yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

2013年12月28日(土)放送「関ジャニの仕分け∞ 2時間半スペシャル」全国歌うまキッズ決定戦。

2013/12/28(土曜日)放送の「関ジャニの仕分け∞ 2時間半SP」は、全国歌うまキッズ決定戦。全国からキッズが集結。アニーの主役や、ブラジルのカラオケ王者、avex全国大会の勝者などが勝負!

【スポンサードリンク】

 

出演者は、関ジャニ∞(横山裕渋谷すばる村上信五丸山隆平安田章大錦戸亮大倉忠義)
リン・ユーチュン石川鈴菜、内田愛梨、大山琉杏、柿原奈津美、カレン・タイラ、北村來嶺彩、渕口綾音、横田彩青

 

【スポンサードリンク】

カラオケ歌うまキッズ全国No.1が決定!優勝し帝王リンユーチュンと対戦するのは誰?

1回戦 第1試合「柿原奈津美(12歳)VS 北村來嶺彩(10歳)」

対戦曲は「ロマンスの神様広瀬香美(1993年)。全国の平均点は、80.025点。

ロマンスの神様

ロマンスの神様

 最初に歌うのは、原奈津美(かきはらなつみ)ちゃん(12歳)。アクターズスクール広島所属の小学生。

 

原奈津美ちゃんの結果は、94.995点。

 

次の対戦者は、北村來嶺彩(きたむらくれあ)ちゃん(10歳)。

 

前回出演した時は、95点の壁を超えられず敗退した。今回は毎日2時間カラオケで練習して今回に臨んだ。

 

音程ミスはたったの2箇所。北村來嶺彩ちゃんの得点は、94.954点。原奈津美ちゃんの勝利

【スポンサードリンク】

1回戦 第2試合「ブラジル王者 カレンタイラ(11歳) VS 横田彩青(11歳)」

対戦曲は、「帰ってこいよ」松村和子(1980年)

帰ってこいよ

帰ってこいよ

 

カレンタイラちゃんが最初に歌う。カレンタイラちゃんは、歌詞をローマ字に直して猛練習した。結果は、93.948点。

横田彩青(よこたりゅうせい)くん(11歳)が歌う。北海道出身、除雪にハマっている。結果は、93.826点。

 

カレンタイラちゃんの勝利。経験者が軒並み初戦敗退。

 

1回戦 第3試合 内田愛梨 VS  渕口綾音

対戦曲は「風が吹いている」いきものがかり

風が吹いている

風が吹いている

 

内田愛梨ちゃん(12歳)が最初に歌う。猛特訓の末に全国オーディションを勝ち抜いた。結果は、92.929点。

 

渕口綾音ちゃん(11歳)が次に歌う。avex全国大会優勝の実力を持つ。渕口綾音ちゃん。加点された回数は、113回。結果は、95.011点。

1回戦第4試合 石川鈴菜 VS 大山琉杏

課題曲は、「未来へ」Kiroro

未来へ

未来へ

 

石川鈴菜ちゃん(12歳)は、ミュージカル「アニー2013」の主役を9,000名の中から勝ち取った。加点対象になるロングトーンを練習。結果は、90.298点

 

大山琉杏(おおやまるあん)ちゃん(10歳)は、関西の名門スクール期待の有望株。結果は、94.891点。大山琉杏ちゃんの勝利。

 

準決勝1回戦 柿原奈津美 VS カレンタイラ

原奈津美ちゃんが選んだ曲は、「手紙〜拝啓十五のの君へ〜」アンジェラ・アキ。近年、卒業ソングとして小中高生に人気の曲。スローテンポのバラードで、音程を合わせながらビブラートを出しやすい曲。

 柿原奈津美ちゃんが最初に歌う。結果は、94.459点。

 

日本語が話せないブラジル人のカレンタイラちゃんが選んだ曲は、「なごり雪」イルカ。ロングトーンで加点を狙いやすい曲。

なごり雪 (Version 2002)

なごり雪 (Version 2002)

  • イルカ
  • J-Pop
  • ¥250

 カレンタイラちゃんが歌う。結果は、91.247点。勝者は、原奈津美ちゃん。

 

準決勝2回戦 渕口綾音 VS 大山琉杏

渕口綾音ちゃんが選んだ歌は、「Story」AI。曲の特徴は、徐々にキーが上がり、広い音域が必要な難曲。渕口綾音ちゃんがAIの曲中で一番好きな曲。抑揚とビブラートを付けて加点を増やす作戦。

Story

Story

  • AI
  • J-Pop
  • ¥250

渕口綾音ちゃんが歌う。いきなり加点がハイペースに進んでゆく。 結果は、93.115点。

 

大山琉杏ちゃんが選んだ曲は、「Telephone feat. ByonceLady Gaga。全編英語のアップテンポな難曲。この曲は、音程グラフの起伏が少ないため抑揚と加点が出しにくい。全国平均は75点と難易度Maxの曲。

Telephone (feat. Beyoncé)

Telephone (feat. Beyoncé)

  • レディー・ガガ
  • Pop

 大山琉杏ちゃんが歌う。難易度Maxの曲で、音程ミスはたったの8箇所。結果は、89.068点。で、渕口綾音ちゃんが決勝戦に進出。

 

 

決勝戦 柿原奈津美 VS 渕口綾音

決勝戦の課題曲は、1999年にリリースされ、約74万枚を売り上げた。「あなたのキスを数えましょう」小柳ゆきデビュー曲。

 この曲は、前半低音パートが長く続く。後半は、高音で英語詞があり広い音域が必要なため難度が高い。

 

小柳ゆきは、以前この「関ジャニの仕分け∞」に参戦し歌った。その時の得点は、93.429点。本家でさえ正確に歌うのは難しい曲。

 

原奈津美ちゃんが歌う。結果は、92.722点。

 

渕口綾音ちゃんが次に歌う。加点は116回。結果は、94.459点。

 

優勝は、渕口綾音ちゃん

第2回全国歌うまキッズ 最強ナンバーワン決定戦。優勝者は、渕口綾音ちゃん(11歳)に決定。

 

スペシャルマッチ リン・ユーチュン VS 渕口綾音

課題曲は、1998年にリリースされ約115万枚を売り上げた「Time goes by」Every Little Thing

Time Goes By

Time Goes By

 渕口綾音ちゃんは、抑揚を付けることと、聞いている方に気持ちが伝わるといいなと思います。

 

渕口綾音ちゃんが「♪Time goes by」を歌う。結果は、93.732点。

 

 

次にリン・ユーチュンが歌う、歌いだしの音程に注意して絶対に負けない。97.519点で、リン・ユーチュンが勝利。

 

(終了:2013/12/28(土曜日):テレビ朝日系列 kanjani-shiwake)

 

関ジャニの仕分け∞Twitterの反応

 

 

 ※関ジャニ∞二年ぶりのオリジナルソング「涙の答え」などを収録。DVDには、アルバムについて語る関ジャニ∞のメンバーの様子も収録した映像特典付き。