読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

ぴったんこカンカン 「あの、西島秀俊・ビートたけしが登場。西島故郷の高尾山を目指す。きよしも登場」【2015年11月13日(金)放送】

きょうのみどころ
2015年11月13日(金曜日)放送の「ぴったんこカン・カン」は、西島秀俊ビートたけしが映画MOZUヒット祈願。八王子市高尾山を登る。西島がたけしマニアでカセットテープにオールナイトニッポンを録音していた話やビートきよしも登場した―。

【スポンサーリンク】

ぴったんこカン・カン出演者一覧

【番組副題】 「俳優・西島秀俊が故郷高尾山をビートたけしと感動旅 地元・高尾山ハイキング」

【進行】 安住紳一郎(TBSアナウンサー)

【ゲスト】 西島秀俊 ビートたけし

【スタジオ出演者】 久本雅美 石川梨華 安めぐみ 玉ちゃん 石塚英彦 薬丸裕英

KEIO JR 高尾駅前からスタート

今回は年間260万人が訪れるという高尾山を旅する。

高尾山・八王子が地元で小学校の遠足や大人になってからも良く来るという、西島秀俊が案内人。

今回はなんと、ビートたけしも登場した。たけしは行商人のコスプレをしている。

映画「MOZU」大ヒット公開中!

西島秀俊は、現在映画館で公開中の「MOZU」」の公開を記念してのPR出演。ビートたけしも日本を影で操る黒幕として登場している。

高雄から高尾山口駅まで電車を利用

スタート地点は高雄駅。ここから終点の高尾山口駅まで一駅130円をビートたけしも含めて電車で移動した。

ビートたけしは電車にのるのが15年ぶり。PASMOを使うのも初めてだった。PASMOは高尾山のリフトでも使える。

この番組で以前に行ったスーパーにも30年ぶり位行ってないという。

まんじゅう「千代乃家」

(所在地:八王子市高尾町2477)

高尾山口駅に到着後すぐ、酒まんじゅう屋を発見。たけし一行が出来立てを食べた。

天狗の鼻くそ「鳥菊商店」

(所在地:八王子市高尾町2431)

天狗の鼻くそというお菓子を販売しているおみやげ店を発見。ビートたけしがこれなに?と興味津々にしているとお店の女将さんが「上げる」と天狗の鼻くそを試食させてくれた。ピーナッツにココアがコーティングされたお菓子。

焼きせんべい「高尾山元気堂」

(所在地:八王子市高尾町2479)

こちらは、お店でせんべいを焼いているお店。焼きたての香ばしいごませんべいを、たけし・西島秀俊一行が食べた。

エコーリフト乗り場

高尾山にのぼるには、ケーブルカーとエコーリフトという設備があり、西島秀俊が小学生の頃エコーリフトにのってとても楽しかった思い出があるのでぜひ乗ってみませんか?とビートたけしに勧めた。

たけしはリフトが苦手だったがなんとか無事に降りることは出来た。

エコーリフトは高尾山の中腹まで進める。

名物とろろそば「十一丁目茶屋」

(所在地:八王子市高尾町2179)

元々は高尾山王院の参拝客へお茶を提供する為の茶屋だった。(明治40年頃)

見晴らしが良いテラス席で食べた。店主の高城健守さんが案内した。

今は国定公園になっているのでとろろは栽培できず自家製では無いが千葉県産の美味しいとろろを仕入れているという。

三人それぞれの料理を少しずつ分け合って食べた。カレーは特に「いかにも自家製でいいな・・・」とたけしがカレーばかり食べていた。

ビートたけしマニアの西島秀俊

【スポンサーリンク】

西島秀俊が大のビートたけしマニアだと本人の前で告白。「ビートたけしオールナイトニッポン(1981年~1990年・ニッポン放送)」をずっと録音してクラスで聞き合っていたというエピソードを話した。

今回は、当時オールナイトニッポンを録音したカセットテープを持参。(実は今、水道橋博士が当時のオールナイトニッポンの録音カセットを収集中で、西島秀俊も協力したと話した)

たけし本人と一緒に聞いた。(1985年1月24日放送のもので、高倉健と映画「夜叉」に出た時の話を収録した回)

放送当時の裏話…

時々放送を休むことがあった。もうちょっとでねぇちゃんとイイ仲になれる寸前の時はマネージャーに連絡してラジオ放送を休む理由を無理やり作っていた。

高倉健が「夜叉」で共演の田中邦衛を呼び出し、「(当時)高倉健は存在感だけだ。役者は漫才は出来ないだろ!」と言う生意気なビートたけしをギャフンと言わせようと計画、漫才の台本を書いて田中邦衛高倉健でコンビを組みかけたというエピソードをオールナイトニッポンで放送していた。

ビートきよし登場!

猿のきぐるみを着てビートきよしが登場した。「ツービートだ!すごい!」と二人揃った姿に喜ぶ、西島秀俊

「こいつと友達にならないほうが良いよ、金借りに来るから」「昔は俺のこと”タケ”って呼んでたのに最近は”殿”って呼ぶんだよ。なんで昔の相方を殿って呼ぶの?」とビートたけしが笑う。

高尾山さる園・野草園

(所在地:高尾山道中)

さる園を発見した一行。60匹の猿に餌をやることなどが出来る。

精進料理「高尾山薬王院

744年聖武天皇勅令により開山された。成田山新勝寺、川崎大師とともに真言宗智山派の三大本山として有名。

古刹のため宿坊もある。かつて江戸時代に「富士講」が盛んになり、富士山へ向かう際の宿泊所として利用されていた。

現在はその建物を利用してだれでも事前に予約すれば精進料理を楽しむことが出来る。(天狗膳2800円・肉は使用していないが肉としか思えない料理が登場する)

料理長の、坂本和巳さんが案内した。

DOLLS」での北野武との出会い

ビートたけしとは、2002年に公開された映画「Dolls」の出会いが大きいと西島秀俊

主役はオーディションで決定された。

しかし実は、オーディションの前に主役は決まっていたが、「悪かったんだけど、ちょっと主役のイメージとは所作が違う」という事でキャンセルしてもらったという。

その後、(森)プロデューサーがやってきて西島秀俊を連れてきたという。

その時に「これからやる仕事で一生食べていくことが出来るかもしれない。そう思って(映画を)やってほしい」とたけしから言われたことが特に印象的で、今自分がこうしているのはあの時「Dolls」を北野武監督でやったことがきっかけになっていると思う。と、西島秀俊が語った。

映画「MOZU」ヒット祈願

高尾山薬王院のご本尊を前に西島秀俊ビートたけし安住紳一郎一行が祈祷を受けた。「南無飯縄大権現」と7回唱える三人。

うかい鳥山

【スポンサーリンク】

(所在地:)

西島秀俊が子供の頃に来たことがあるというお店。うかい鳥山。6500坪の日本庭園などとても豪華な日本料理店。離れは37棟もある。

一行は、海老芋の旨煮などコース料理を食べた。

ツービートはきよしでなきゃダメだった…

「不思議な人なんだよねぇ」とロケで撮影した、ビートきよしが休憩中の写真をみて振り返るたけし。

「天才だ天才だ!といっても、やすきよやすきよじゃなかったら売れてなかった。それと同じで自分も、ビートきよしが居なけりゃ今頃は売れてなかっただろう…縁があったんだよね」としみじみ振り返った。

ぴったんこカン・カン反響ツイート

ぴったんこカン・カン関連グッズ

「劇場版MOZU」オフィシャルガイドブック

「劇場版MOZU」オフィシャルガイドブック

「劇場版MOZU」オフィシャルガイドブック