yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【反響要約】ザ!鉄腕!DASH!!▽DASH海岸特別編「知床半島」調査&静岡県富士宮市で「0円食堂」【2017年10月8日(日曜日)放送内容】

2017年10月8日(日曜日)に放送された『ザ!鉄腕!DASH!』は、DASH海岸特別編として「知床半島」を調査。また後半は「0円食堂」の企画で静岡県富士宮市へ――。

【スポンサーリンク】

ザ!鉄腕!DASH!!番組データ

【放送日時】 2017年10月8日(日曜日)19:00~19:58
【放送局】 日本テレビ
【番組副題】 (1)DASH海岸 特別編 (2)0円食堂
【出演】 TOKIO城島茂 山口達也 国分太一 松岡昌宏 長瀬智也

1.DASH海岸 特別編

今回のDASH海岸は特別編として世界遺産でもある知床半島のいきもの調査。

海から40kmの道なき道を進む、城島リーダー。

案内人は、海洋環境専門家の 木村尚さんです。

エゾリスや大きなクワガタ、ニホンザリガニ(絶滅危惧種)、オショロコマ(絶滅危惧種)、アメマスを普通に見かけることが出来ます。また、日本最強のヒグマもたくさんいてとても危険な場所でもありました。木ノ実や昆虫を食べるヒグマは辺り一帯の大木に爪痕を残していました。

もちろん立ち入り禁止のため特別な許可を得て撮影を敢行しました。

カラフトマス」斜里漁港(しゃりぎょこう)へ移動

知床の森を去って翌朝4時、海洋環境専門家の木村尚さんと一緒に斜里漁港を訪れた城島リーダー。

漁港で待っていたのは、漁師の平賀篤さん(斜里第一漁協)。

平賀さんたち漁師はこの時期が一番の稼ぎ時、なんと2ヶ月で3億円も稼ぐといいます。穫れるのは高級魚「カラフトマス(マスの仲間)」です。

東京では500mもの巨大定置網を使うのですが、こちらではわずか14mの定置網で大漁に獲れるそうです。

城島リーダーも一緒に定置網を引き上げます。大きなカラフトマスであっという間に船が一杯に…。

その他「秋味」と呼ばれる卵をたくさん蓄えたサケも獲れました。

横浜DASH海岸へ

別の日、横浜DASH海岸には、城島リーダーと山口達也さんが居ました。

東京湾に面したDASH海岸を再生し知床の海岸のように豊富な生き物が住み着くようにするため、今も水の浄化作業が欠かせません…。冗談かもしれませんがTOKIOは横浜DASH海岸をきれいに浄化してやがて世界遺産にしたいとのこと。長寿番組「鉄腕ダッシュ」はまだまだ楽しみが続くようです。

【スポンサーリンク】

2.0円食堂「静岡県富士宮市

番組後半は「0円食堂」。相棒のキッチンカーは静岡県富士宮市へ。

今回担当したのは、城島リーダーと国分太一さんです。

ファーマーズマーケット「う宮~な」へ

今回は、JAふじのみや、富士山駅「う宮~な(うみやーな)」へ。

ロケ日は9月上旬、初冠雪がもうすぐの富士山がよく見える場所にあります。

開店と同時に落花生(1kg800円)が飛ぶように売れたった1時間で完売!落花生だけでなくお昼過ぎにはほとんどの野菜が売り切れてしまい、城島リーダーと国分太一さんが訪れたときにはすでに商品がありません。

それでも少し売れ残っていた落花生を見つけて生産した農家さん(佐野勝久さん)を訪問することに。

さすが城島リーダー、まるで営業マンのようにお宅に入り込んで取材をさせてもらいました。特に選別がとても大変で全て人力で行っているといいます。

出荷できない廃業品となった、半分だけ黒くなったものを頂いて帰った。

一方、ふた手に別れた国分太一さんは、う宮~なで見つけた「富士養鱒漁協」へ。

富士山の伏流水を使ったマスの養殖場「土田養鱒場(つちだようそんじょう)」を訪れ、傷がついたニジマスをゲット。

さらに、この地域の名物B級グルメ富士宮焼きそば」を思い出した城島リーダーと国分太一さん。焼きそばを食べたいということで、池田製麺所を訪問、うどんや餃子の皮で廃棄する切り残し部分を頂いて帰りました。

その他、モロッコインゲンや鯛の頭などもゲット。

「0円 富士宮うどん」を作り生産者の方々と一緒に食べました。

(※2017年10月8日放送より)

【スポンサーリンク】

ザ!鉄腕!DASH!!反響ツイート

ザ!鉄腕!DASH!!関連記事

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

【スポンサーリンク】

ザ!鉄腕!DASH!!関連グッズ