yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

2014年2月4日(火)放送まとめ『VOICE』テレビで紹介「売る為の基礎知識?」中古ダイヤモンド買い取り価格が急騰。高値でブームになっている模様

昨年(2013年)の金買取りブームに続いて今、ダイヤモンド買い取りがブームになっているそうです。国内需要だけでなく中国・インドなどの新興国での需要がピークを迎えていて買取額も思った以上に高値との事、ダイヤ売るなら今?その基礎知識を紹介。

【スポンサーリンク】

 

今、ダイヤモンドの買い取り価格が高騰…過熱するダイヤ買い取り

婚約指輪などで貰ったダイヤモンドを、結局身につける機会もないままタンスに仕舞込む人も多い。

 

そんな中、ダイヤの価格が高騰し、買い取りに訪れる人が急増中。

 

【スポンサーリンク】

 

ゴールドラッシュに湧いた2013年

去年2013年2月に巻き起こったのは、金買取りのブーム。金の価格高騰で多くの人が現金化。ゴールドラッシュに沸いた。

 

 

【スポンサーリンク】

貴金属買取店「ゴールドプラザ」…ダイヤモンド価格が最大2倍に

大阪北区の貴金属買取り店「ゴールドプラザ(※ショップHP)」(大阪府大阪市北区梅田1丁目12−17 梅田スクエアビル16階)では、開店前からすでに順番待ちの行列。

 

今年2014年は金ではなくダイヤモンドの買い取りがピークを迎えている。

 

婚約指輪、母親のネックレスなどタンスの肥やしになるよりも積極的に現金に変え、旅行や習い事などに活用するほうが良いと考え売りに来る人々。

 

ネックレスは、9万2千円に。1.3カラットの婚約指輪は、123万円にもなった。

 

ゴールドプラザの武市年史鑑定士。半年前と比べると平均して1.5倍から2倍位の買取価格となっていると話す。

 

 

東京ビックサイト国際宝飾展 日本のダイヤは4Cが高品質

3千万円、2千万円もする高額なダイヤモンドのアクセサリーなどの宝飾が売りに出されている。

 

それを現金で次々と買い付ける、中国などの富裕層や海外バイヤーなど。会場は大盛況で札束が積み上げられている状況。

 

最近では特にアジアの富裕層にダイアモンドは人気があるという。そのおかげで世界的に価格も高騰し、中古ダイアモンドの価格も上昇している。

 

特に日本のバブル期に購入されたダイアモンドは4C(Color,Carat,Cut,Clarity)色や重さなどの要素が揃っていて買い取りでもとても人気が高い。

 

4Cとは、カラー…色、カラット…重さ、カット…研磨、クラリティ…透明度の意味です。米国宝石学会が判定する世界的基準で、この4Cのランクが鑑定書には記載されます)

 

 

買い取られたダイヤは一体どこへ?国内からインドや中国へ

横浜市内のレストランでジュエリーオークションが開催された。買い取ったダイヤなどの宝飾品をバイヤーが次々と競り落とす。

 

1.4カラットのダイヤが付いた有名ブランドの婚約指輪は、140万円で落札された。

 

こうしたダイヤモンドは、4,5年前の状況とは違う。ここ2,3年は、中国インドの宝石バイヤーがとても多くなっている。

 

インド人宝石商、リテシュムキムさん。現金を1千万円用意してどんどん値がついて行く様子が放送される。

 

【ダイヤモンド買い付けの流れ】

  1. 一般の客が売る(国内)
  2. 宝飾品買取業者が買い取り(国内)
  3. インド人バイヤーが購入(国内)
  4. インド国内にてダイヤをインド向けにカットし直す(インド)
  5. インドの富裕層に販売(インド)

 

インドに富裕層は1200万人いると言われている。一方でインフレにより通貨の価格が下がっていて、インドの富裕層達は金やダイヤモンドのような現物資産を持っておくほうが良いと考えている。

 

日本のダイヤは他の国で買い取るダイヤよりも綺麗で品質が良く、中古ダイアモンドでもインド国内では高く売れる。今後も10年位ダイヤモンドの高騰は続きそうだ。

 

少しでも高くダイヤモンドを売るコツ

ダイヤモンドは、石のレベルにばらつきがあり、金のように重さだけで価値が決まるわけではないので、もしもダイヤモンドを少しでも高く売る場合には、信頼のできる複数の業者に見てもらったほうが良いという。

 

(2014/02/04(火曜日):MBS

【追記】最近ミヤネ屋でも中古ダイヤがブームと放送

このエントリーを書いて1年以上たちましたが、中古ダイヤのブームは2015年現在もまだ続いている模様です。4月にはミヤネ屋にて特集が有りましたのでまとめました。

yonta64.hatenablog.com