読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

ルートまとめ「モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま) 川崎周辺」▽神奈川県川崎市。三村声枯れ、ポラロイドカメラ店ほか【2016年5月29日(日)放送内容 テレ東】

今日のモヤさまは「川崎」

2016年5月29日(日曜日)よる7時30分から放送の「モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま2)」は、川崎周辺。

多摩川を挟んで東京都と隣接する街、神奈川県川崎市には、15路線が通り東京駅・羽田空港に約15分で到着するという便利な立地。駅前はとても賑やかで地元密着型の商店街も沢山ありいい感じに今と昔が混在した街になっている。(ロケ日:5月12日頃

【スポンサーリンク】

川崎大師前からロケスタート

天気は雲ひとつない快晴。

さまぁ~ず(三村マサカズ 大竹一樹)が登場。いい天気!雲一つないってこのことだと、バンザイする。

川崎大師の門前からロケスタート。参道は平日でガラガラ状態。

今回三村は声が枯れている。どうしたの?声?と大竹。「ちょっ大きい声の仕事ばっかりしたんで…お聞き苦しくてすみません。」と謝罪した。

狩野恵里テレビ東京アナウンサー)も登場した。川崎は3年半振りにやってきた。

狩野アナのおハガキコーナー

質問です。最近見た楽しい夢は何ですか?ちなみに私は、カラオケで狩野アナとピンク・レディーのサウスポーを一緒に歌って踊った夢を見ました!(P.N.ケロポンさん)

 普段は夢をあまりみない大竹一樹。今日は、珍しく夢を覚えていたという。下のお子さんがハイハイしているときにお母さんがどこかに行ってしまい、赤ちゃんが怒りのパワーで走り出すという夢を見た。

わらび餅「大谷堂」

店員さんが若いお店。若さが売りだという。大谷堂は2002年からやっているわらび餅の専門店。銅釜で練り上げた独自の粘りと食感が特徴。わらび餅は自社生産している。

チョコレート味など変わったものもある。

アルバイトの女の子、水野祐香さん(大学1年・18歳・三村の娘さんと同い年)が応対した。水野さんが大学のクラブ活動でやっているジャズダンスを披露した。

マンゴーのわらび餅、意外とうまいと大竹。

大竹が今ハマっている、かりんとうまんじゅうを発見。大竹は全国でおいしいかりんとうまんじゅうを食べ歩いているという。

これカリカリしてて相当うまい!と大好評だった。

(大竹がわらび餅をカットするシーンはカット)

きもの再生「港屋京染店」

小林伸光さん(71歳)が応対した。反物のシワを取る作業をしていた。

こちらは、100年以上の歴史がある、着物のお手入れ専門店。

反物の丸洗い、乾燥、手入れをすべて手作業で行っている。反物のしわ取りのための「伸子張り」を体験させてもらった。見ているよりもとても難しい。

布間提灯店

提灯屋さんを発見。お祭りなどで使う提灯を制作しているお店。提灯に手書きで名入れをしている。

二人の職人さんは親子。息子さんは仕事をやめて4月から提灯屋に弟子入りした。

一人前になるには、10年はかかる。五代目の布間康仁さん(66歳)は、長男が医者になったため跡継ぎは諦めていたが次男さん(布間 靖章さん(29歳))が後を継ぐと言ったという。

修行1ヶ月目の、息子さんがだるまに文字「三村勝和」を書き込んだがやはり見習いのため上手ではない。そこで師匠のお手本をだるまの背中に書いてもらうとみんながさすがプロ!と感心する文字の旨さだった。

スノーアイス「Martin snow ice」

台湾発の「スノーアイス」を売っているお店を発見。

オーナーの中村友哉さん(27歳)、アルバイトの中村海成さん(18歳)、店長の上田マーティン良輝さん(20歳)が案内した。

3人ともイケメン男子。店長の上田さんはアメリカと日本のハーフだという。

去年7月にオープン。川崎大師の女子中高生に大人気だという。

ミルク味のスノーアイスを試食した。粉みたいな食感でおいしいという。

レトロカメラ「SX-70 by SWEETROAD」

レトロカメラ専門店を発見。

三村は一時期、一眼レフカメラに凝っていたことがある。こうやってたくさんのカメラを見ると嬉しいという。

スタッフの、平林真実さん(32歳)が応対した。

一番専門で扱っているのは、ポラロイドカメラ。2009年にオープン。300台以上のカメラを販売・修理している。

ポラロイドカメラで記念に写真を撮った。大竹だけが超イライラしている顔に写っていたのでリアルに引いてしまう大竹だった。

大型のポラロイドカメラで撮影してもらう大竹、三村、狩野アナ。こんどは詰め寄りフェイスにならないように、しっかり笑ったところを撮ってもらった。

出来た写真が「昭和の名場面風」でとても雰囲気がよい出来になった。

お昼「ラーメン ミート」

今日のお昼は中華料理店「ラーメンミート」。

お店の店主、佐久間勝徳さん(54歳)と佐久間英子さん(53歳)が応対した。

30年位前からやっているラーメン屋さん。

すべてボリュームが凄くて食べきれない。とても美味しいと三人。ただし量がすごくで食べきれないと笑う三人だった。

高圧洗浄「フジクス株式会社」

取締役の、竹之内英さん(35歳)が応対した。

こちらは、高圧水を使ってマンション配管の内部を洗浄する会社。1969年創業。

社員の、中村卓次さん(36歳)の指導で配管洗浄を体験させてもらった。

大竹が洗浄機を操作しているとパイプの上部から先端が出てしまい、三村にジェット水流が掛かってしまう。「ふざけんなよ!あちこち石膏が掛かっちゃった」と笑う三村だった。

また、会長の竹之内豊さん(65歳)は会社で16年前から人脈作りのためバンド活動をしていた。「THE WATER JET MEN」というバンド名で月に1回近くのライブハウスを借りてライブをしていた。

「南武本線」というカントリー調の歌を披露。

途中から会長がサンボマスターに見えてきたと笑う大竹。

教育玩具「my pleasure」

店頭に教育玩具が飾られているのを発見。

こちらは大きな雑貨屋さん、おもちゃなども置いている。

育脳タワー、都道府県四文字熟語を購入した。

知の贈り物シリーズ 育脳タワー

知の贈り物シリーズ 育脳タワー

 

店長の、内藤博信さん(41歳)が応対。タワーパズルで遊ぶ三人。なかなかゲームは難しい。

【スポンサーリンク】

かわさきマイスター「壽司せん」

トロフィーがたくさんあるお寿司屋さんを発見。

板長の、齋藤正剛さん(58歳)は、かわさきマイスターの称号を持っている。

社長の、田中正行さん(78歳)が案内した。

斎藤さんは、握りで金賞。荒美賢一さん(45歳)は巻き物で金賞。山口俊介さん(38歳)は、笹切りで金賞を持っている。

59年前からやっているお寿司屋さん。三人でお寿司の飾り、笹切りを体験した。三村マサカズの作品が一番絵心があるとほめられた。

もうすぐ49歳になる三村の似顔絵を笹切りで表現してもらうことに。

燻製チーズ「スモークハウス広工房」

代表の、石戸佑公太さん(56歳)が応対した。

広工房さんは、6年前からやっている建築関連の模型工房。趣味で22年前からスモークチーズ作りをしている。

発明もしていて、タンデムトレーラーという2台の自転車をドッキングさせるための器具を考案している。

三村と狩野アナで試してみるが、バランスを崩して転倒してしまう。

ロケ弁「かもし堂」

川崎ロケ弁コンテスト グランプリ受賞と店頭に書いてあるお店を発見。

ロケ弁コンテストとは何か気になるので入ってみることに。

横山佳彦さん(43歳)がとても丁寧な応対をした。川崎の飲食店の中でNo.1のお弁当を決めるコンテストでグランプリを受賞したという。(塩糀弁当Mix 864円)

取締役社長の長谷川賢吾さん(43歳)は元テレビマン。取材先で食べた糀で元気になったことから塩糀を使ったお弁当を作った。

「にんにく塩糀から揚げ」を頂いた。うん、うまいやわらかいと好評。から揚げは糀にしっかり漬けてある。

ここでさっき購入した四字熟語かるたをテーブルを借りて遊ばせてもらった。

四字熟語かるた [国語常識シリーズ]

四字熟語かるた [国語常識シリーズ]

 

店員さんの横山さんの特徴のある丁寧な声で問題を読んでもらう。

ここで三村の似顔絵の笹切りが届き披露された。とても良く出来ていて三村本人も感動したと話した。

今日の「モヤさま」反響ツイート

【スポンサーリンク】

次回の「モヤさま」は…

次回のモヤモヤさまぁ~ず2は、上野・根津周辺。スター犬「マル」ちゃん登場。

前回の「モヤさま」は…

モヤさま関連グッズ

モヤモヤさまぁ~ず2 DVD-BOX VOL.24、VOL.25