読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

反響要約「NHK ガッテン(ためしてガッテン)」ネギは青い部分を食べよう「ヌル」の細菌ウイルス・がん抑制効果ほか【2016年12月14日(水曜日)放送内容】

ためしてガッテン 免疫

NHKガッテン!「インフル・肺炎・がんに効く驚異のネギパワー」

2016年12月14日(水曜日)よる7時30分からNHKにて放送された「ガッテン!(旧・ためしてガッテン)は、ネギの健康パワーについての放送。

インフルエンザや肺炎、肝炎、がんにも効果があるとわかってきた「ネギ」に備わったある成分についてのお話し。

【スポンサーリンク】

ガッテン!番組放送データ

【放送日時】 2016年12月14日(水曜日)よる7時30分(73分)
【放送局】 NHK総合
【番組副題】 
【司会】 立川志の輔 小野文惠
【スタジオゲスト】 久本雅美 はるな愛 宮本亜門
【ナレーター】 山寺宏一
【ガッテンボーイ】 池田倫太郎 常住富大

風邪を寄せ付けない香りの力!

国立科学博物館には、大和本草(やまとほんぞう・1709年(江戸時代中期))という農学書が保存されている。

この本には、植物の薬効についてかかれていた。日本大学名誉教授の、有賀豊彦教授(75歳)が解説。

  • 急死した人の鼻にネギを差し込むと死んだ人が蘇る … ネギの香り成分(アリシン)が鼻を刺激して生き返った(文献では”死んだ”と記載があるが、死んだのではなく気絶していた可能瀬がある)

ネギのアリシンは香りを嗅いだだけで血流がアップ。その効果で風邪に対する免疫力をアップしている。昔から首にネギを巻くのはその効果があったのかもしれないのだという……。

中国全域で2003年に広まった「SAARS(サーズ・重症急性呼吸器症候群)」。

感染者8000人、死亡者700人以上。

しかし、その中で「山東省章丘(さんとんしょうしょうきゅう)」という街ではネギの消費がとても多かったため、サーズの患者すら出なかった

章丘は、中国のネギの産地。地元の人はネギを生で味噌などをディップして食べている。生かじりすれば「アリシン」は全て口の中で発生する。

アリシンは火を通すと生まれないため、アリシンの免疫力UP効果を利用するには生かじりが一番。

【スポンサーリンク】

ネギ免疫力UPの新成分とは?

農研機構 野菜花き研究部門 品質機能ユニット長の、上田浩史さんがVTR出演。

上田さんはネギからある成分を抽出。

それをマウスに与えた所、免疫の力を司る「IgA抗体(あいじーえーこうたい)」「マクロファージ」「ナチュラルキラー細胞」など「免疫三銃士」が超元気に活性化したことがわかった。

  1. 肺炎・インフルエンザ・肝炎の原因となる細菌やウイルスが口の中に入ってきた! ⇒ ネギによる活性化したIgA抗体がウイルスを取り囲んでやっつける
  2. 血液中にウイルスや細菌が入ってきても、ネギパワーで元気になったマクロファージが食べてくれる
  3. がん細胞とたたかう「ナチュラルキラー細胞」もネギパワーで活性化。出来たがん細胞を攻撃してくれる

ネギの青い部分を食べるだけでより効果的に!?

ある食べ方とは、「ネギの青い部分を生で食べること」。すると、ナチュラルキラー細胞は3から4倍、IgA抗体は、1.5倍、マクロファージは5倍にアップする。

ネギの青い部分の内側には、「ヌル」と呼ばれる粘液がある。この「ヌル(ネギの粘液)」には免疫力UPする成分があることが研究により判明。

市販のネギにはヌルが乾いてくっついているため、ネギの青い部分を食べれば自然にヌルも一緒に食べることになるという。

青い部分のヌルの健康成分は、冷凍しても、加熱しても失われることはない。

ベストなネギの保存法とは?

自宅でも鮮度が長持ちするネギのもっとも良い保存法とは?

その保存方法は「チルド室」に入れて保存。寒いチルドルームは、ネギがエネルギーを節約しようとするため、水分量の減少も抑えられる。その結果長い間(10日程度)持つと言う。

また、チルド室で保存すると、8%程度甘みが増す。ネギが長い場合は半分に切って保存してももOK。

ネギのルーツはモンゴルにあり!?

ネギ博士の、有賀豊彦さん(日本大学名誉教授)が、ネギのルーツを求めてモンゴルへ。

ウランバートルから遠い、ゴビ砂漠へ長い旅の果にようやく「アリウムアルタイクム」とうネギのご先祖を発見した有賀豊彦先生。

昔から姿は変わっていないという。食べてみるととても強い香り。アリシンは日本のネギの10倍以上だという。

「ヌル」はもともとこうした乾燥地帯で保水が出来るようにネギに備わった天然の仕組み。さらにアリシンは動物に食べられないようにするための防御手段となっている。ネギは乾いた厳しい環境で生き抜く生命力を秘めていた。

【スポンサーリンク】

ガッテン反響ツイート

次回のガッテン!は「尿酸値」

次回のガッテンは、尿酸値を下げる秘策スペシャル。1月4日(水曜日)よる7時30分から放送予定。

当ブログのガッテン関連記事

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

ガッテン関連グッズ

NHKガッテン!  2017年 冬号

 

NHKガッテン!  2017年 冬号

NHKガッテン! 2017年 冬号