てる方法も教えてくれた。

  • 連番で買った場合に下一桁を0から9まで買えば確実に当たる
  • 下二桁を100枚買えば完全に3千円は当たります(聞き取りづらく分からない)

おやっさんが教えてくれたのは、神頼みの方法ではなく、宝くじのテクニックだった。

ミステリーカフェ「謎屋珈琲店」

お店の前で「なぞなぞ問題」を出している珈琲店。店主の、郷司峰義さん(34歳)が案内した。

注文すると質問が出てくる。店主はミステリーが大好きな方で、執筆活動もしている。ほんとうは小説家になってからカフェをやろうと思っていたが、小説が入選しないため、先にカフェを始めた郷司さん。

一つ注文するとなぞなぞを出してもらえる。大竹と、狩野アナが問題を解いたが、三村だけが問題を解けなかった。

「オレも(問題を解いて)かっこよくなりたい!」と問題だけのために、もう一つデザートを注文してなぞなぞを出してもらった。その問題とは…

次の規則性にしたがって?に当てはまる文字を答えて下さい。

H  = 1

S = 4

K = 8

? = 34

答えは、北海道=1、四国=4県、九州=8県、?=本州=34県だった。狩野アナが一番先に回答、その次が大竹、三村がやっぱり答えられなくて本気で悔しがっている。

「やべぇ!お金使っちゃうわここ!」となぞなぞに夢中になった三人だった。

無人販売「れとろ・やしき」

「ご自由に入場して見て、買ってネ!」と看板にある。面白そうなので入ってみる三人だった。無人販売所。お店をたたみたくて速く売り切ってしまいたい。ネットで写真をとって広めてね!と書かれている。

入ってみるとみんなガラクタに見えるのに割りと高い。「たけぇわこれ!」と、大竹ねとねとしたハンドルの三輪車などが1,000円する。瓶の蓋なども高い。

電話してお店の方を急遽呼びだしした。

店主の、村井円さん(38歳・女性)が自転車で登場。村井さんの親が陶器店を営んでいてお店を潰して人に売るので、在庫処分が目的の販売だった。

値段は勘でつけている。しかし買いたいものが全く無いさまぁ~ず。仕方なくおチョコを購入してお店を出た。

ミニブタ店長の「TABOO」

お店の前でミニブタ「ロン」くんが飼われている。100円で餌を買い、動物の苦手な狩野アナが餌をあげるが怖いのでうまくあげられない。

変わって三村と大竹が餌を上げた。ブタが餌を食べるときしゃくれて食べるのでその表情がとても可愛い。

代表の、中川大輔さん(36歳)が応対した。しかしブタを飼っているのにお店は豚肉料理店。

店内には、もっと大きなミニブタが居た。「バオ」君は最初はとても小さかったが2年で物凄く大きく成長した。店頭に出してもらったバオくんまるで千と千尋の神隠しに出てきた大きなブタにそっくり。顔は芋洗坂係長だと大竹。

加賀 山代温泉「瑠璃光」

今日の前編のロケは終了。

加賀に移動した。今回宿泊する温泉は「瑠璃光」。広々とした豪華な客室と加賀の食材を使用した創作会席が楽しめる旅館。


 

貸し切りの温泉に入浴した。さっそく湯船に「らっつ!(熱っ!)」と入る。疲れが一気に取れそうな熱いお湯。

そこに、狩野アナも浴衣姿で登場「ご一緒してもいいですか?」と浴衣を脱ぎ、お馴染みの橋本真也スタイルの水着になった。

最後の泊まりのため、大竹と三村の背中を流した。三村に「今の気持ちどうなの?」と聞かれると、「いやぁ、なんか3年半やっていて楽しかったなぁ、感謝しか無いなぁ」と思ったと話す。

三村と大竹が、狩野アナに最後の「拝みシャンプー(おがしゃん)」を見たいとリクエスト。

「テレビでシャンプーしているところを旦那さんのご両親も見ていると思うと(恥ずかしい)」と狩野アナ。

最後は拝シャンをしながら「では、また来週です!」と斬新な番組終了のまとめで終わった。

【スポンサーリンク】

モヤさま放送時の反響ツイート

https://twitter.com/rei4536/status/769915452411613184

次回の「モヤさま2」は…

次回のモヤさまは、「加賀」。松井選手のお父さんが登場。

√まとめ「モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま) 金沢・加賀」△狩野アナ最後の地方ロケ後編【2016年9月11日(日)放送反響ツイート テレ東】 - yonta64のテレビ番組ブログ

前回の「モヤさま2」は…

yonta64.hatenablog.com

モヤさま2関連グッズ

モヤモヤさまぁ~ず2 DVD-BOX VOL.24、VOL.25