yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

チョイス 病気になったとき 「鼻詰まりに隠れた病気・副鼻腔炎や鼻中隔湾曲症の症状を改善する治療法や症状」【2015年10月31日(土)放送】

きょうのポイント
2015年10月31日(土曜日)に放送された「チョイス@病気になったとき」は、鼻詰まりに潜む病気。鼻詰まりが2週3週と続いた場合は耳鼻科で「副鼻腔炎」や「鼻中隔湾曲症」などの病気が隠れていないか診てもらったほうが良い。長年放置し思い悩んでいた鼻詰まりが画像診断などで解明され一気に解消するかもしれない―。

【スポンサーリンク】

チョイス@病気になったとき出演者一覧

【番組副題】 「あなどれない!鼻づまり」

【司会】 星田英利 浜島直子(鼻づまりに悩んでいて常に鼻水が出る・医者には行っていない)

【進行】 小山径(NHKアナウンサー)

【ナレーター】 佐藤真由美 江越彬紀

鼻づまりのトラブルで一番多いケース

蓄膿症(副鼻腔炎

(スタジオ出演医師:石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター))

副鼻腔炎(ちくのう)は、鼻の病気の中で最も患者の多いポピュラーな病気。

副鼻腔は顔面骨にある大きな空洞のことで両頬からおでこの上、脳の近くや目の近くまで広範囲に空洞がある。この空洞に膿が溜まって炎症などを起こす。

一番きっかけとして多いのは風邪。体力が落ちて免疫機能が低下した時、プールに入ってばい菌が入ったなど様々なきっかけはある。

副鼻腔の機能

副鼻腔の空洞が何故あるのか?その機能で一番大切なのは、吸い込んだ空気を温めて加湿すること。さらに、エアバッグの様な役割をしていて脳への衝撃を和らげている。

吉田さんの場合

 吉田さん(39)の症状

(VTR出演担当医師:大場俊彦(耳鼻咽喉科医師))

吉田さん(39歳)は、もともと鼻水のあまり出ない鼻詰まりの持ち主。

長年鼻が詰まっていて空気が通らない状態になっていた。

ところが風邪がきっかけで一ヶ月前に色が濃いたんと粘る緑色の鼻水が出てきて2週間以上続く。

さらに左の頬骨目の下あたりに痛み。何かが溜まっているような感覚がする。

内科でなく耳鼻科に行き、頭部画像診断などを受けた結果、「副鼻腔炎」という診断。これは鼻の奥の「副鼻腔」という空間に鼻水がたまり炎症が起こり膿も出てきて痛みを起こす病気。(いわゆる”ちくのう症”)

吉田さんが行った治療

吉田さんが行った治療方法は、薬によって炎症をとる治療法。薬を飲み始めて2,3日したら鼻の通りが良くなり痛みがなくなり、鼻の通りも正常。

鼻うがいは石井先生もおすすめ。副鼻腔の病原菌を洗い流してくれるという。

倉重さんの場合

倉重さんの場合「副鼻腔炎が重症化」

(担当医師:JCHO東京新宿メディカルセンター 石井正則先生)

副鼻腔炎が重くなると大変。倉重るいさん(34歳)の場合。

20歳の頃、冬に電車の車内に入ると温かい空気で息苦しく感じた。また、鼻詰まりも20歳ごろから気になるようになった。

呼吸器科で診てもらうと「咳喘息」の診断。咳喘息とは喘息の一歩手前の症状で気管支に炎症が起きて内部が狭くなっている。

吸引タイプの薬で咳はカバーできたが、鼻詰まりは治らない。そのうち味も解らない状態となり、仕事のパティシエもやめなくてはならなくなった。

何軒も耳鼻科を回ったが改善せず、より専門的なJCHO東京新宿メディカルセンターを受診。画像診断により、副鼻腔が殆ど膿で埋まった重症の「好酸球性 慢性副鼻腔炎」と診断された。

好酸球副鼻腔炎は、せきぜんそくを併発する場合もある。

倉重さんの治療

【スポンサーリンク】

倉重さんは内視鏡手術によって副鼻腔にある膿を取り除く手術を受けた。

膿を取り除いた後、倉重さんが喫茶店に行き「ふっと」コーヒーの香りがしたときは本当に嬉しかったと話す。また咳喘息の発作も減って味や香りがわかるようになった。

嗅覚が悪くなると味の感覚もなくなる事がわかっている。

副鼻腔炎の手術内容は?

副鼻腔炎の手術は自在吸引管という器具を使い内視鏡手術によって行われる。手術は全身麻酔で行われる。

慢性副鼻腔炎手術の費用は?

慢性副鼻腔炎の手術費用は、1週間前の入院と手術を含めて約35万円。保険適用内の手術となる。

アレルギー体質と副鼻腔炎

アレルギー体質の人は副鼻腔炎が起こる可能性が高い。

倉重さんも元々アレルギー体質を持っていた。

池田円さん(42)の場合

池田さんは、幼い時から鼻詰まりに悩んでいた。口で食べていると鼻で呼吸できず、軽い呼吸困難になるほど。

大人になってから、ひどい頭痛。左上の奥歯の痛みが起きる。

歯を抜いたが、それでも顔の左側の痛みはなくならない。これはおかしいと、JCHO東京新宿メディカルセンターを受診。

画像診断の結果、左側の副鼻腔が膿で全て埋まっていた。さらに空気中の黒カビ「アスペルギルス」も鼻の奥で発見。

味を感じない池田さん、普段からあまり食事もしない。栄養不足からアスペルギルスが発生しても撃退出来なかったと考えられる。

ステロイドなど抗生物質を長期に渡り飲み続けたり、糖尿病の場合など以外で通常はカビが生えることはまず無いという。それは免疫機能が守っているから。

池田さんのチョイス

池田さんは手術を行った。副鼻腔にたまったカビや膿を書き出す内視鏡手術をした。

今は食事が楽しくてありがたいという。

浜さゆりさん(50)のケース

浜さゆりさん50歳は、小さな頃から耳鼻科通院が欠かせず、40年以上鼻詰まりに悩んでいた。浜さんはいろんな治療を試した。

鼻粘膜をレーザーで焼く手術や、市販の点鼻薬などいずれもその場限りの効果で根本的な解決に至らなかった。

なかでも点鼻薬は使いすぎで逆に鼻を詰まらせていた。これは「肥厚性鼻炎」と言い鼻の内部で粘膜が肥大する病気。

浜さんの根本原因とは?

浜さんは画像診断により根本的に鼻の穴の仕切りが曲がっていた。「鼻中隔湾曲症」という病気。

鼻中隔湾曲症の手術内容は?

鼻中隔湾曲症は手術によって治療する。

まず鼻の粘膜を切り軟骨を出して一部を切り取り曲がった軟骨を真っ直ぐにして接合する。浜さんは「普通の人はこんなに楽なのか?」と今まで感じたことのない感覚に驚いた。

なぜ鼻中隔湾曲症が起きるか?

【スポンサーリンク】

鼻中隔湾曲症が起きるのは、子供の頃大脳が発達して大きくなった時に鼻中隔を押して曲げてしまう。人類の祖先は大脳が小さいので鼻中隔湾曲症がとても少ないという。

鼻中隔の曲がり具合は、ペンチのようなもので先生が広げて見るだけで大体わかってしまう。

次回のチョイス@病気になったときは…

次回の「チョイス@病気になったとき」は、人間ドッグ。検査項目のチョイスや、費用の負担を減らすための方法も伝授!

チョイス病気になったとき関連グッズ

NHKチョイス@病気になったときVol.4―認知症を防ぐ (主婦の友生活シリーズ)