読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

要約「さんまのまんま」▽ゲスト、佐藤浩市【2016年6月4日(土)放送内容 フジテレビ】

さんまのまんま

さんまのまんま「佐藤浩市

2016年6月4日(土曜日)放送の「さんまのまんま」は、佐藤浩市佐藤浩市の息子さん(かんくん)と一緒にオーストラリアに行った時、大人の本「熟女A」を買ってあげその後奥さんに叱られてしまったエピソードや、自分の役者という仕事をどう思ってきたかなどを話した。

【スポンサーリンク】

さんまのまんま番組データ

【放送日時】 2016年6月4日(土曜日)13:55(約29分)
【放送局】 関西テレビ(フジテレビ)
【放送副題】 ゲスト:佐藤浩市
【出演】 明石家さんま まんま

ゲストは初登場「佐藤浩市

今回が初めての出演となる佐藤浩市

オファーは何度もしているはずなのにいなんで今までゲストに来てくれなかったの?と聞くと「正直言いますと。話しづらいから」と笑う佐藤浩市

飲み物は、牛乳。

佐藤浩市の奥さんナンパ事件?

かなり昔、西麻布でサインくださいと声をかけられ可愛いので電話番号まで聞いてしまったさんま。それが佐藤浩市の奥さんに似ていたのですぐに、佐藤浩市に電話して確認しようとした。「(奥さんがさんまにサインを頼む)なんてことがあるわけがない」と佐藤浩市。(結局奥様ではなかった)

映画「64」撮影は大変だった

映画「64」は今日までに観に行こうとしていたが、スケジュールが合わず見ることが出来なかったとさんま。佐藤浩市が見て欲しいと直にさんまにメッセージを入れていたことが珍しく本当は観てからさんまのまんまに迎えたかったという。

映画試写会では4,000人のスタンディングオベーションを受けて思わず泣いてしまった。

映画は大ヒット中。

あなたの家族は丸くないよ?

あなたの家族は丸くないよ。とさんま。「ええっ!」と驚くふりをする佐藤浩市(バツイチ)。

あとで楽屋で話しましょうと笑う。

「64」の撮影がキツイ時に自宅で家族に当たりがきつくなったこともあると認めた。

奥様は佐藤浩市の大々的なファン。佐藤浩市に会いたいがために芸能界に入ってきたという人。

佐藤浩市と結婚するときに奥様は劇団をやめて家庭に入った。そういう奥様が献身的に支えてきているのを見ているとさんま。

(奥様は、広田亜矢子さん)

涙もろくなった?

年をとるに連れ涙もろくなったと佐藤浩市

逆にさんまは地獄を見てきたのでどんどん泣けなくなってゆくという。

さんまと久しぶりに会うと寝てしまう?

さんまとゴルフをしてその後の夜、久しぶりに会って話をしようというと、腕立て伏せのふりをして寝てしまう佐藤浩市

ゴルフを2ラウンドもしたあと疲れてみんなで部屋に集まるがここでさんまのトーク大会が始まる!何か理由をつけないと会話の輪から出られない。(さんまの)眼力でどんどん喋られると逃げたくなるが、逃げるに逃げられない。政治で言うと「圧政だ!古代ローマ!」だと笑った。

さんまを睡眠導入剤で黙らせる!?

さんまをどうしたら喋らせないか、浅田美代子さんが睡眠誘導剤を持ってきてどうやって飲ませるか計画を練っていたという。最終的にワインに落としたがさんまがすぐに起きると「効かないよこれ!」と浅田美代子

さんまが笑い崩れる。

息子さんは19歳

息子のかんくんは、19歳になった。なかなかいい男で三國連太郎から男前が三代続いているとさんま。

役者になるかどうかは、本人に任せているという。佐藤浩市自身が人から「役者になれ」と言われるのが嫌で言われるたびに「いえ、絶対やんないっす!」と言っていた。

だから息子にはそんなふうに言いたくない。

自分が本当に役者を目指したのは、NHK三國連太郎を担当するスタッフが役者を探しているから受けてみないか?と言われたことだった。

三十代までは、三國連太郎のことがめんどくさいなと思っていた。しかし長年いろいろな監督と会ってゆくなかで「(三國連太郎という大きなライバルがいる場所で)俺も少しはこの世界でやっていけるかな?」と思ったという。

【スポンサーリンク】

オーストラリア旅行で大人の本

さんまと佐藤浩市の息子さん(かん君?)とそのお友達と一緒に先にオーストラリアへ行った。

その時に、空港で大人の本に興味津々だった かん君。「欲しいのか?お父さんが来るまで捨てると約束できたら買ってあげる」といい、さんまが当時中学生だったかん君に大人の本を買ってあげたという。

息子さんが選んだのは「熟女A」というタイトルの本。空港にはそういう本の種類は少なく、かん君が好きそうな若い大人の本は無かった。

その後、かん君が(もったいなかったのか、本当に忘れたのかは分からないが)捨て忘れてしまい。お母さんにバレてしまった。

「誰が買ったの?」とお母さんにきつく怒られてしまった。

それでも律儀にさんまに買ってもらったとは言わないので、「俺が買い与えてしまいましたと」平謝りした。

奥さんは「さんまさん、でも「熟女A」はどうかと思いますよ。」とダメ出しされたという。(奥さんは「熟女A」と同じタイプの大人の本をおみやげに持たせていた)

かん君は、19歳になった今でも、「さんまさんとオーストラリアに行きたい」と言っていてさんまと話すのは抵抗がないようだ。親には言えないことも言えるのがありがたいと佐藤浩市

コヨーテが好きなさんま

佐藤浩市のおみやげは、映画「64」グッズ。

さらに、奥様が「さんまさんがまだ好きかもしれない」と「コヨーテ(ワーナー・ブラザーズのアニメキャラクター)」のTシャツを手に入れておみやげに持たせてくれたという。

さんまがコヨーテTシャツを気に入り嬉しそうな顔をした。

【スポンサーリンク】

「さんまのまんま」当日の反響ツイート

次回のさんまのまんま

6月11日(土曜日)のさんまのまんまゲストは、観月ありさ

6月18日(土曜日)のさんまのまんまは、午後3時から関西より生放送スペシャル。ゲストは、上沼恵美子

前回のさんまのまんま

yonta64.hatenablog.com

さんまのまんま関連グッズ

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)