yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【反響まとめ】ガッテン!物忘れと認知症予防。高血糖の人は認知症の予備軍!脳と血糖値に深い関係が?予防法も紹介…【2018年5月23日(水曜日)放送内容まとめ】

今回の『ガッテン!』は物忘れ&認知症について!

2018年5月23日(水曜日)放送の『ガッテン!』は、物忘れ&認知症予防法について…。

高血糖になると脳の働きも落ちるそうです――。血液検査で関係の深い数値は「ヘモグロビンA1C」の値。今回のガッテンは、血糖値を下げて物忘れや認知症を予防する方法の紹介です!

広告

『ガッテン!』5月23日番組データ

【放送日時】 2018年5月23日(水曜日)19:30~20:15
【放送局】 NHK総合テレビ
【番組タイトル】 ガッテン!「物忘れ&認知症を予防!”記憶物質”大発見SP」
【司会進行】 立川志の輔 小野文恵NHKアナウンサー)
【スタジオゲスト】 宮本亜門(1958・東京) 山根千佳(1995・鳥取) 光浦靖子(1971・愛知・初出演)
【ナレーター】 山寺宏一

広告

物忘れのしやすさ…「血液検査」でわかる!?

実は私たちに身近な「血液検査」で、物忘れが起きやすいかどうか判るそうです。

その検査項目とは「」に関する数値!!

今回のテーマは「血糖値」と「物忘れ」の関係についてです。

――番組で取材した二人の高齢の女性。お二人とも物忘れが一時期ひどくなってしまいましたが、甘い物(糖質)を食べないようにすると、物忘れが減った事を実感できるようになったといいます。

カナダ・マックマスター大学のハーツェル・ガースティーン先生によれば、血糖値が高い50代から60代の男女3,000人を調査すると、血液検査の「ヘモグロビンA1CHbA1c」という値が高い人ほど記憶力が低下している…という結果になりました――。

  • 血糖値が高くなると物忘れがひどくなる。

この事は、今世界中の研究機関によって確かめられつつあるそうです…。

でも糖分は頭の回転に必要だった…はずですよね!?

例えば、将棋の名人戦。タイトル戦では対局中のおやつタイムは合計2回もあり、ケーキなど甘い物を食べる時間が用意されています。

羽生善治さんはケーキ派加藤一二三さん、藤井聡太さんはチョコレート派。ネットでもたびたび「何を食べたか」が話題にされています。

つまり、頭をフル回転させると「糖分を消費する」のは医学界でも常識なはず…。

頭の回転と甘い物…本当に関係があるの?

そこで、頭を使うと本当に糖が消費されるのか、番組アシスタント(ガッテンボーイ)の宮森右京くんが血糖値を測定しました――。

最新の血糖値測定器を使って15分ごとに記録します。(飲んでもらったのは、ブドウ糖50gが入った水です)

  • 何もしないでボーッと座っていた場合 … 45分で血糖値はピーク。その後2時間で元通りの血糖値へ
  • 記憶テストで頭を使った場合 … 開始30分でテスト開始。直後に血糖値は急降下…その後テストが終わるとまたなだらかな数値へ戻った…

つまり、脳を使うと糖分が使われる…ということは確かな事実のようです。

フリースタイルリブレリーダー(読取装置)FreeStyleLibre

フリースタイルリブレリーダー(読取装置)FreeStyleLibre

 

広告

糖があるのに…脳では糖不足…一体どういうこと?

健康な人と血糖値が高い人。それぞれPETスキャン(CTスキャンのような全身を調べる装置です)で糖が多く消費されている部分を調べました。

すると、健康な人の脳ではたくさんの糖が使われていることがわかったのですが、普段から高血糖の人は、脳にほどんど糖がありません!

高血糖の人の脳では記憶を司る「海馬」の部分の糖不足が特に顕著でした。

高血糖の人←糖が血液中にたくさん有る人…なのに糖不足…」これはいったいどういう事なのでしょうか?

血糖値の低下とインスリンの大切な働き…

ここで血液中の糖がどうやって消費されるのか?その仕組みの説明です。

私たちが甘い物を食べると、消化されて血液中に糖が出ます。

そして血糖値が上がります。

血液中の糖は、膵臓(すいぞう)から出てくる「インスリン」という物質の働きによって糖が血管の外に運ばれ、脳などの様々な臓器の細胞に届きます。

細胞に届いた糖は、脳をはじめとした全身の細胞に行き渡り、エネルギーとして活用されています。

その結果、血管の中の糖は無くなり、血糖値が下がるのです…。

しかし、血糖値が高い人は糖が多くなりすぎてインスリンの製造が追いつかなくなり、脳で使うはずのインスリンが不足するのです…。

そのため高血糖の人は脳に糖分が有るのにインスリン不足で処理が出来ず、脳が働かない状態に…。

これは御年90歳の現役医師、鬼頭昭三先生(広島大学名誉教授)が行った研究により実証されました――。

  • 血糖値が高い人 ⇒ 血糖値上昇! ⇒ インスリン出動!⇒ 糖が多すぎてインスリン不足に… インスリン不足で脳にある糖が使えない! ⇒ 脳が糖不足に! 脳が働かない…

 

広告

脳の糖不足を防げ!!簡単チェック法とは?

東京・立川病院の矢島賢先生(立川病院糖尿病・内分泌代謝内科医長)は、薬を飲み忘れたり、友人との予定を”まるごと”忘れたりする事があるかチェックするため、認知機能の簡単テストを行っているそうです。

  • 【簡単チェック問題】1分間に動物の名前を言えるだけ言ってください。その数をカウントします(※紙に書く必要はありません ※干支は禁じ手です

スタジオゲスト達も挑戦!その成績は…山根千佳さん9個、光浦靖子さん18個、宮本亜門さん17個でした。

スタジオゲスト専門家の、羽生春夫先生(東京医科大学 高齢総合医学部教授)によれば、14~15個程度言えるとOK。特に若い人はもう少し言えた方が良いそうです。

血糖が高い状態のとき、「あれ?いま同じ動物を言ったかな?」という状態になりがちだと言います。

”動物”を言ってそれを一時的に記憶している…そんな記憶を「作業記憶(ワーキングメモリ)」と呼ぶそうです。

血液検査で「HbA1」を確認してみましょう!

作業記憶が低下するのは、ヘモグロビンA1Cの値が以下のような数値になったときです。

  • HbA1c … 65歳未満は5.7以上、65歳以上は6.2以上で要注意です

これ以下の数値の人は今まで通りの生活を続けてOKとのこと。

また、食後の血糖値(食後2時間後の血糖値)は、140g/dl以上は脳でインスリンが機能していないことがあり、要注意です。

食後の血糖値は、市販の検査キットで測定可能です。

(※血糖値が測定できる薬局があります。また、高度医療機器を取り扱えるドラッグストアで誰でも測定器を購入出来るようになりました)

(※糖尿病の疑いがある方は専門の病院にご相談ください。)

bunshun.jp

血糖値コントロール認知症を予防しましょう!

羽生春夫先生によれば、アルツハイマー認知症と血糖値はかなり関係しているとのこと。

脳にインスリンが届かないということは、糖が血管にあふれ出し、脳の神経細胞にダメージを及ぼしている可能性があります。(糖は血管をボロボロにします)

それが長く続けば最終的には脳細胞の死滅に繋がって認知症の原因となるといいます。

海外では、インスリンを鼻から吸入して認知症を治療する臨床試験が始まっていますがまだ日本では実施されていません。

脳でインスリンを働きやすくするには?

脳の神経細胞を再生する力もあるというインスリンを働きやすくするには――

  • 週2回程度の有酸素運動 … 運動でインスリンが出やすくなる
  • 血糖値を上げない食事の工夫 … ご飯は1度に100gまで(小さなお茶碗軽く1杯程度)、野菜を先に食べる。血糖値を上げないような食事

認知症の予備軍であるMCI(5年で5割が認知症になってしまう)を、これ以上進行させないためにも、血糖値を上げないための生活の工夫はとても大切だといいます。

(※2018年5月23日(水)放送「ガッテン!「物忘れ&認知症を予防!”記憶物質”大発見SP」」より)

広告

『ガッテン!』放送終了後の反響ツイートは?

次回の『ガッテン!』は寝たきり原因物質について

次回の『ガッテン!』は、寝たきり原因物質について!この物質がある人と無い人では50%も死亡率が違ってくるそうです。6月6日(水曜日)放送予定。

前回の『ガッテン!』は「肝炎」の話

yonta64.hatenablog.com

当ブログの『ガッテン!』関連記事

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

『ガッテン!』関連グッズ

NHKガッテン!  血糖値をラク~に下げる! 科学の特効ワザ (生活シリーズ)

NHKガッテン!  血糖値をラク~に下げる! 科学の特効ワザ (生活シリーズ)

NHKガッテン! 血糖値をラク~に下げる! 科学の特効ワザ (生活シリーズ)