yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

爆報THEフライデー昭和謎解きサスペンス「西口彰 連続殺人犯」殺人鬼77日間の逃走劇とは?貴方の周りに居るエリートは本物ですか…?【2017年4月14日(金曜日)放送内容 TBS】

爆報THEフライデー「西口彰連続殺人犯」

2017年4月14日(木曜日)放送の爆報THEフライデーでは「爆報謎解きサスペンス 西口彰連続殺人事件」を取り上げた。

77日間の逃走劇は小説・映画「復讐するは我にあり」にもなり昭和の日本を震撼させた。テレビでは連日放送され大スクープになったが、逮捕のきっかけとなったのは意外にも11歳の少女だったという…。

【スポンサーリンク】

爆報THEフライデー番組データ

【放送日時】 2017年4月14日(金曜日)よる7時(60分)
【放送局】 TBS
【番組副題】 爆報謎解きサスペンス第2弾「西口彰事件」

爆報謎解きサスペンス第2弾「西口彰事件」

今回番組で取り上げたのは西口彰連続殺人事件。

容疑者の西口彰は当時38歳。(朝日新聞1964年1月4日付けより)

5人もの殺人を起こしながら77日間逃走し続けた連続殺人犯として、当時新聞やテレビをにぎわせた。

この連続殺人事件は作家佐木隆三によって小説「復讐するは我にあり」となりベストセラー(直木賞受賞)になっている。

復讐するは我にあり (文春文庫)

復讐するは我にあり (文春文庫)

 

さらに主演緒形拳で映画化(1979年)もされており、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した。

東京オリンピック1年前」に事件は起きた…

1年後に東京オリンピックを控えた1963年事件は起きた。

世間は好景気、オリンピックのためテレビ需要は飛躍的に拡大した時期でもあった…。

しかし誰もが楽しめるようになったテレビに連日のように映し出されたのは「凶悪殺人犯”西口彰”」だった。

1963年10月18日福岡「第1・第2の殺人」

最初の殺人が発生したのは1963年10月18日、福岡の専売公社(現:JT)の顔見知り2名を誘い出し一人をハンマーで撲殺、もうひとりは包丁でめった刺しにした。

犯行目的は「集金の金」、当時の26万円(現在の価値にすると260万円)を奪って逃走している。

すぐに窃盗や詐欺で前科4犯だった「西口彰(1925年大阪生まれ)」が捜査線上に浮上、福岡県内で指名を手配したが、西口のその後の足取りはぷっつりと消えてしまう…。

【スポンサーリンク】

第3・第4の殺人事件「浜松の旅館にて…」

浜松に現れた西口彰は、静岡大学の教授に変装していた。

その他にも、「京都大学教授の正岡」「広島大学教授、村田清志」などの偽名を使用し、専門用語を使ったり他人になりすまして「XX大学のXX教授は宿に泊まっていませんか?」と自分が泊まっている宿に電話をして女将を信用させるなどを繰り返していた。

こうして宿の女将を信用させた西口は、女将と息子を殺害し罪を重ねてゆく。

大胆にも西口彰は宿の主人になりすまし、骨董商を呼んで旅館にあった金目の骨董をすべて売り払った…。

1963年12月20日東京で第5の殺人事件

浜松の殺人から32日後の1963年12月20日、警察は西口彰を全国に指名手配したが今度は東京で殺人事件が発生。

会社役員に変装した西口は、弁護士に近づき殺害(第5の殺人)。

1964年1月2日「古川泰龍氏に近づく」

警察の網をかいくぐり1964年1月2日には熊本県の小さな温泉街に現れた。

冤罪の囚人を救う活動をしている古川泰龍(ふるかわたいりゅう)氏を知りその資金に着目、今度は弁護士になりすました。(弁護士バッジは第5の殺人の際に奪っていた)

古川泰龍氏の活動を事前に調べ、活動をサポートする名目で近づいている。

家の者は全く疑いなく受け入れたが11歳の娘、るり子だけは正体が「西口彰」ではないかと気がついていた。

母親に相談、顔のイボは無かった(当時特徴のイボは切除していた)がそっくりだった。

娘の相談を受け、正義感の強い父親の古川氏は西口を家に呼び寝ている所を警察に逮捕させようと提案。家族は殺人犯とともに一夜を明かす不安な夜を過ごした。

家族が寝る部屋には念のため鍵を設置、午前4時に警察が到着した。

翌朝の7時、古川氏と一緒に近所の露天風呂を訪れたあと捕獲されたという…。

77日間の逃亡の末、1964年1月3日に逮捕となった。余罪を追求すると5人の殺害以外に10件もの詐欺を働いていた事が判明している。

なぜ11歳の少女は変装を見破れたのか?

変装した全ての肩書は大学教授や弁護士などの「エリート」。

犯罪心理学を研究する筑波大学の原田隆之教授によれば、西口は「ハロー効果」(ハロー=後光がさす)を狙っていたという。

初対面の人物を判断する時は相手の社会的地位に判断が歪むことが多い、特に1960年代は学歴格差が大きくなり、大学教授や弁護士などは庶民には程遠い地位だった。

そのため大人には変装よりもむしろ「肩書」によってイメージが歪み判断を鈍らせたと原田先生。

そうした先入観のない11歳の少女は純粋に「顔」だけを判断し見事犯人を見破ったという。

西口彰は1970年に死刑執行

西口彰は1970年に死刑執行された。

こうして日本初の大逃亡劇は幕を閉じた…。みなさんの回りにいる高学歴のエリートは本物ですか?

【スポンサーリンク】

爆報THEフライデー反響ツイート

当ブログの爆報関連記事

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

yonta64.hatenablog.com

爆報THEフライデー関連グッズ

あの頃映画 the BEST 松竹ブルーレイ・コレクション 復讐するは我にあり [Blu-ray]