yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

要約「爆報THEフライデー あの人は今」▽古村比呂、LVA手術。川野太郎妻がん告白ほか【2016年5月27日(金)放送内容 TBS】

今日の爆報は「古村比呂 LVA手術」

2016年5月27日(金曜日)よる7時から放送の「爆報!THEフライデー」は、子宮頸がんを患い全摘出後、後遺症のリンパ浮腫。番組ではリンパ浮腫を治す手術「LVA」に密着、手術は成功し徐々に足は元通りに。

他に、元バレーボール鬼コーチ「葛和伸元」監督、川野太郎妻など

【スポンサーリンク】

爆報!THEフライデー出演者データ

【放送日時】 2016年5月27日(金曜日)夜7時(約55分)
【放送局】 TBS
【放送副題】 あの朝ドラスターは今…病と闘っていたスペシャ
【スタジオスペシャルゲスト】 大空真弓(76歳)
【スタジオゲスト】 友近 アンガールズ田中卓志 山根良顕) 平成ノブシコブシ(吉村崇 徳井健太) テリー伊藤 オリエンタルラジオ中田敦彦 藤森慎吾)
スペシャルゲストMC】 田原俊彦
【MC】 爆笑問題田中裕二 太田光
【ナレーター】 佐藤賢治
【アシスタント】 吉田明世(TBSアナウンサー)

 

朝ドラ女優「古村比呂

子宮頸がんの後遺症「リンパ浮腫」と闘う元朝ドラ女優、古村比呂

左足がパンパンに膨れ上がりくるぶしも見えない状態になっていて歩行困難の危険も出ている。

古村比呂に残されたのは「リンパ浮腫改善手術」。

2008年(当時43歳)に、布施博と離婚。

長男、拳人さん、次男、翔吾さん、三男、大海さんを育てるシングルマザーになった。

その後、2011年46歳の時に子宮頸がんを発症し子宮を全摘出。

2015年、「続発性リンパ浮腫」を発症した。この病気は手術でリンパ節を切除した結果起こる副作用(後遺症)で、老廃物が体内にたまりリンパの流れが滞る病気。

足が不要なリンパ液で膨れ上がり異常にむくんでしまう。

リンパ浮腫改善手術「LVA」

(出演担当医師:前川二郎(横浜市立大学附属病院・形成外科))

「LVA(リンパ管静脈吻合術)」とは、足の皮膚を切り開き、流れの悪くなったリンパ管を静脈に縫い付けるバイパス手術の方法。

リンパ液は静脈の方へ流れむくみが改善してゆくという。

静脈につなぐリンパ管が見つかれば、劇的に回復するという最新のやり方。

担当医師の、前川二郎先生が執刀する。

先生はこれまで1,000回のLVA手術(費用は70万円)を行ってきたエキスパート。

蛍光リンパ管造影検査で古村比呂のリンパ管を探し出すが、最適なリンパ管を見つけることが出来なかった。

手術断念を先生に勧められるが、1%の希望があれば掛けてみたいと手術を受けることにした。

4月22日に手術は成功した

古村のリンパ管を探すがほとんど潰れていてつなぐリンパ管が見つからない。肉眼では見えない世界で先生は根気よく慎重にリンパ管を4本探しだし縫合した。

手術から1ヶ月後、経過は良好少しかかるが足の付根-3.2cm、ふくらはぎ-2.1cmと確実にサイズダウンしているという。

半年後には元に戻るかもしれないと期待を寄せ涙を浮かべる古村比呂(50歳)だった。

女子バレー「葛和伸元監督」は今?

全日本女子バレーの監督で鬼の監督だった「葛和伸元」元監督。

現在は、なんと時給750円のアルバイトをしているという。

2000年6月21日に開催されたシドニー・オリンピック世界最終予選では、日本対中国の試合が視聴率30.6%を記録したほどの人気ぶりだった。

しかし、葛和伸元チームは1964年東京オリンピック以来初の予選敗退をしてしまい、世間からその指導方法に「運動会なみのレベル」などと大バッシングを受けた。

あれから16年、今葛和伸元監督は、仙台でアルバイトをしていると61歳の現在の姿が公開された。

葛和伸元監督は現在、ショッピングセンターフードコートにある「さぬき麺屋 仙台直売所」でうどんを作る店員のアルバイトをしている。時給は750円。月額3万6千円稼いでいる。

ほとんど前歴を気付かれない鬼の葛和監督だった。

現在61歳、仙台市内のマンションで一人暮らしをしている。妻や息子たちを東京に残し、単身やってきた。

  • 45歳でバッシングを受け代表監督を辞任
  • その後、Vリーグで監督を12年間
  • 57歳で監督をやめた
  • その後、添乗員、喫茶店、お好み焼き屋など年齢ですべて断られた
  • 59歳、仙台ベルフィーユの監督に就任

週6日夜に、バレーの監督。週3日、うどん店でアルバイトをする生活をしている。

最近は内館牧子「終わった人」に影響を受けて「俺は働いている!という充実感がほしい」頑張らねばと思っている。

終わった人

終わった人

 

トシちゃん、ジャニーさんに怒られた?

トシちゃん(田原俊彦)がジャニーさんに一番怒られた時の話をした。

トシちゃんとジャニーさんがタクシーに乗り、ジャニーさんのお腹の調子が悪くてとてもくさいおならをされた。トシちゃんがたまらず「ジャニーさん、お腹痛いの?」というとめちゃめちゃ怒られたという。

【スポンサーリンク】

川野太郎(56) 妻のガン闘病告白

NHK澪つくし」で主演を務めた俳優の川野太郎

1991年に珠美さん(当時29歳)と結婚。二人の子宝に恵まれた。

2016年2月に妻のガンを告白。

www.daily.co.jp

2009年7月、珠美さんの体調が悪く精密検査を受けたところ、子宮頸がんのステージ4(最も深刻)だった。

医師に紹介状を書いてもらい放射線治療ができるがん専門病院へ。

川野太郎本人が再現VTRに登場し当時を再現)

紹介状を書いてもらう時に、

  • 川野太郎「もし、先生が治療を受けるとしたらどこの病院ですか?」

と妻を助けたい一心で尋ねた。このような川野の一言「医師が行きたい病院を選ぶこと」は実は有名医療サイト「医者がすすめる専門病院」と同じ尋ね方だったという。

www.qlife.jp

こうして、最新のがん治療を受けた結果ステージ4のガンは消失。妻は元気になった。

長男の、川野雄平くん(21歳)も父の背中を追い俳優へ。

娘の櫻子さん(18歳)は高校生活を楽しんでいるという。

大空真弓 がん7回発症!

今日のスタジオゲスト、大空真弓(76歳)。

28歳の時、俳優の勝呂誉(すぐろほまれ)と結婚。一人息子に恵まれたが、42歳で離婚した。

元夫の勝呂誉は、離婚から12年後に一般女性と再婚。(大空は、なんと再婚相手の結婚式に呼ばれていないのに出席するというびっくり行動をしていた)

18年間で合計7回もがんを発症していた。

しかも、がん患者でも珍しい「多重ガン」という癌だった。

これは癌になった後、転移ではなく新しいがん細胞ができることをいう。

大空真弓は、健康のため「セラルージュのこだわり家族のこだわり卵」を毎日2,3個食べている。コリンなど栄養素が豊富。


 

医師「大圃研(おおはたけん)」

先日「情熱大陸」にも取り上げられた医師でNTT東日本関東病院内視鏡部部長の先生。

とても若くイケメンで優秀な先生。

大空真弓も執刀してもらった。胃や大腸の内視鏡医として世界各国の医師たちに指導する。

爆報THEフライデー反響ツイート

【スポンサーリンク】

次回の爆報THEフライデーは…

次回は週刊文春でも報道された消えたアイドル。

爆報THEフライデー関連グッズ

がんを身籠って

がんを身籠って

がんを身籠って