読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

ルートまとめ「モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま) 旗の台周辺」▽超ミニバイク、長谷川製作所など【2016年5月8日(日)放送内容 テレビ東京】

モヤモヤさまぁ〜ず2 東京都内

モヤさま「旗の台」

2016年5月8日(日曜日)放送の「モヤモヤさまぁ~ず2(モヤさま2)」。今回のロケ地、旗の台は、環七のぎりぎり内側にある街。東京都品川区にあり、大井町線や池上線が停まる駅で通勤にも便利な地域。

「中延スキップロード」「荏原町商店街」など昭和レトロな商店街などの町並みが素敵で歴史的には、源氏の将軍が平家に勝つために白旗を掲げたことから「旗の台」という名前がついたと言われている。

【スポンサーリンク】

「旗の台商店街前」からロケスタート

旗の台商店街と書いてあるゲートの下からロケを開始。

さまぁ~ず(大竹一樹 三村マサカズ)の二人、狩野アナも登場。

二人は初めてここに訪れた。山の中では目立たない迷彩服も町中ではすげぇ目立つ!と自分の衣装を見て気がついた大竹。

周りはまるで休日のような誰もいない商店街。人通りはほとんど無い。東京だけどずっと縁のない地名ってまだあったんだな…と三村。

天気は晴れ。(ロケ日:2016年4月14日頃

狩野アナの「おハガキコーナー」

現在妻の妊娠がわかり爆発中です。さまぁ~ずのお二人はイクメンや良きパパというイメージが強いのですが、奥様が妊娠中に注意したことやこんなことをして喜ばれた!等のエピソードがあれば教えて下さい。(P.N.くつしたは長め)さん

三村は「妊娠中はいらいらさせると胎教にわるいので、イライラさせない」と答えた。また大竹は「分娩中、生まれた瞬間は二回とも寝ていたので、寝るのだけは禁止!」と妻から言われたという体験を話した。

また、大竹の奥様が分娩中、長男の龍神くんがずっと奥さんのおしりに頭突きをしていた、それが痛かったらしいと話した。

パクチーハウス「ハヌマン

「ランチナンとライスは”おり”自由」と書かれた看板を発見。「おり自由」とは何か?気になって入ってみることに。

2016年1月に開店したばかり。

ネパール人のメインシェフ、カマルさん(36歳)と、カナルさん(33歳)が応対。

お店の人が日本語に慣れていないため、”おかわり自由”を”おり自由”と書いてしまった。

現在、日本語を勉強中でテキストを見せてもらった。

カレーナンとパクチー(カレーランチセット)を注文。巨大なナンをちぎり、パクチーとカレーを付けて食べるととても美味しい。味は絶品で家庭では出せないと三村。

白衣専門店「PROFESSORS ROUND」

白衣専門店(プロフェッサーズ ラウンド)を発見。付近には昭和大学の大学病院があり白衣を来た先生も多い。中にはオペ着などカラフルなものもある。

販売スタッフの福島育美さん(27歳)が応対した。

店員の福島さんは白衣萌えで白衣を着ている人を見るとときめくという。

大竹と三村がコートタイプの白衣を着た。また狩野アナが白衣を着るとベテランの看護師さんに見えた。

聴診器を白衣の上から狩野アナのお腹に当て腸の消化中の「ギュルギュル」という音を聞く三村。

トリックアート「クラフト」

こちらは、ダンボール什器などの企画を行う会社。代表の畑孝司さん(66歳)が応対した。

お店の前には見る視点によって町並みが動くトリックアートが貼られている。

ダンボールの携帯用スピーカーを見せてくれた。サンプルカッターという機械を使って箱を作ったり、大竹のみが小さい等身大のパネルを発注。

番組の最後にパネルが完成してお披露目された。大竹だけが小さい不思議な出来上がりに「怖ええよ!」と笑う大竹だった。

【スポンサーリンク】

超ミニバイク「長谷川製作所

本業はいろんな機械部品を作る会社。前回も超ミニバイクを披露してくれた。

代表の、長谷川修さん(68歳)が応対した。

前回放送された時の反響は、二人だけ。

前よりもさらに小さいエンジンバイクを作ったので披露。小さすぎて乗るのが難しい。音がブンブンとものすごく大きく音はかっこいいが乗ってる姿とのバランスが取れない。

大竹がエンジンを回さないで牽引した状態で乗ってみたがなかなかバランスがとれなかった。

youtu.be

種のアトリエ「Utervision Company Japan」

こちらは、パペットを使って演技をするワークショップを開催中の劇団さん。独特で不思議な世界観に「こわいこわい収集つかなくなる」と大竹。

代表は、佐次えりなさん。演出家蜷川幸雄先生に師事していたこともある。海外でも公演をし活動中。

人の関節を3つ動かして自分が止まり、相手が3つ動かしたらその相手が止まるという演劇のお題を三村と大竹が試したが、笑って盛大に吹き出してしまった三村。

次にパペットを使って言葉を発しない独特の世界観を体験した。

寄り道カフェ「La Vie Claire

一般の住宅を改装して作ったカフェ。ベーグルなどが人気。

代表の、山下佳代子さん(28歳)は元ぐるなびの社員さんだった。

子連れで気軽に立ち寄れるカフェを立ち上げた。レモンケーキ、チョコレートケーキを食べた。お姉さん(31歳)は自宅でピアノ教室もやっている。

急遽狩野アナがピアノ演奏をした。スピッツの名曲を弾きうまい!姿が見えないほうがいい!と三村と大竹。

深夜時代からのモヤさまの大ファンだというお姉さんが顔を見せた。

クレールピアノ教室代表の、柿沼叔子さん(31歳)。

ハサミ「古林鋏製作所」

工場の内部はすごく渋い鋏製作所。理容室の鋏を専門に製作している。代表の、古林真さん(61歳)が応対した。

皇室でも利用されていたという鋏も納品した実績がある。

三村の実家は町工場で研磨職人をしていたので研磨作業を体験。大竹はハンドバッグ屋さん(アラード大竹)の息子。

鼻毛に最適な小さなはさみを使って、鏡も使わないで鼻毛をカットしてみせた。さっぱりしたと満足げな顔を見せる三村。

占い「ビストロ ウッフ」

今日のお昼はビストロウッフ。占いもしている。占術心理カウンセラーの、浅葱マミさん(46歳)が応対した。誕生日とお名前を使って占いをする。

「ウッフ」は、フランス語で卵という意味。オムライスが名物。

放送作家見習いの「宮永くん(24歳)」を呼び占いをしてもらうことに。33歳位から満足度が上がりやりたいことが実現できると占って貰った。

占いは10分で1,000円。

メンチカツデミソース(大竹)、トマト煮込みハンバーグ丼(狩野アナ)、切り落としタンシチューオムライス(三村)を注文した。

「俺が求めてた味~」と三村。「あ、あぁーうまい!」と大竹。

シェフの、増田隆之さん(53歳)も登場。8時間タンシチューは煮込んでいる。

笑文字「さいとう整体」

代表の、齋藤史生さんが案内した。齋藤さんは、整体師 兼 笑文字アーティスト。笑文字(えもじ)とは、師匠の田中太山(たなかたいざん)先生に指導してもらい3年前から始めたデザイン習字。

整体の仕事の傍ら笑文字も書いている。さまぁ~ずの二人が教えてもらい書いてみた。

大竹は「裏切」、三村は「虫刺され」、狩野アナは「罰」。あえてマイナスのイメージの言葉を笑文字にした。

カポエイラ ゾアドールアカデミー

ブラジルのカポエイラを教えている道場を発見。中では先生のリズムの乗せて、子どもたちがカポエイラを練習していた。

代表の、ハメリッツ・ウニャ・アルトロさん(44歳)が案内した。

カポエイラをしながら英語も学べると大人気。狩野アナが旋風脚に挑戦したが、「酔っぱらいの乱入」と三村が笑う。さらに服を着替えてサンバも体験した。三村がノリノリ。

かき氷「ブンブン ブラウカフェ」

かき氷の看板をみて「BumBum Blau Cafe」にやってきた。かき氷の種類がものすごく多いと大竹が驚く。

もともと千葉九十九里浜のビリヤード屋さんでラーメンなどを出していたが、旗の台にお店を出すときにラーメンを始めたら大ヒットしたという。

オープン2年目。なんと「ミシュランガイド ビブグルマン」のラーメンのカテゴリーで2015年、2016年の2年連続で掲載されている。

ミシュランガイド東京 2016

ミシュランガイド東京 2016

 
  • アグーチャーシュの醤油ラーメン(ビブグルマン)
  • 白トリュフ塩ラーメン
  • いちごエスプーマソース(かき氷)

【スポンサーリンク】

モヤさま反響ツイート

次回のモヤさまは…

次回のモヤモヤさまぁ~ず2は、「錦糸町」周辺。映画を撮ったり、相撲をしたり。

前回のモヤさまは…

yonta64.hatenablog.com

モヤさま関連グッズ

モヤモヤさまぁ~ず2 DVD-BOX VOL.24、VOL.25