yonta64のテレビ番組ブログ

テレビ番組を見ながら興味のある内容を記憶。ガッテン、モヤさま、etc。放送後の反響ツイートなどを紹介しています

【スポンサーリンク】

総合診療医ドクターG

【反響要約】NHK 総合診療医ドクターG 特別編「番組監修の松村理司先生再び解説!最終診断:脾臓摘出による重症肺炎球菌感染」【2017年7月12日(水曜日)放送内容】

2017年7月12日(水曜日)放送のドクターGは、再び番組医療監修の松村理司先生が登場。過去(2016年7月27日)に放送した「突然ショック状態に(植西憲達医師)」の内容を元にドクターGの本当の凄さを素人にわかるように解説する特別版が放送された。

【反響要約】NHK 総合診療医ドクターG▽原発不明がんとは?腫瘍内科 勝俣範之先生が死の絶望から救い出す…【2017年6月14日(水曜日)放送内容「お腹が張って苦しい」】

2017年6月14日放送の「総合診療医ドクターG」は、「お腹が張って苦しい」。五十代の女性、お腹に腹水がたまった。病院に行くと癌に罹った臓器が見つからない「原発不明がん」と診断。ステージⅣ、余命三ヶ月でホスピス(終末医療)を薦められてしまう……。「何…

【反響要約】NHK 総合診療医ドクターG 特別編「番組監修の松村理司先生が総合診療科の役割について語る。さらに糖尿病性ケトアシドーシスについての追加解説も!」【2017年5月31日(水曜日)放送内容】

2017年5月31日放送の「総合診療医ドクターG」は、特別編。初回から8年間全ての番組を監修している松村理司先生がドクターGとして登場し、過去に放送した番組(「上田剛士先生の回”吐き気が止まらない”(糖尿病性ケトアシドーシス)」)を参考に、総合診療の…

【反響要約】NHK 総合診療医ドクターG ▽最終診断は「身体症状症」臓器に異常が無いのに痛みに苦しむ女性の主訴とは?【2017年5月24日(水曜日)放送内容「右胸が痛い」】

2017年5月24日放送された「総合診療医ドクターG」は、「右胸が痛い」。最終診断は「身体症状症(しんたいしょうじょうしょう)」だった――。器質的疾患(臓器などの異常)が無いにもかかわらず胸が痛い症状に悩まされる女性。病院を転々とし、最後にたどり着…

【反響要約】NHK 総合診療医ドクターG「草場鉄周 先生」妊活を始めた夫婦、感染源は意外な人物?最終診断は「B型肝炎」…【2017年5月17日(水曜日)放送内容】

2017年5月17日放送の「総合診療医ドクターG」は「あちこちの関節が痛い」。今回は北海道本輪西の家庭医、草場鉄周先生が登場。新婚で妊活を始めたという夫婦、夫がある日、手首や肘、膝などに関節痛を訴えるようになった……。問診や血液検査からわかった原因…

【反響要約】 NHK 総合診療医ドクターG ▽医師が対峙する最終診断という真剣勝負!病名は「全身性エリテマトーデス(SLE)」【2017-05-10(水曜日)放送内容】

2017年5月10日(水曜日)放送の「総合診療医ドクターG」は、仕事のストレスをきっかけに「全身性エリテマトーデス・SLE(最終診断)」を発症して昏倒し意識がない状態で救急で運ばれた女性について――。その症状は「感染性心内膜炎」にソックリだったが「全身…

反響要約 NHK 総合診療医ドクターG 最終診断結果は「セフェピム脳症」▽ボーっとして反応しない…意識障害の原因を探る【2017年4月19日(水曜日)放送内容】

19日放送のドクターG、最終診断結果は「セフェピム脳症」だった。会議中に突然ボーっとして反応がなくなる意識障害の患者。長年透析をする糖尿病も患っていて数日前から点滴の中に抗生物質「セフェピム」を入れたと言うが…。

反響要約 総合診療医ドクターG 亡霊を見る若い女性に「突然けいれんが」▽最終診断結果は「傍腫瘍性辺縁系脳炎」【2017年4月12日(水曜日)放送内容 NHKドクタージェネラル】

12日放送の「ドクターG」は、亡霊を見る若い女性が取り憑かれたように痙攣を起こす所から始まる。はたして最終診断結果は何なのか?亡霊を見せた病気の正体は?

反響まとめ NHK ドクターG「吐き気が続いている」▽最終診断結果は発見が難しい「膵臓がん」【2017年4月5日(水曜日)放送内容】

2017年4月5日(水曜日)よる22時30分から放送の「ドクターG(ドクタージェネラル)」は、副題「吐き気が続いている」。今回の最終診断結果は「膵臓がん」だった。ドクターGとして登場したのは神戸市立医療センター中央市民病院の金森真紀先生。今回から8年目…

反響要約「NHK 総合診療医ドクターG 三大疾病スペシャル「がん」」▽広島大学病院、呼吸器外科「岡田守人」医師【2017年1月25日(水曜日)放送内容】

2017年1月25日(水曜日)よる22時24分放送の「総合診療医ドクターG」は、三大疾病スペシャルとして「がん」が取り上げられた。現在「がん」「脳卒中」「心臓病」は日本の死因の中でトップ3となっている。特に「がん」は日本人の死因第1位で今や二人に一人が…

反響要約「総合診療医ドクターG 腰が痛くて痛くて」▽最終診断は「パーキンソン病」【2016年10月12日(水)放送内容反響ツイート集】

2016年10月12日(水曜日)夜22時25分から放送された(NHK総合)「総合診療医ドクターG」は、腰痛について。最終的な病名は「パーキンソン病」だった。徐々に悪化したパーキンソン病によって痛みの閾値が低下し軽い腰痛を大きな痛みとして感じていたのが原因。

反響要約「総合診療医ドクターG 頭が痛くてだるい」▽最終診断結果「全身性エリテマトーデス(sle)」【2016年10月5日(水)放送内容反響ツイート】

2016年10月5日(水曜日)よる10時24分頃から放送のNHK総合「総合診療医ドクターG」のテーマは、頭が痛くてだるい。ダンスの練習中倒れ込んだ女子高生。頭痛とだるさを訴えた。最終診断結果は「全身性エリテマトーデス(SLE)」。金城光代先生が5回目の登場。

反響要約「総合診療医ドクターG 最終診断は 大腸ポリープによる多発性肝膿瘍」▽肝膿瘍の原因はまさかの大腸がんからだった?【2016年9月28日(水)放送内容反響ツイート】

2016年9月28日(水曜日)夜10時24分ごろより(NHK総合)にて放送された「総合診療医ドクターG」は、肝膿瘍から発見された大腸がんだった。大腸がんになり、そこから出てきたクレブシエラ(腸内細菌)が門脈を通って肝臓に到達。肝臓に肝膿瘍を作り、意識障害…

反響要約 NHK 総合診療医ドクターG 最終診断「糖尿病性ケトアシドーシス」▽吐き気が止まらない【2016年9月21日(水)放送内容反響ツイート集】

2016年9月21日(水曜日)よる10時24分頃NHK総合にて放送された「総合診療医ドクターG」は、「吐き気が止まらない」。最終診断は、「糖尿病性ケトアシドーシス」だった。コーラの飲み過ぎによりインスリンが出なくなり体にケトン体が溜まる。そのためケトアシ…

※反響「NHK 総合診療医ドクターG 一人の患者も見捨てるな」▽ER林寛之先生【2016年9月7日(水)放送内容Tweet】

2016年9月7日(水曜日)にNHK総合にて22:24頃放送された「総合診療医ドクターG」は、ERの林寛之先生が登場。 限られたベッド数を超える患者たちが運び込まれる救急治療室。その中で患者たちが見せる病気の症状に観察力をフル回転し正しい診断に導いてゆく。

要約「総合診療医ドクターG 足の付根が痛む」▽最終診断「希少部位子宮内膜症」【2016年8月24日(水)放送内容 NHK】

2016/08/24(水曜日)夜10時24分頃から放送された「総合診療医ドクターG」の最終診断は「希少部位子宮内膜症」赤ちゃんを授かりにくい事が悩みの女性、いつも生理が重いが足の付根がだんだん耐え難い痛みになる。最終カンファレンスでは「希少部位子宮内膜症…

要約「総合診療医ドクターG 検査中に突然急変!」▽最終診断「脾臓摘出後の肺炎球菌感染」【2016年7月27日(水)放送内容 NHK】

2016年7月27日(水曜日)午後10時25分から放送された「総合診療医ドクターG」は、検査中に突然急変!の事例。 やってきた女性は脾臓摘出を行っていた。肺炎球菌感染症を確定するまでにドクターGが行った方法とは?

要約「総合診療医ドクターG ひざが痛い」▽最終診断結果は「急性リンパ性白血病」【2016年7月13日(木)放送内容 NHK】

2016/07/13(木曜日)夜10時30分から放送された「総合診療医ドクターG」は、ひざが痛い。最初は軽い「成長痛」と見られていたが、ドクターGの総合診療を受けた結果膝の痛みは、急性リンパ性白血病による痛みと判明、重い結果となった。

要約「総合診療医ドクターG 自殺するかもしれない」▽池田正行 矯正医官。最終判断は「前頭側頭型認知症」【2016年6月8日(水)放送内容 NHK】

2016年6月8日(水曜日)放送された「総合診療医ドクターG」は、自殺するかもしれない。 万引きを犯して留置場に収監中の男性が「前頭側頭型認知症」を煩っており、それが事件の原因でもあったという実話。男性は無罪で拘置所を出たのち治療に専念した。

要約「総合診療医ドクターG ずっとしびれている」▽最終診断は「シガテラ中毒(シガトキシン)」【2016年6月1日(水)放送内容 NHK】

2016年6月1日(水曜日)に放送された「総合診療医ドクターG(ドクタージェネラル)」は、ずっとしびれている。 大きなタイを釣って食べたことで「シガテラ中毒」にかかり失神して階段から落ちてしまった患者さん。その後冷たいものに敏感になる「ドライアイ…

要約「総合診療医ドクターG ジカ熱かもしれない」▽ジカ熱は三人の内一体誰だったのか【2016年5月18日(水)放送内容 NHK総合】

2016年5月18日(水曜日)午後10時30分(約50分)放送された「総合診療医ドクターG(ドクタージェネラル)」は、ジカ熱。 今年の夏はブラジルでオリンピックが開催され世界中から数百万人が訪れる。ブラジルでは今「ジカ熱」が大流行、オリンピックからそれぞ…

要約「総合診療医ドクターG 息が苦しくて動けない」▽最終診断結果「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」【2016年5月11日(水)放送内容 NHK総合】

2016年5月11日(水曜日)午後10時30分から約50分間放送された「総合診療医ドクターG(ドクタージェネラル)」は、息が苦しくて動けない。 当初は、エコノミークラス症候群による肺血栓塞栓症に見えたが、その後「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」だと判…

要約「総合診療医 ドクターG 背中が痛む」▽最終診断結果病名は「微小血管狭心症」【2016年4月27日(水) NHK総合】

2016年4月27日(水)午後22時24分ごろ50分放送の「総合診療医ドクターG(ドクタージェネラル)」は、「背中が痛む」。50歳の主婦、介護生活の中電話中、背中に激しい痛みが襲う。最終的な病名は「微小血管狭心症(びしょうけっかんきょうしんしょう)」だっ…

要約「総合診療医ドクターG まさか腰の骨が」▽最終診断結果「病名は、副腎性クッシング症候群」【2016年4月20日(水) NHK総合】

2016年4月20日(水曜日)放送の「総合診療医ドクターG(ドクタージェネラル)」は、閉経直前の女性が骨粗しょう症になった。主な症状は背骨の圧迫骨折。原因は、左副腎に良性の腫瘍があったことだった。病名は「副腎性クッシング症候群」その詳細が放送された

要約「総合診療医ドクターG 学校に行けない」▽病名は「甲状腺機能亢進症」【2016年4月13日(水)放送 NHK総合】

2016年4月13日(水曜日)22時24分に放送された「総合診療医ドクターG(ドクタージェネラル)」は、学校に行けない…が病気の主訴。今回から「シーズン7」となる。今回は甲状腺機能亢進症や起立性調節障害などによって朝起きられない・脱力などの症状に悩まさ…

総合診療医ドクターG「風邪にしてはだるい」▽最終診断「遺伝性球状赤血球症」【2016年3月3日よる10時放送要約】

2016年3月3日(木曜日)放送の「総合診療医ドクターG」は、「風邪にしてはだるい」。最終診断は「遺伝性球状赤血球症」だった。遺伝性の溶血性貧血を持つ女性がパルボウイルスに感染(孫のリンゴ病)後、強烈な貧血によるだるさに襲われてしまう。

総合診療医ドクターG「おなかがズーンと痛い」放送まとめ▽最終診断は「精巣捻転」【2016年2月25日(木)よる10時放送要約】

2016年2月25日木曜日に放送された「総合診療医ドクターG」は、最終診断は「精巣捻転(せいそうねんてん)」だった。お腹が痛いとやってきた患者さんに精巣捻転との診断はつけにくい。いかにして病気を探ってゆくのか研修医たちとのカンファレンスは続いた。

総合診療医ドクターG「熱が出てだるい」▽順天堂大学、土田拓見先生「感染性大動脈瘤」【2016年2月4日放送要約】

2016年2月14日に放送された「ドクタージェネラル総合診療医」は、熱が出てだるいがテーマ。病に隠された本当の原因を探る。宅配便社員が「感染性大動脈瘤」に。ドクターG(土田拓見先生)と研修医たちがその症状から問診によって病気を探り当てる。

総合診療医ドクターGまとめ「風呂あがりに倒れた」▽鎖骨下動脈盗血症候群とは【2016年1月28日放送まとめ】

要約『総合診療医ドクターG』2016年1月28日に放送された「総合診療医ドクタージェネラル」は、風呂あがりに倒れた。失神した時の状況を映像化して診断するドクターG。「鎖骨下動脈盗血症候群」と確定診断された。その症状と理由とは。

総合診療医ドクターG「腰が痛む」放送要約▽最終診断は頚椎ヘルニア。隠岐島前病院白石先生がカンファレンス【2016年1月21日放送まとめ】

2016年1月21日に放送された、総合診療医ドクターG(ドクタージェネラル)は「腰が痛む」。大動脈解離やぎっくり腰との診断の違いや筋膜リリース注射について隠岐島前病院の院長、白石吉彦先生がカンファレンスした。

総合診療医ドクターG、放送要約「足がつる・摂食障害の診断の難しさ」【2015年12月10日放送内容】

ドクタージェネラルまとめ。2015年12月10日放送の『総合診療医ドクターG』は、足がつる。摂食障害は本人が誰にも相談しないため手遅れになり死亡に繋がることがよくある。心療内科の先生に紹介するまで時間がかかる場合もあるが根気よく患者と向き合うことが…

総合診療医ドクターG「腹が痛い=膿胸」阿藤快さん最後の出演【2015年12月3日(木)放送】

2015年12月3日(木曜日)放送の「総合診療医ドクターG」は、腹が酷く痛む。亡くなった阿藤快さんも出演。最終診断は「膿胸(胸膜炎)」だった。特徴的な症状は、発熱、腹の痛み、息を大きく吸うと痛みがあるなど。原因は歯を磨かない習慣だった。

総合診療医ドクターG 「赤ちゃんが高熱を出した」まとめ。最終診断はエンテロウイルス髄膜炎・口唇ヘルペスなど様々な診断も【2015年11月26日(木)放送】

2015年11月26日(木曜日)放送の「総合診療医ドクターG」は、赤ちゃんの高熱。最終的な診断は「エンテロウイルスによる髄膜炎」だった。赤ちゃんは生後6ヶ月くらいまで母親の免疫で守られていて高熱が出ることがあまりない。新生児の発熱は一刻も早く病院へ…

総合診療医ドクターG 「右の手足が・・・」▽一旦は脳梗塞と診断。しかし痺れは消えないその結果、病名は・・・【2015年11月12日(木)放送】

2015年11月12日(木)放送の「総合診療医ドクターG」は、結節性多発動脈炎。手足の麻痺があり、はじめは脳梗塞と診断したが、症状は消えない。中核病院で精密診断をした所、病名は「結節性多発動脈炎」であることが解った

総合診療医ドクターG、腸チフス。チフス感染経路は飲食店からの集団感染だった。実際の感染経路や患者の症状など【2015年10月29日(木)放送】

2015年10月29日(木曜日)に放送した「総合診療医ドクターG」は、腸チフス。保菌者(無症候性キャリア)が調理をしていた飲食店で8人が集団感染。調理人が手袋なしで食材を触っていたりサラダ等の火が通っていないものには注意が必要

放送要約「総合診療医ドクターG」は、しゃっくり。吃逆から胸部大動脈・横隔膜腫瘍・食道がんなど推理【2015年10月15日(木)放送】

2015年10月15日(木曜日)放送の「総合診療医ドクターG」(シーズン6)は、しゃっくり(吃逆・きつぎゃく)。これが2週間〜1ヶ月以上続く場合は「難治性吃逆」といい病院に行った方が良い。続かない場合は安心してOK。 今回の患者さんの病名は「延髄外側症…