yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

2014年5月26日(月)放送まとめ『鶴瓶の家族に乾杯』久本雅美・大分県宇佐市の旅前半・HORI⇒ファッションコアかわの⇒すっぽん「やまさ旅館」⇒ギャラリー「桐呼」(とうこ)【番組あらすじ】

2014年5月26日(月曜日)よる8時放送『鶴瓶の家族に乾杯』は…

【スポンサーリンク】

<まとめ>ゲストは、久本雅美大分県宇佐市安心院地区旅の<前半>。理容「HORI」⇒ファッションコアかわの⇒すっぽん料理「やまさ旅館」⇒江藤さんを探す⇒小さなワイン工房⇒河野さん自宅⇒ギャラリー「桐呼」(とうこ)など

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

スタジオ出演者一覧

マチャミの今日も元気で!―久本雅美対談集 (Pumpkin visual books)

マチャミの今日も元気で!―久本雅美対談集 (Pumpkin visual books)

 

 

ゲスト、久本雅美。メイン司会者、笑福亭鶴瓶小野文惠アナウンサー。ナレーションは、久米明

 

久本雅美は、1958年大阪府生まれ。バラエティー番組の司会から女優まで幅広く活躍中。鶴瓶師匠とご飯を食べさせてもらって「出たいです!」と言っていたが全くお声がかからなかったと笑う。

 

 

【スポンサーリンク】

 

 

大分県宇佐市紹介

大分県宇佐市は、大分県の北部に位置する街で人口は約6万人。日本全国に4万ある「八幡神社」の総本山”宇佐神宮”が有ることでも知られている。

 

平野や盆地もあって麦や米、葡萄、漁業なども盛んな街。

 

今回の旅の目的は「美味しい野菜を食べて内面から美しくなりたい」「世代を超えてオシャレトークを楽しみたい」

 

「農村民泊」

宇佐市キャンペーンレディーが宇佐市の魅力を紹介。安心院地区が全国で最初に始めた「農村民泊」は、農家にホームステイして農作業や料理、食事を共にする体験宿泊。家族連れや学校など年間1万人の宿泊客が訪れる。

農村民泊のご案内 NPO法人 安心院町グリーンツーリズム研究会

 

「石橋」

宇佐市には、石橋が沢山掛かっている。その数75。谷深いこの街には江戸時代から沢山の石橋があり、今現在でも使われている。その石橋を保存・管理しているのは地元の石工さん達。

 

「宇佐のマチュピチュ

世界遺産マチュピチュ」に形がにているという、棚田がマチュピチュの石垣に似ていたり、山の形が本家マチュピチュの山の形に似ているなど、じっくり見ると雰囲気は似ている。

「宇佐市キャンペーンレディ」委嘱式! - 宇佐市ホームページ

 

 

 

 

大分県宇佐市安心院(あじむ)

2014年4月2日(水曜日)午前10時30分。大分県宇佐市安心院(あじむ)からロケがスタート。久本雅美がのどかな風景を楽しんでいる。

 

公園に鶴瓶も合流、鶴瓶班のバスが別の場所に到着したため少し遅れたという。

 

 ◎番組主題歌「Birthday」さだまさし

Birthday

Birthday

 

「結婚せえへんの?」

鶴瓶久本雅美に「結婚せえへんの?」と聞いた。「いやします!」と否定、もしかしたらここで出会いがあるかも知れないと希望をかけた。

 

鶴瓶が「結婚てほんまにええよ」と言うと「ホンマに(結婚)したいんですよ!」と久本が羨ましそうにすると、鶴瓶は「独身で近くで昔から知ってる奴でええなと思った奴がいたら”すり寄れ!”」とアドバイスした。

 

鶴瓶師匠は今回は私(久本)の婚活のためにも頑張ってくださいね」と頼み込む。

 

 

 

 

商工会の河野美枝子さんに出会う

公園から出ようとした時、商工会の河野美枝子さんに出会った。昨日から商工会で仕事をしているという。

 

安心院で有名な「鏝絵(こてえ)」がどんなものかを聞いた。「鏝絵」とは、家の縁起物などの事を言う。この地域では沢山の鏝絵が存在する。

 

 

 

 

理容「HORI」

途中散髪屋さん、理容「HORI」(大分県 宇佐市 安心院町下毛1807-2)

理容ホリ (宇佐市|着付,美容院など|電話:0978-44-0845) - インターネット電話帳ならgooタウンページ

 

を発見し、立ち寄る鶴瓶久本雅美。パーマ屋さんと散髪屋さんが隣同士にある。美容室のお店をやっている堀光子さんが案内した。(光子さんは感動して泣いている)

 

堀光子さんの長男の洋和さんが、すぐ隣りの散髪屋さんを切り盛りしている。既婚者なので久本雅美が残念がった。

 

次女の阿部智子さんが歯医者から帰ってきてビックリ。智子さんの長女帆夏(ほのか)ちゃんも嬉しそうにはにかむ。

 

お父さんをはじめ、孫など一家が集まり歓談した。

 

 

 

 

ファッションコア かわの

「ファッションコア かわの」(ファッションコア河野・住所:大分県宇佐市安心院町下毛)で鏝絵を発見。店頭や店内には多くの「鏝絵」が飾ってある。お店は留守で鶴瓶が大きな声で読んでみたが人の気配はなかった。

 

 

 

 

すっぽん料理「やまさ旅館」

やまさ旅館(公式サイト)」(大分県宇佐市安心院町下毛1785)は、すっぽん料理が有名な旅館。旅館の女将さん、山上綾子さんが案内した。現在旅館は長男の宣人さん(まさと)。独身ということで、久本雅美が「女将さんになります」と宣言。宣人さんも困り顔。

【番組紹介メニュー】

  • エンペラの湯引き(すっぽんの甲羅の淵の部分でコラーゲンがたっぷり入っている)

 

 

 

 

鶴瓶の旅>江藤さんを探して

鏝絵師の江藤さんを探して、車で30分程度移動。さらに山深い深見地区にやってきた。

 

 

鶴瓶の旅>安心院「小さなワイン工房」

探している最中、安心院「小さなワイン工房」を発見。

安心院小さなワイン工房 | スポット情報 | 日本一の「おんせん県」大分県の観光情報公式サイト

 

しかし、人の気配はなく結局訪れることはなかった。

 

 

鶴瓶の旅>河野さん自宅

誰とも会うこと無くかなり歩いた鶴瓶。「鏝絵No41」という看板を発見してその鏝絵があるお家を訪問した。

安心院の鏝絵NO37〜41

 

お家には、気さくな旦那さんが在宅していて鶴瓶のファンだった。しかし、No41の鏝絵はお隣で、旦那さんの自宅に飾っている鏝絵は自分で作ったものだった。

 

実は、番組の最初に登場した「ファッションコアかわの」は、この河野敬二さんのお店だった。

 

鏝絵の先生、江藤さんは河野敬二さんの親友の子。「鏝絵をやりたいから世話してください」と鏝絵を始めたのがきっかけ。河野さんは「鏝絵では飯は食えんぞ」といったがそれでもいい大好きだからと言ったとのこと。

 

河野さんの奥さんや近所の人も集まり歓談した。

 

 

 

 

久本雅美の旅>ギャラリー「桐呼」(とうこ)

卑弥呼の世界」という看板が気になり、通りかかった人に案内してもらって、桐田実千代さんのお宅を尋ねた。現在は、卑弥呼の世界の作者はお亡くなりになり替わりに「鏝絵」を置いているという。早速見せてもらう久本雅美

 

ギャラリー「桐呼」(大分県宇佐郡安心院町折敷田109)

http://www.coara.or.jp/~kamizuru/touko.html

 

桐田さんは、ちいさな鏝絵作品であれば自ら作成する。普段は眼科で看護師をしていて休みの日にはこちらの展示場を開いているという。

 

2階には「卑弥呼の世界」の作品も置いてある。作者は、「丹生忍冬斎(にぶにんとうさい)」さん。竹久夢二の孫弟子で、桐田さんの父親の知り合い。

 

 

久本雅美の旅>桐田さん家族

ギャラリーの向かいの家に向かった久本雅美。定年退職で千葉県から帰ってきた、勝見一久さんに出会った。実家は落ち着くがまだ61歳、働く所がないので困っているという。

 

実は、勝見さんは、ギャラリーの桐田さんのいとこ。桐田さんの母親も登場した。

 

 

 

 

次回の『鶴瓶の家族に乾杯』は…

2014年6月2日(月)よる8時から。久本雅美鶴瓶大分県宇佐市の旅<後編>

 

 

 

 

前回の『鶴瓶の家族に乾杯

2014年5月19日(月)放送まとめ『鶴瓶の家族に乾杯』糸井重里・岡山県笠岡市(後編)よたろう地区・ペンション正栄・北木ノースデザインプロジェクト・東本町商店街など【番組あらすじ】 - yonta64のテレビ番組ブログ