yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

2014年9月2日(火)放送内容まとめα『たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学』坂井文彦先生が解明!長引く頭痛の本当の理由・「緊張性頭痛」「群発頭痛」「発作性片側頭痛」など・インドメタシン・メラトニン【番組あらすじまとめ】

2014/09/02(火)放送の『たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学』は…

【スポンサーリンク】

《放送内容要約》名医が解明!長引く頭痛の本当の原因スペシャル。頭痛治療の名医、坂井文彦先生が頭痛ダイアリーを駆使して350種類の頭痛から絞り込む。「緊張性頭痛」「群発頭痛」「発作性片側頭痛」など特徴と治療法。頭痛の本当の原因を見分けるポイントなど。

【スポンサーリンク】

 

Yonta64 TV blog icon

番組出演医師一覧

埼玉国際頭痛センター センター長(埼玉精神神経センター)、坂井文彦先生(頭痛治療の名医)

(住所:さいたま市中央区本町東6-11-1)

 

【スポンサーリンク】

 

Yonta64 TV blog icon

スタジオ出演者一覧

ビートたけし院長、本日のゲスト患者、ガダルカナル・タカ松尾雄治、中山秀征、榊原郁恵、岡本麗。

 

先生アシスタント、喜多ゆかり(ABCアナウンサー)

頭痛薬をやめて頭痛を治そう! ―「頭痛外来」で1万人を治した名医からのアドバイス

 

Yonta64 TV blog icon

緊張型頭痛に隠れた治らない頭痛の正体は?

「緊張型頭痛」とは、肩などが緊張し血行が悪くなり、頭部の筋肉に痛みを発する物質が溜まっておきる。頭全体がぎゅっと締め付けられるような痛み。頭痛持ちの6割がこのタイプ。頭痛には350もの種類がある。

 

群発頭痛

症状は、左目の奥で針で刺されるような痛みが起こり、涙が出る。しかし20分程度でウソのように痛みは消える。週1回から2回、3回と痛む回数は増えてくる。最終的に毎日頭痛が起こるようになった。

 

群発頭痛とは、目の奥の血管が拡張し三叉神経を刺激して起こる頭痛。強烈な痛みが1時間〜2時間続き、目が充血して涙が止まらない。

群発頭痛って? | いろんな頭痛 | スッきりんのバイバイ頭痛講座

 

圧痛点

慢性頭痛に悩む患者には、「圧痛点」と呼ばれる特有のポイントがある。(首の後ろ側が多い)

 

《圧痛点が現れる所》

緊張型頭痛…首や肩周辺に硬くごりごりしたシコリがある

群発頭痛…眉毛の当たりが痛む

 

頭痛ダイアリー

坂井文彦先生が自ら開発した、頭痛治療の切り札。

http://www.jhsnet.org/headache%20diary.pdf

(PDF形式になっており印刷して使用が可能です)

 

頭痛ダイアリーには、頭痛の実態を客観的に把握し、治療効果が確認できるように。頭痛の起きた時刻、程度、薬の内容などを記入して行く。

 

Yonta64 TV blog icon

発作性片側頭痛(特効薬あり)

番組に登場した患者さんは、「発作性片側頭痛」だった。これは片側の目の奥が激しく痛み、目が充血して涙が止まらなくなるという特徴を持っている。

 

原因は、まだよく解っていないが、なんらかの原因で自律神経を司る脳幹にトラブルが発生し、三叉神経が異常に興奮して発症する。この頭痛には特効薬がある。

 

【特効薬】インドメタシン

インドメタシンは、脳幹に作用し、発作性片側頭痛に劇的な効果を発揮する。

 

インドメタシンを飲むとたった1日飲んだだけでいつもの激痛が襲ってこなくなったと、患者さんの手記にも記録されていた。

 

Yonta64 TV blog icon

特に見つけにくい頭痛の本当の原因を見分けるポイントを伝授!

(1)朝起きた時に痛む頭痛…睡眠時無呼吸性頭痛(睡眠時無呼吸症候群が原因の頭痛

(2)モノを噛む時に痛む頭痛…巨細胞性動脈炎(こめかみを通る側頭動脈に炎症が起きる病気、高齢者に多い。モノを噛むと側頭筋が収縮し動脈が圧迫されるため痛みが出る…ステロイドによって治る)

(3)トイレで息んだ時に痛む頭痛・・脳腫瘍の可能性(頭痛など様々な症状が出る)

 

Yonta64 TV blog icon

市販薬の飲み過ぎが招く治らない頭痛の正体

偏頭痛だと思い込み、市販薬を長年(10年間)大量に(1日2回の限度を超えて)飲み続けた結果、1日中、夜中にも頭痛で目が覚めるようになった。

 

病名は「睡眠時頭痛」…睡眠中の脳の状態をコントロールする脳幹の異常が原因だった。これは、市販薬の飲み過ぎで起こる。

 

脳幹は、もともと痛みがあるとこれを抑える物質を出す役割をしている。長期にわたって頭痛薬を飲み続けると、脳幹の機能が麻痺してしまい痛みを抑える物質が出なくなってしまう。

 

この場合は、「メラトニン」により、ホルモンの働きを良くし改善することが出来た。

 

次回の『たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学』は…

次回の「みんなの家庭の医学」は、しつこい肩こりの原因は?目のズレにあった!?あなたの目のズレを簡単チェック&解消法を紹介する。9月16日(火曜日)放送予定。

 

前回の『たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学』は…

<リンク調整中>