yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

ルートまとめ「モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま) 伊豆 修善寺」▽大竹緊急入院、代打は はいだしょうこ(歌のお姉さん)【2016年6月12日(日)放送内容 テレ東】

モヤさま「伊豆修善寺

2016年6月12日(日曜日)放送の「モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま2)」は、大竹がいない街、伊豆・修善寺

伊豆半島の北部に位置し、1200年以上前に弘法大師修善寺を開いたのち伊豆半島で最も古い温泉地として発展した。伊豆の小京都とも呼ばれている。ミシュランを取得した名所もあり外国人にも人気の街。

代打は急遽ホリプロの偉い人から直々に呼び出された「はいだしょうこ」歌のお姉さんだった。(ロケ日は5月26日頃

【スポンサーリンク】

モヤさま番組データ

【放送日時】 2016-06-12(日曜日)よる6時30分(1時間30分)
【放送局】 テレビ東京系列
【番組副題】 伊豆修善寺【出演】 さまぁ~ず(三村マサカズ 大竹一樹(欠席)) 狩野恵里テレビ東京アナウンサー)

修善寺前からロケスタート

三村マサカズが困った顔をしている。「いやぁ~あのね…、こういうところの前で…ね…非常に環境の良いところで…ね…」

とたった一人でオープニングのしゃべりをした。

「つらいわ!」と大竹が居ないのでやりづらい三村だった。

テレビ東京アナウンサー、狩野恵里が「三村さん!大竹さんは?」と登場した。

大竹が休んだ理由とは?

大竹は、「筋膜炎」のため足が動かず、車いすで生活しているという。「えっ!!」と驚く狩野アナ。

ロケ前日に、発症し緊急入院した大竹、テニスの錦織圭もかかったことがある病気で、激痛が走り歩けない状態になる。

二人で番組が持つか心配なので番組10年目にして初のスタイルで放送された。

伊藤Pが「だいぶお二人ではキツイですよね」とホリプロに急遽代役をお願いしたところ、朝には間に合わなかったのでロケ途中から合流する。狩野アナも三村も誰かは知らない。

生わさびソフト「独鈷茶屋」

おやっさんは、歯茎の治療中でうまくしゃべれない。

生わさびがとても大きいが本物のわさびはそんなに辛くはないとおやっさん。

修善寺温泉外の中心にあるお茶屋さん。生わさびソフトクリームが売り。普通のソフトクリームにすりおろしたばかりの生わさびをつけて食べる。

三村と狩野アナが試食した。大人の味だと好評だった。

また、おやっさんは結婚相手も募集していた。2年前奥さんを亡くされ、中学生の娘と二人で暮らしている。将来が不安なので新しい奥さんを募集中だという。

わんこいん十割そば さくだ

一度来たことがある十割そばのお店。オーナーの、作田強さん(76歳)が応対。

前回は2012年4月22日放送伊豆の時に大江アナと一緒に来ていた。お店にはその時の写真が飾られていた。

4年前のモヤさま効果で人気が爆発し、メニューは500円のおまかせコースのみで営業中。

おまかせコースを発注。うまい!やっぱここうめぇわ!と好評。

竹林の小径

周りはすべて竹竹竹。しかし大竹はいない。

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで二つ星を取得した小径。

大きな丸い竹でできたベンチに寝転がる二人。しばし空を見上げて感傷にひたる。

【スポンサーリンク】

大竹の代打登場!一体誰?

ここで、大竹の代打が到着した。ホリプロから送り込まれたのは、しょうこお姉さんこと、はいだしょうこ。だった。

はいだしょうこは、京都でお仕事をしていて急に伊豆に呼び出されてビックリしていると笑った。ホリプロの偉い方から連絡があり家族旅行をキャンセルして駆けつけた。

ボットル 射的「山口遊技場」

4年前に一度訪問したお店。

山口久江さん(67歳)が応対した。60年以上続く老舗の遊技場。ボットル落としは木でできたボトルをボールで落とすゲーム。

  • はいだしょうこ … 全部はずれ
  • 三村 … 5個残った、2回めは4個。以前よりもボトルが残ってしまう結果になった

紙切り「伊豆作家のギャラリー カルノ造舟」

水口千令さん(32歳)が応対した。

こちらでは物凄く細かい紙切り作品を製作展示販売しているお店。

水口さんは紙切り作家で昭和ノスタルジーが大好きだという。

学校の教材の挿絵(静岡県小中学校道徳副読本「心ゆたかに」)や、バスのデザイン画にも採用されている。

即興で、三人の似顔絵を切り絵にしてもらえる事になった。出来上がった三人の切り絵に感動する三村だった。

しょうこお姉さんは、お得意のすごく小さい動物の絵を描いた。

水口さんが「しょうこお姉さんの絵を肉眼で見れるとは思いませんでした」と感動していたと三村。

斉藤せつ子さんの趣味の店

民家の軒先でフリーマーケット的にやっているお店を発見。

斉藤せつ子さん(73歳)が応対した。

ここは色んな物が売っていて斉藤せつ子さんご自身は「趣味屋さん」と呼んでいる。EXILEのマスクも作って販売。お店に並べているのは、斉藤せつ子さんが趣味で手作りした作品だった。

元々みかん農家だが、シーズンオフでも何か売りたいと始めたという。

女将さんは、30年ほど前にモダンバレーも昔やっていてその時の写真も飾られていた。「蹴飛ばすぞ!」と照れながらバレエ・ダンスを披露した。

修善寺 虹の郷

山を登り、修善寺 虹の郷にやってきた三人。慣れてきてぼーっしてきたとはいだしょうこが笑う。

修善寺 虹の郷は、伊豆市姉妹都市関係にあるカナダのネルソン市やイギリスの古い町並みが再現されたテーマパーク。

鮎「串や」

代表の水口隆司さん(61歳)が応対した。

狩野川の天然鮎がいけすに飼われている。虹の郷の中にあるお店で鮎の専門店。

プロの技で鮎を絶妙な焼き加減で串焼きにしてくれる。

「モヤさまを観てからママと一緒に寝るからさ、モヤさまの夜は愛乃夜さ」とおやっさんのラブラブぶりも披露された。

鮎の塩焼きを試食。鮎のアラ汁で「鮎の出汁茶漬け」を試食した。東京じゃ味わえない絶品のお茶漬けだった。

伊豆極楽苑

黄色い鬼が出迎えてくれる「伊豆極楽苑」を訪問。

すると突然、元歌のお姉さん、はいだしょうこが「鬼のパンツ」の踊りを一緒に踊った。三村が恥ずかしい!許してもらっていいですか?と笑った。

案内係の、佐藤華扇さん(56歳)と、佐藤彰洋さん(27歳)が応対した。

ここは、あの世のテーマパーク。死後の世界を展示している。創立30周年になる。

展示物を全て手作りした。あの世の世界を見学。色々な地獄知識満載。極楽も体験した。

極楽へ行くための通路が鏡張りでしょうこお姉さんが必死にパンツを見せないようにしながら歩いた。

はいだしょうこの待ち合わせ場所

はいだしょうこは、ご主人と天国で待ち合わせる場所を今から決めているという。

テレビで言うとみんなが集まっちゃうから混んじゃうから秘密ですと笑う。

今日のお昼「竹林のかくれ家 レストランひぐらし

竹の子ご飯の看板を発見。そういえば今日はまだ落ち着いて飯食ってないよね、と三村。今日は「昼飯大臣」の大竹がいない。

お店はかまどで炊くご飯などがあり田舎に来てご飯をいただく雰囲気を味わえる。

店長の、中村武さん(53歳)が応対した。

古民家を移築して始めたレストラン。

  • 三村 ⇒ ひもの膳 金目
  • しょうこお姉さん ⇒ 焼き鳥膳
  • 狩野 ⇒ 豚焼肉膳
  • 共通 ⇒ 竹の子ご飯+炭火焼きおにぎり ふきみそ

ここで大竹に電話をした。ははははっすみません今日ロケ行けなくてと元気そうな声だった。足が一切動かない歩けない状態となり物凄く怖かった夜中に死ぬと思ったという。

そんな状態でも日課のため、朝は家の家事をやってから入院したと大竹が話すと、大爆笑する三村だった。

「大丈夫だったら、今から修善寺まで来て!」と三村が言うと「それはダイジョブ」と断る大竹。

ほぼ味のない中の筍の品のある風味だと三村。しょうこお姉さんは、ふきと人参と玉葱が嫌い。

【スポンサーリンク】

初景滝(しょけいだる)

河津地方では滝を「たる」と呼ぶ。踊り子と私のブロンズ像が滝とマッチしている。

マイナスイオンを浴びて大自然のパワーを貰った。

丸い石を投げて岩のてっぺんに載せるところがあり三人で投げてみたところ、しょうこお姉さんが見事に願い石を岩の上に載せた。

乗馬クラブ 天城ホースビレッジ

三人で馬に乗った。かわいい子どもたち(かんたくんとももちゃん)が「こんにちわ~」とお出迎えしてくれた。

代表の、鈴木拓郎さん(40歳)が応対した。

1987年開業の乗馬クラブ。現役を引退したサラブレッドが居る。

人参のエサやりを体験した。

大滝温泉「天城荘」

日帰り温泉を体験。畠山たまみさんが応対した。

完全男女混浴になるので、水着着用で温泉に入ることに。

三村が小学校以来のスクール水着を着用して滝の温泉へ。大滝は映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地としても有名な場所。阿部寛もつかった由緒正しいお風呂だった。

ついに変速モヤモヤさまぁ~ずが完了。みんなの良い雰囲気がそのまま伝わって面白かったと、しょうこお姉さんが最後滝の前で「アナと雪の女王のLet it go」を歌った。

 

これも「モヤさま」の歴史の1ページになります。 大変な代役、ありがとうございました!

小高 亮さん(@odaka_p)が投稿した写真 -

モヤさま+反響ツイート

次回のモヤさまは…

次回のモヤさまは、香港。大竹が元気に復活した姿も。

前回のモヤさまは…

yonta64.hatenablog.com

モヤさま関連グッズ

しょうこのMy Favorite Songs

しょうこのMy Favorite Songs

しょうこのMy Favorite Songs