yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

2014年8月29日(金)放送内容まとめα『爆報!THEフライデー』宮内洋「閉塞性動脈硬化症で人工血管バイパス手術」・藤井一子・小松みどり・三木聖子の「まちぶせ」など【番組あらすじまとめ】

2014/08/29(金)放送の『爆報!THEフライデー』は…「あの美女は今…大追跡SP」五月みどりの妹、小松みどりは今バツイチ独身。第二の中山美穂、藤井一子。元祖美人占い師「マリーオリギン」。三木聖子版「まちぶせ」をファンの前で披露。宮内洋「閉塞性動脈硬化症で人工血管バイパス手術」など。

【スポンサーリンク】

スタジオ出演者一覧

スペシャルゲストMC、田原俊彦

メインMC、爆笑問題(田中裕二・太田光)

ひな壇ゲスト、友近、アンガールズ(山根良顕・田中卓志)、パンクブーブー(佐藤哲夫・黒瀬純)、テリー伊藤、オリエンタルラジオ(中田敦彦・藤森慎吾)

TBSアナウンサー、田中みな実

五月みどりの妹「小松みどり」は今…64歳バツイチ独身

(ナレーター、佐藤賢治)

歌手、小松みどり(64歳)。1967年(昭和42年)17歳で歌手デビュー。姉の影響を受けて、35歳で日活映画「小松みどりの好きぼくろ」に出演。

港区にある小松みどりの自宅。出てきた、小松の顔には、「シリコンマスク」(100円ショップで売り切れ続出のフェイスマスク)を付けていた。(番組紹介商品名:シリコーン 潤マスク(フェイスマスク))

小松みどりの部屋

「小松みどりの部屋」(住所:東京都 港区赤坂3-14-2)

小松みどりの部屋 港区赤坂/グルメ・クーポンのホットペッパー

小松みどりは、現在赤坂でカラオケクラブを経営している。新規の場合は2時間で7千円飲み放題&小松みどりをくどきほうだいとのこと。

第二の中山美穂と呼ばれたアイドル「藤井一子(44歳)」は今…

【スポンサーリンク】

(ナレーター:中井和哉)

1980年代の人気ドラマ「毎度おさわがせします」は、中山美穂主演の最高視聴率、26.2%の人気ドラマだった。

ゴールデン☆ベスト

ゴールデン☆ベスト

 

このドラマに、不良役として出演していたのが、藤井一子(当時15歳)。4万5千人の中からオーディションで選ばれドラマでデビューした。

その後、「夏体験物語2」、その主題歌「チェックポイント」で歌手デビューも果たす。デビューからわずか5年で芸能界から引退した。

北九州市 黒崎商店街 新天街通り

「黒崎商店街 新天街通り」

人に優しいおもてなしの街 |黒崎商店街 くろさきナビ

「藤井兄弟物産 本店(黒崎店)」(住所:北九州市八幡西区黒崎2-9-1)

人に優しいおもてなしの街 |黒崎商店街 くろさきナビ

ここは、商店街の半分のお店が潰れている典型的な「シャッター商店街」だった。商店街の明太子屋さんを手伝っている。忙しい時に時々お店に出て手伝っている。

芸能界を引退した後は、地元で働き25歳の時に、福岡の男性(会社員)と結婚していた。長男、まおき君(12歳)など二人の子宝に恵まれた。

【番組紹介商品】

ふじいの辛子めんたいこ…最上級のスケトウダラの卵「真子」

「ふじいの辛子めんたい子」入口

藤井一子みずから、自分で考えためんたいこメニューをホームページに載せている。

70年代「当たり屋おギン」と呼ばれた元祖美人占い師「マリー・オリギン」は今…

独身!年齢不詳!怪しい呪文を唱える魔女になっていた。1970年代、元祖美人占い師としてテレビ出演。(「ぎんざNOW!(ぎんざなう)」「ヤング720」)

4回連続、次期総理大臣を的中させ「当たり屋おギン」と呼ばれた。また、伊丹十三や赤塚不二夫、遠藤周作などの相談役も引き受けていたという。1990年代には芸能界から引退した。

自分にかける魔法 ~幸せを呼ぶ秘密の作法~

自分にかける魔法 ~幸せを呼ぶ秘密の作法~

  • 作者: マリーオリギン
  • 出版社/メーカー: 毎日コミュニケーションズ
  • 発売日: 2009/09/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

リポーター、坪倉由幸(我が家)が、マリーオリギンに会いに行った。あれから40年、現在のマリーオリギンは?

全裸で呪文をとなえる占いを行っている。マリーオリギンの売らない料金は90分3万円〜。

かつて芸能界ではカバー曲が元祖よりもヒットし因縁を生じた

昭和の名曲「氷雨」は、1977年(昭和52年)に佳山明生が先に歌ってデビュー。わずか5年後、1982年(昭和57年)同じ曲をカバーして大ブレイクした。佳山明生が果たせなかった紅白歌合戦にも出場し、「氷雨」と言えば日野美歌と言われるまでになってしまった。

昭和の名曲「まちぶせ」を石川ひとみより先に歌っていた歌手「三木聖子(57歳)」は今!

初代「まちぶせ」を歌っていたのは、三木聖子(当時19歳)。

【人たらしの極意】元祖“まちぶせアイドル”を仙台で見つけた! - 芸能 - ZAKZAK

作詞・作曲はユーミン(荒井由実)。もともと三木聖子のために書き下ろした曲だった。レコードは「第7回日本歌謡大賞新人賞」など7万枚のセールスを売り上げた。

Myこれ!Liteシリーズ 三木聖子

Myこれ!Liteシリーズ 三木聖子

 

デビューからわずか2年で姿を消した。その4年後、歌い手が居ず宙に浮いた「まちぶせ」を石川ひとみがカバーし再リリースし歌った。売り上げは40万枚と三木聖子の売り上げのはるか上だった。三木聖子のまちぶせは忘れ去られた。

まちぶせ

まちぶせ

  • 石川ひとみ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

待ち合わせは、仙台の青葉山公園。三木聖子は、芸能界を引退後、仙台の会社員と結婚、現在3人の娘が居る。

石川ひとみの「まちぶせ」をどう思う?

当時は、メンタルな部分で受け入れることが出来なかった。石川ひとみさんを恨むようなことは一度も無い。三木聖子の「まちぶせ」は曲自体は違うモノだと思っていた。

もともと「まちぶせ」は三木聖子の実体験が歌詞に書かれている

「まちぶせ」は、三木聖子の中学生時代の初恋を元にして、ユーミンが作詞したものだった。その実体験とは、夕暮れの街角〜の当たりの歌詞部分。

現在の三木聖子の職業はスナックのママ

現在、三木聖子はスナックのママをしている。引退後は声の質感が変わったため「まちぶせ」を歌うのを封印していたが、ファンの前で披露した。

1970年代『仮面ライダーV3』として活躍した国民的ヒーロー 宮内洋(67歳)は 真夏に襲った謎の病で生死を彷徨い全身を40針縫う大手術!

【スポンサーリンク】

1973年(昭和48年)に放送された「仮面ライダーV3」主人公風見志郎を演じたのが、宮内洋(当時26歳)だった。平均視聴率20.2%、最高視聴率38.0%で、仮面ライダー歴代No1のヒット作。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーV3

宮内洋が襲われた病名は「閉塞性動脈硬化症」

宮内洋が襲われた病は「閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)」

近年、60歳以上の男性に増加している病。最悪の場合は、足の切断になる。特に危険なのは、

今から10年前の2004年頃、症状は密かに現れ始めた。2004年8月「極度の冷え性に襲われる」真夏でも靴下を何枚も重ねたが足の冷えは収まらなかった。

「突然の冷え性」は典型的な「閉塞性動脈硬化症」の初期症状。

このサインを見逃し、2ヶ月後新たな症状が起こる。激痛を伴う「腰痛」。しかし、宮内はヘルニアだと思い込み病院に行ったそこでは「原因不明」

しかし、原因は「血管」にあり精密検査を受けなければ発見は難しい病だった。

原因不明のまま症状はさらに悪化。足先に激痛が走り出す。その後冷え性が出始めて2年半、突然足の力が抜けて筋肉がなくなったかのような感覚と耐えがたい痛み。その後もたびたび同じ症状があらわれる。ついに歩くことが出来なくなり緊急入院した。

閉塞性動脈硬化症にかかりやすい人

(国際医療福祉大学 三田病院 血管外科  小櫃 由樹生. (おびつ・ゆきお)医師)

「動脈硬化」は動脈の老化によってコレステロール等が蓄積され血管が細くなったり、詰まったりする症状。

宮内洋の場合は、両足の付け根で動脈硬化がおき、両足に血が流れなくなる状態となっていた。肥満や高脂血症などの生活習慣病患者や60代以上の男性に多く発症する。

喫煙がこの病気のもっとも大きな発生因子となる。タバコに含まれるニコチンなどの有害物質が動脈硬化を促進させ血行障害を誘発。

宮内洋は、喫煙歴40年のヘビースモーカー。一日平均3箱は吸っていた。

宮内洋が受けた手術「人工血管バイパス手術」

人工血管バイパス手術とは、動脈硬化によって詰まった血管をポリエステル製等の人工血管で迂回させる治療法。宮内は縦に40針を縫う大手術で、人工血管に置き換え一命を取り留めた。

島田総合病院 外来診療案内 心臓血管外科

リハビリ生活と絶望

手術後自宅でリハビリ生活に入ったが、長年煩っていた足もなかなか動かず、また人工血管に置き換えたものの再び血管が詰まる可能性も捨てきれなかった。

不安と絶望の中で、今でも毎日届いている仮面ライダーへのファンレターは特に自身の気持ちを和らげてくれたという。

その甲斐あって、2011年には劇場版「仮面ライダー」に出演しライダーV3の声を演じた。

毎週刑務所からファンレター? 友近

友近は、大阪でラジオ番組をしていた頃、毎週刑務所のある人からファンレターが届いていた。それから半年が経ちやっと償いをして刑務所を出ることが出来たとファンレターが来て「ちゃんと更生せなあかんで!」と放送で返事をした。

その後1年位してまた、そのおっちゃんからの手紙。「友近ちゃんと約束してんけど、また刑務所入ってもうた…」という手紙だったという。(スタジオ爆笑)

元祖イケメン俳優…仲雅美(63歳)30年ぶりのドラマ出演

現在は、警備員として働いていて足立区にある会社の寮で住み込み生活をする、昭和の元祖イケメン俳優、仲雅美。30年ぶりのドラマ出演オファーが来たという。

映画「同棲時代」で由美かおると共演し大ブレークした。また、ロシア民謡「ポーリュシカポーレ」をカバー曲に持ち60万枚の大ヒットを飛ばした。

そのオファーが来たドラマとは宮部みゆき原作「ペテロの葬列」だった。仲の役どころは、怪しいマルチ商法会社の社長役。メイクを施すとブランクを感じさせないイケメン俳優だった。

月曜ミステリーシアター 『ペテロの葬列』 | TBSテレビ

次回の『爆報!THEフライデー』は…

次週の『爆報!THEフライデー』は、アイドル俳優、山本陽一、町工場で肉体労働。

前回の『爆報!THEフライデー』は…


2014年8月22日(金)放送内容まとめα『爆報!THEフライデー』有森也実・天然酵母飲料ジュース&バレエで健康維持・田舎暮らし、柳生博・黒スズメバチに刺され撮影断念・坂元千桃・レストラン「桃花源」【番組あらすじまとめ】 - yonta64のテレビ番組ブログ