読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

【あの人は今…】たった一枚のキス写真で消えたアイドル「大森玲子(32歳)」は今、タトゥー除去の激痛に… 【爆報THEフライデー 2016年7月8日(金)放送内容 TBS】

爆報!THEフライデー

大森玲子のあの人は今

2016年7月8日(金曜日)よる7時から放送された「爆報!THEフライデー」では、大森玲子が登場。

現在32歳となった、清純派アイドル「大森玲子」は一枚の写真をきっかけに裏の顔がバレ芸能界を干された。さらに安易にタトゥーを入れ現在激痛に耐えながら2年間もの除去手術を受けている。

【スポンサーリンク】

爆報THEフライデー番組データ

【放送日時】 2016年7月8日(金曜日)よる7時から(60分番組)
【放送局】 TBS 系列
【番組副題】 消えたアイドルは今…衝撃の転落劇【スペシャルゲストMC】 田原俊彦
【メインMC】 爆笑問題田中裕二 太田光
【アシスタント】 吉田明世
【スタジオゲスト】 水町レイコ(41歳・北島三郎の娘)
【ひな壇ゲスト】 友近 アンガールズ山根良顕 田中卓志) 平成ノブシコブシ(吉村崇 徳井健太) テリー伊藤 オリエンタルラジオ中田敦彦 藤森慎吾)

優香のライバルと言われたアイドル

1990年代後半、同世代の深田恭子、優香ともユニットを結成。2人のライバルと言われたアイドル「O」とは大森玲子のこと。

当時14歳、1996年のホリプロスカウトキャラバンでピュアガール賞を取得している。

順調に行けば、優香や深田恭子のように現在も幸せな芸能界活動が出来たはずだったが…。

地元で有名な一般人男性との交際

大森玲子が変わったのは、大森の友人から紹介された男性だった。

その男性は地元では有名な一般人の男性で積極的にアプローチを受け事務所に内緒で交際がスタートしたという。

部屋に一緒にいる時に男性と肩を寄せ合った写真を撮った。2年後なぜかそれが「東京スポーツ 2003年2月1日付け」に掲載された。

プライベート写真が流出

ポスト優香と言われていた当時、キス写真が流出しスクープされた。

それは、大森から別れを切り出した男の憂さ晴らしスクープだった。近年、芸能人の元交際相手が破局の憂さ晴らしに週刊誌に写真を売り込むことが増えている。

人気絶頂だったプライベート写真が100万円で売られ、その後次々と地元でヤンキーだった頃の写真などが売り込まれスクープされていった。

原付バイクにジャージ姿で2人でまたがったり茶髪にしていたりと清純派アイドルとは正反対のまさに裏の顔だった。

裏では、不良の友人たちと入り浸りお酒や煙草も吸っていたという。また、彼女の腕には生々しい「根性焼き」の火傷痕かいまだに残っている。

所属事務所「契約解除」

そして、数々の裏の顔が事務所にバレてしまい。ついに所属事務所(ホリプロ)は大森玲子を契約解除した。

そして芸能界から消えた。

芸能界を干され「タトゥー」を入れる

芸能界を諦めることが出来なかった大森玲子は、バンドを独自に結成。

アーティストとして少しでも目立つために「タトゥー」を入れた。手首から肘にかけて30cmのタトゥーを入れた。

しかしCDは全く売れずバンドはあっという間に解散。

その後もタトゥーを入れたために、プールやサウナ、銭湯、ジムなどで門前払いになったり、目立つタトゥーを入れているため雇う会社もなかった。

また、結婚を意識した男性と出会うがタトゥーを入れていたため相手の両親が拒絶、破談となった。

大森玲子(32歳)のお姿大公開!

現在、実家のある千葉県船橋市に住んでいる大森玲子。尋ねると、32歳となった一見ギャルのような茶髪の女性がいた。

タトゥーを入れたため普通の職場で働けない大森は現在、水商売で生計を立てている。

タトゥー除去手術を完全密着

近年、タトゥーを入れたことの重大性を後悔し、除去手術を受ける人が増加している。

20代から30代の女性が多く、母親になった時に子どもと一緒にプールに入れなかったり、銭湯を利用できなかったりすることや、学校で子どもがいじめられるきっかけにもなるという理由からだという。

タトゥーを消すには?

大森玲子は、タトゥーを消すため2年前からクリニックに通っている。

今回が12回目の手術。タトゥーをを消すには2つの方法があり、「タトゥー部分の皮膚を切除して縫い合わせる方法」と「レーザーで皮膚を焼きわざとやけどを負わせ、新しく再生する皮膚で消す」方法。

大森は、タトゥーの範囲が広いため、レーザー治療となった。

この治療はやけどの激痛がかなり大きいため麻酔を超える痛みに非常に苦しめられる。取材していたカメラのレンズにもレーザー光線が反射し焼きつきを起こすほどの強力なものだった。

薄い色は特に消えにくい。約15分のレーザー照射が終わり麻酔が切れる頃最大の痛みが大森を襲う。

病院のソファーに完全にうなだれスタッフの声も届かないようだ。

タトゥー除去手術費用

たった2万5千円で入れたタトゥー。除去手術にかかった費用はしめて約100万円(2年間12回分)。そして最大のデメリットは「激痛」。

大森は1ヶ月後、かさぶたが残る腕を見せてくれた。まだ完全に消えてない傷が痛々しい。

それでも将来子どもが生まれたら腕を振って歩けるようにこの辛い治療をあと2回受けると笑った。

【スポンサーリンク】

爆報THEフライデー反響ツイート

【スポンサーリンク】

このブログの爆報THEフライデー

yonta64.hatenablog.com

爆報THEフライデー関連グッズ

大森玲子写真集 玲子図鑑

大森玲子写真集 玲子図鑑

大森玲子写真集 玲子図鑑