読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

爆報『音無美紀子を襲った 乳がんとうつ病。回復のきっかけは「死んでもいいよ」??』【2016/09/02(金)放送内容 TBS】

爆報!音無美紀子を襲った「うつ」

2016年9月2日(金曜日)よる7時から放送された「爆報THEフライデー」では、音無美紀子(66)を襲った”うつ病”について。

うつ病のきっかけは「乳がん」の手術。夫、村井國夫の「死んでもいいよ…」という言葉がうつ病から立ち戻るきっかけになったと語る。

【スポンサーリンク】

女優の闘病記「うつ病

音無美紀子うつ病に襲われた。

音無の体に異変が起きたのは、村井國夫との結婚から13年後のこと…。

子育ての真っ只中だった39歳。あるドラマの台本を読み合わせしていると…。自分の番はわかっているのにセリフが全く出てこなかった。

この時のことはよく覚えていて、いつもとは全く違い明らかに異常だと自分でも解った。それ以来日に日にうつ病は悪化したという。

「乳がん」を宣告されていた!?

そしてドラマを降板し女優の仕事は休止、それどころか家事もできなくなってしまう。

きっかけは、うつ病が現れる少し前に「乳がん」を宣告されていたこと。そして左胸を切除する手術を受けていたのだった。

その治療の際、点滴の抗癌剤が上手く入らず腕の内部に漏れだしたため「腕がパンパンに膨れ上がった」それを見た音無美紀子

それでなくとも癌のことで頭が一杯の所へさらに「女優復帰出来ないかも…」という不安も加わり、うつ病の引き金を引いてしまった…。

ある日「私、もう生きたくない死にたい…。」と苦しみの言葉を吐露。「自殺願望」さえ芽生えてしまう。

村井國夫「死んでもいいよ」と言った!?

そんな音無美紀子に、村井國夫は「死んでもいいよ」と言ったという…。

ただし続けてその後に、「もう1年だけ生きて欲しい。子どもたちはまだ小さいから、1年くれれば僕が君から家事を教わって育児ができるようになりたいんだ」

と言ったという。

「1年間育児を楽しもう」という彼の言葉に逆に「生きなきゃ」という気持ちになったという。

「死んでもいいよ」という言葉が受け入れられて気持ちが楽になったと音無美紀子が語った。

その後、村井國夫も家事に協力し気楽になったという。うつ病の症状は徐々になくなった。音無美紀子、66歳。これからも一層女優として輝き続ける。

音無美紀子66歳「自家製ドリンク」レシピ大公開!

番組では、女優音無美紀子が毎日健康の秘訣だという自家製ドリンクのレシピを公開した。

どす黒い液体は指でかき混ぜる。(爆報スタジオゲストたちが飲むと「意外に美味しい!」との声)

毎日飲み続け村井家では病気知らずだという。

それは自分で作る酵素ドリンクだった。

酵素とは主に、野菜や発酵食品に含まれる栄養素で、新陳代謝や血液の循環を良くする効果もあるという。

作り方は…

  1. 野菜や果物 …10kg+上白糖11kgを混ぜる
  2. 発酵剤(響魂)を加え1週間毎日混ぜる
  3. 手で混ぜるのがポイント(手の常在菌も一緒に混ぜる)
  4. 完成した酵素は水で薄めて飲む(酵素:水 =1:2)
ディアナチュラスタイル 48種の発酵植物×食物繊維・乳酸菌 240粒(60日分)

ディアナチュラスタイル 48種の発酵植物×食物繊維・乳酸菌 240粒(60日分)

 

音無美紀子反響ツイート

音無美紀子関連グッズ

がんもうつも、ありがとう! と言える生き方

がんもうつも、ありがとう! と言える生き方

がんもうつも、ありがとう! と言える生き方