yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

ルートまとめ「モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま) 湘南 江の島」▽江ノ電、しらす丼、さんぽちゃんほか【2016年6月26日(日)放送内容 テレ東】

モヤさま2「湘南 江の島」

2016年6月26日(日曜日)6時半に放送された「モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま2)」は、湘南・江の島周辺をぶらぶら。(ロケ日は、6月9日頃

【スポンサーリンク】

モヤさま番組データ

【放送日時】 2016年6月26日(日曜日)よる6時30分から(1時間30分)
【放送局】 テレビ東京系列

江の島・湘南周辺

江の島は、神奈川県藤沢市にある島。古くは徳川家康なども参拝に来ている場所で、昔から観光地として栄えた町。江島神社江ノ島シーキャンドルなどの人気スポットがある。日本のモンサンミッシェルと言われているとかいないとか。

周囲約5キロの島には現在約360人の人が暮らしている。

ロケスタート「江ノ電 七里ヶ浜駅

さまぁ~ず(大竹一樹 三村マサカズ)が湘南「江ノ電 七里ヶ浜」の駅前に居る。モヤさまでは、湘南でロケをすると(2011年5月22日江の島など)いつも曇りか雨。今回も曇りとなった。

さまぁ~ずの二人が昔良く来た「七里ヶ浜(略して七里)」では、ほとんど波のない場所でサーフィンをしていた為「泡サーファー」だったと笑う。

ジャーマンペットハウス鎌倉店

お店の看板犬、フレンチブルドッグの、文太くん(オス1歳)と杏珠ちゃん(メス2歳)がお出迎え。

店内はとてもオシャレ。ドイツ製のペット商品を専門に取り扱っている。ドイツはペットにとても優しい町。

店長の、髙橋久美さん(29歳)と、スタッフの、尾鷲千絵さん(33歳)が案内した。

人間用の材料で作ってあるので、食べても美味しいという。そのジャーマンペットフードを試食した。

三村が「味薄いなぁ~~~」と言いつつ食べる。味が薄いコンビーフのよう。

フレンチブルドッグの二匹と一緒に、店内で購入したフリスビーのおもちゃで遊ぶ。しかしフリスビーにはまったく反応しない。

江ノ電で江の島駅へ

恒例の「Bカメ探し」をした。走る電車の車内から、さまぁ~ずと狩野アナが乗った電車を撮影する別カメラ(Bカメ)を発見するゲーム。

カメラだけでは発見できそうにないので、放送作家見習いの宮永くん(24歳・通称=ピンク宮永くん)が目印役になるようさまぁ~ずから命じられた。

しかしBカメが待機した場所が「峰ヶ原信号場」という、電車が一時停車する場所だったため、江ノ電は停車。丁度さまぁ~ず達が停車した場所に居たためいとも簡単にBカメが見つかってしまった。

しかもスタンバっている途中の宮永くんの「巨人軍坂本選手ものまね姿」も丸見えだった。

御菓子司 扇屋

江ノ電の実物が店内にある江戸時代創業の和菓子屋さん。杉並芳子さん(78歳)、夏子さん(40歳)が応対した。

店内の江ノ電は、平成2年3月まで走っていたもので譲ってもらったという。「江ノ電もなか」を昭和60年から販売していた縁で本社から電車本体を譲り受けた。

お店の前は、江ノ電路面電車になる唯一のスポットで電車マニアにはたまらない貴重なエリアだという。

店内で、江ノ電もなかを作らせてもらった。店主の、善久さん(47歳)と由香子さん(16歳)に指導してもらう。モナカを汚さないように餡を入れるのがとても難しい。

江の島に上陸

5年前は、大雨で悪夢のようだった江の島に再び上陸。今回は曇だが雨は降っていない。

イケイケ店主の「タタミイワシ」

イケイケの店主、川口裕子さん(46歳・孫二人)がタタミイワシを焼いていた。生のり入でとても美味しい。

焼きたてで、マヨネーズや醤油で味付けするとパリパリとても美味しい。

川口さんが自慢のタタミイワシをPR。その後大竹が川口さんの演技指導をするが、反対に見本おねがいしますよ~~~と仕切られてしまう。バリバリでイケイケのお母さんだった。

江の島ヨットハーバー

2020年の東京オリンピックパラリンピックでは、ここでヨット競技が行われることが決定している。

副主幹の、矢野忠信さん(45歳)が案内してくれた。

セーリングをセーラビリティ代表の、北川源太郎さん(73歳)の指導で体験した。病み上がりの大竹が快気祝いを兼ねてヨットに乗ることになった。しかし風がないので大竹のヨットも全く動いていない。大竹の表情も次第に険しく動かなくなった。

磯料理「きむら」

今日のお昼は、江の島の路地裏にある穴場的名店。従業員の、山本洋子さん(73歳)が応対した。

  • 三村 ⇒ 釜あげしらす丼
  • 大竹 ⇒ つぼ焼・焼きはま定食
  • 狩野 ⇒ まぐろ丼
  • 三人 ⇒ キンメ煮付(半身)+釜あげしらす+焼きハマグリ

焼きたてのはまぐりがすごく美味しい。海に来た感じがすごくすると三村。狩野アナが目のコラーゲンを食べた。無味だったという。

エスカー(屁スカー)

山頂まで上がるため徒歩ではなく有料のエスカレーター「エスカー」がある。前回来た時は、大竹が屁をこいた「屁スカー」。

ここでまたしても大竹が屁をこいた。

江の島の頂上へ

頂上の広場では、パントマイム大道芸をしている。

パフォーマーの、Entertainer Hi2さん(25歳)。

江の島では大道芸のコンテストが開かれている。Hi2さんは江の島市観光協会から発行されるライセンスを持つ。

首のアイソレーションなどのパントマイムを教えてもらう。

江ノ島シーキャンドル

江の島のシンボルタワー、江ノ島シーキャンドルへ。

高さおよそ60メートルの展望灯台。日本夜景遺産にも認定されている。

展望台から、さかEくん(放送作家見習い)を探すゲームをした。

ものすごい大声で「ラッセンが好き~~~!」と叫んでいた。よく見るとそれがさかEくんだった。なかなか面白いとさまぁ~ずに認めてもらった。

世界の貝の博物館「貝広物産店」

店主の、片野義雄さん(73歳)が応対した。「ドウントタッチ」と注意書きされた、アンモナイトの化石などが所狭しと展示されている。

明治44年創業のお店。貝細工職人の初代が始めたお店でおやっさんは三代目にあたる。

世界中から貝を集めている。

江ノ島さんぽちゃん」という藤沢市のキャラクターアイドルをPR。照れながらPRするおやっさんだった。江ノ島さんぽちゃんを好きすぎて急にあたふた落ち着きがなくなってしまった。

変わり種アイス「きたさん茶屋」

しらすアイスなど、変わり種ソフトクリームが売っているお店。

店主の北村耕二さん(56歳)が応対した。

20年前に創業。一番人気はしらすソフト。狩野アナが辛子ソフトクリームを作って食べる。「ああ、まずい」と三人に加えて店主のおやっさんも一緒に笑う。

魚見亭「江の島ラーメン」

ロケ終わり、「魚見亭」に入店。一面オーシャンビューでとても綺麗。

スタッフの、宇田川陽平さん(28歳)が応対した。

  • 三村 ⇒ 江の島ラーメン
  • 大竹 ⇒ 江の島ラーメン
  • 狩野 ⇒ 生しらす

生しらすが、するっと美味い。ビールが飲みたいと三村。サザエと海藻が乗った江の島ラーメンも美味い。

【スポンサーリンク】

モヤさま+反響ツイート

【スポンサーリンク】

次回の「モヤさま2」は…

次回は、高円寺周辺。三村が再びお化け屋敷リベンジ!?

前回の「モヤさま2」は…

yonta64.hatenablog.com

モヤさま関連グッズ

モヤモヤさまぁ~ず2 DVD-BOX(VOL.26、VOL.27)