yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【反響要約】きょうの健康 50周年特別シリーズ あの人の健康法「日野原重明」▽よど号事件で人生の転機?60歳から始めた「健康長寿」の秘訣とは?【2018年1月11日(木曜日)放送内容】

今回の「きょうの健康」はこんな内容!

2018年01月11日(木)放送の「きょうの健康」を3行でまとめると??

  1. NHK Eテレきょうの健康」は2017年に放送50周年を迎えました
  2. 2017年に105歳で亡くなった医師の日野原重明さんの貴重なインタビューを紹介
  3. 日野原重明さんが人質となった「よど号事件」での気づきや健康長寿の秘訣を語ります

【スポンサーリンク】

きょうの健康日野原重明」番組データ

【放送日時】 2018年01月11日(木) 20:30~20:45
【放送局】 NHK Eテレ
【番組タイトル】 きょうの健康 50周年特別シリーズ あの人の健康法(最終日)「日野原重明
【出演者】 日野原重明
【キャスター】 黒沢保裕 岩田まこ都

2017年105歳で亡くなった医師「日野原重明」さん

きょうの健康”50周年特別シリーズ「あの人の健康法」。

最終日は去年2017年に105歳で亡くなった医師の日野原重明さん(1911~2017・聖路加国際病院 名誉院長)の特集でした。

日野原重明さんは40年前(1978年4月24日放送)から合計8回「きょうの健康」に出演しています。

今回は12年前(2006年1月9日から12日、当時94歳)に4回にわたって放送された「きょうの健康・健康長寿の秘訣」より選りすぐりのシーンが紹介されました。

放送当時の聞き手は久田直子さんです。

【スポンサーリンク】

日野原重明さん」日々の生活について――

日野原重明さんは、診療、講演会、執筆活動など分刻みのめまぐるしいスケジュール、1日24時間のうち、18時間仕事をしています。

睡眠時間は平均5時間ほど。

 それでも時間が足りないときには徹夜することもあったそうです。

しかしすべて目標を立て、自分がやりたいことだけをしているので目標に到達したときに達成感があるといいます。

人生の転機!「よど号ハイジャック事件」に巻き込まれる――

日野原重明さんは59歳の時、「よど号ハイジャック事件(1970年)」に遭遇。

羽田発福岡行きの日本航空351便(愛称「よど号」)に乗り合わせ、赤軍派の人質となってしまいました…。

その後、機内で4日間過ごし無事解放されます。

一歩間違えれば命が無かったかもしれない状況を経験して「私の命は与えられた命」と考えるようになったとのこと。

普通は60歳になれば引退を考える年齢ですがハイジャック事件後、日野原さんの生きる意欲は60歳から94歳の今(放送当時)も次第に強くなっていったといいます。

日野原流「運動術」とは?

日野原さんは、どんなに忙しくても毎日欠かさず運動をしています。

60歳を過ぎた頃から、少しでもやりたいことが長く出来るよう寝たきりにならない運動術だそうです。

  • エレベーターに乗らず必ず階段を使う
  • 早足で歩く
  • ソファーや椅子に立つ・座るを20回(スクワットのように)素早く行う
  • 片足で静止、目をつぶって静止など … バランス力を鍛える

毎朝、体操で大きな筋肉と小さな筋肉を動かすことは、手や足や腹筋が発達し立ち上がりをスムーズにする目的があるとのこと。

病気の後でも上のような運動は負担にならないので必ず行います。

また、運動をするということは体を鍛えるだけで無く、ストレスから解放され「精神面」にも大きな効果をもたらすとのこと。

人間は「動物」なので寝ているとき以外は動くことが基本ですと笑う日野原さん。

【スポンサーリンク】

日野原流「食事法」とは?

日野原流の食事法も紹介されました。

  • 朝食のジュースにスプーン1杯のオリーブオイル … 植物性の油は”悪玉コレステロール”を下げるオレイン酸が豊富
  • ご飯を少なめにして、脂身の少ないお肉(ヒレ肉)を120gを週2、3回食べる
  • お魚は毎日食べる … 肉などのタンパク質は歳を取っても必要

日野原流「健康観」とは?

日野原重明さんの健康観は「たとえ病気を持っていても、上手に生きている姿」――だといいます。

お釈迦様が「生病老死(しょうびょうろうし=生きる苦しみ・病の苦しみ・老いる苦しみ・死の苦しみ)」と言ったそうですが、日野原さんは、これを…

  • どう良く生きるか?
  • どう良く病むか?
  • どう良く老いるか?
  • どう良く死ぬか?

と解釈しているとのこと――。

日野原さんご本人も、脳に小さな脳梗塞があることが判ったのですが、老いるとどうしてもこうした病気にならざるを得ない…しかし「一病息災(いちびょうそくさい)」と言うように一つくらい病気を持っている方が健康のありがたみがわかり体に気を配るためかえって長生きすると笑います。

たとえ病気を持っていても健やかな気持ちになることは可能だと話しました。

(このほか”きょうの健康50周年特別シリーズ”では、三浦雄一郎さん、鈴木登紀子さん、安藤忠雄さんの「あの人の健康法」も放送されましたが日野原重明さん以外は見逃してしまいました※まとめ人注釈※)

(※2018年01月11日(木)放送「きょうの健康 50周年特別シリーズ あの人の健康法(最終日)「日野原重明」」より)

【スポンサーリンク】

NHKきょうの健康」反響ツイート

NHKきょうの健康」関連まとめ記事

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

NHKきょうの健康」関連グッズ

生きていくあなたへ 105歳 どうしても遺したかった言葉